【通夜無しの葬儀が急増中】種類・メリット・流れを一挙紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

近年の葬儀において、通夜無しの葬儀が
急増していることをご存知でしょうか?

通夜無しの葬儀は新しい葬儀形態であり、
これからの葬儀で一般的なものになっていくとも
言われているんですね。

しかし葬儀を経験したことがない人からしたら、
「そもそも通夜無しの葬儀とは?」
「通夜無しの葬儀を行うメリットは?」

などの疑問が出てくることでしょう。

そこで本記事では通夜無しの葬儀が急増した理由や、
種類やメリット、流れについて解説していきます。

本記事を読めば、通夜無しの実態を知ることができ、
自分に最適な葬儀の形を見つけることに
繋がるはずですよ。

通夜無しの葬儀が急増している

通夜無しの葬儀が急増している

改めてお伝えすると近年において、
通夜無しの葬儀が増えてきています。

というのも通夜無し葬儀が増えた理由には
時代の流れによる葬儀形式の多様化が
大きく関係しているのです。

どう言った意味か、
まずは通夜無しの意味を知りつつ、
通夜無しが増えてきている理由を詳しく
見ていきましょう。

通夜無しの葬儀とは?

通夜無しの葬儀とは、その名の通り
「通夜式がない葬儀」ですね。

一般的なお通夜式というのは、
故人とお別れをしたい参列者を募りつつ
僧侶を呼んで読経・お勤めをしてもらう、
葬儀・告別式前日に行われる儀式です。

昔からの風習として葬儀をするなら、お通夜式は
当たり前のように行われてきました。

しかし近年において通夜式をしない
「通夜無し」の葬儀が注目を集めているのは、
時代の流れと共に発生しだした葬儀形態の多様化が
大きな関係性を生み出しているのです。

葬儀形式の多様化が「通夜無し」急増の原因

近年の葬儀は、家族葬を筆頭にさまざまな葬儀が
執り行われるようになってきました。

例えば、後ほど説明する「直葬」や「一日葬」、
「無宗教」など比較的金額を抑えることができる
葬儀の形が生み出されてきました。

生み出された理由は、
世間の経済的負担が主な理由です。

そんな多様化が進む葬儀形態の中で
通夜無しの葬儀が生まれたと言っても過言ではなく、
できるだけ小規模な葬儀を行いたいという
利用者に注目を集めてきました。

現代は経済的な理由で、葬儀を開きたいけど
どうしても立派な葬儀ができなくなってきています。

しかし通夜式をしない葬儀なら
告別式前日の夜を遺族だけで
過ごせるとあって
利用する人が増えてきたのです。

通夜無し葬儀の種類

通夜無し葬儀の種類

そんな通夜無しの葬儀ですが、
主には以下のような葬儀で取り入れられています。

  • 1日葬・・・
    お通夜をせずに、告別式から火葬までを1日で執り行う葬儀。相場は20万〜60万円ほど。
  • 直葬・・・
    通夜・告別式をせずに、故人の納棺後にそのまま火葬する葬儀。相場は10万円〜50万円ほど。
  • 家族葬・・・
    遺族、または故人の知人関係だけを呼んで行う小規模葬儀。相場は30万円〜80万円ほど。※一般的な家族葬ではお通夜式を行うものですが、遺族の意向で通夜無しの葬儀に変更可能です。

主には、上記の種類の葬儀で「通夜無し」の葬儀が
執り行われることが一般的です。

それぞれの葬儀の種類によって流れは異なりますが、
「お通夜式を行わない」という点では同じでして
遺族の思うがままに最後の時間をゆっくりと
過ごすことができます。

お通夜とは、
『灯りを消さずに、ご遺体を見守る儀式』
という意味も込められています。

灯りを灯しつつも遺族が後悔のないように
故人とゆっくりと過ごしていれば、
お通夜式を必ず開かなくてはいけない、という
決まりはなくなってくるんですね。

通夜無しの葬儀を利用するメリット

通夜無しの葬儀を利用するメリット

ではそんな通夜無しの葬儀を利用しようと
思った際には、どのようなメリットが
あるのでしょうか?

まとめると、以下のようなメリットがあります。

  • 葬儀費用を抑えることができる
  • ゆっくりとしたお別れをすることができる
  • 葬儀疲れがしにくくなる

上記の通り。

順番に詳細を見ていきましょう。

葬儀費用を抑えることができる

通夜無しの葬儀なら、
葬儀費用を抑えることが可能です。

なぜならお通夜式にて発生する
お寺への読経料(お布施)を払わなくて
済むからになります。

一般的にお寺に支払うお布施というのは、
全体の読経の回数によって金額が決定するもの。

例えば、一般的な葬儀なのであれば

  • 枕経(亡くなった後、最初に行われる読経)
  • 納棺経(宗教によって行わない場合あり)
  • お通夜での読経
  • 告別式での読経
  • 火葬場での読経
  • 初七日法要での読経

などが執り行われます。

しかし通夜無しの葬儀をするなら、
もちろん通夜の読経も必要なくなるので
通夜分の読経料は支払わなくて済むのです。

また初七日法要もしないということなら、
さらに金額を抑えることができます

ただお寺によっては、通夜無しの葬儀をしたとしても
一般的な相場のお布施代を請求する場合もあるので
注意が必要です。

さらには通夜無し葬儀を受け付けていない
場合もあるので、すでに菩提寺がいるという方は
確認をしておいた方が良いでしょう。

ゆっくりとしたお別れをすることができる

ゆっくりとしたお別れをすることができるのも、
通夜無しの大きなメリットですね。

というのも一般的なお通夜をしようとすると、
準備や対応に追われてしまいゆっくりする
時間というのはなかなか取りづらい場合があります。

実際にお通夜をした経験から言わせてもらうと、
特に喪主に値する人はほとんど休む暇がありません。
しかし通夜無しの葬儀なら喪主への負担も減るので、
故人との最後の夜をゆっくり過ごすことができます。

葬儀疲れがしにくくなる

葬儀疲れがしにくくなる、という点も
大きなメリットですね。

葬儀疲れとは、
葬儀を執り行う喪主に起こりやすい症状で
肉体的負担や精神的負担によって体全体が
疲労感に見舞われてしまうことを意味します。

葬儀の種類や周りからのサポートによって
疲労感の軽減はできるものですが、精神的苦痛は
なかなか癒すことができません。

しかし通夜無しのご葬儀なら、
時間に余裕を持たすことができるので
心や体に負担をかけずに進めることができるのです。

葬儀疲れに関しては以下の記事で
詳しくまとめているので、気になる方は
ぜひチェックしてみてください。

葬儀疲れの原因は5つ【疲れを減らす対策法を葬儀のプロが紹介】

通夜無しの葬儀を利用するデメリット

通夜無しの葬儀を利用するデメリット

ここまで通夜無しのメリットについて
詳しくまとめてきました。
ただメリットがある一方で、通夜無しの葬儀には
デメリットがあるのも事実です。

まとめると、以下のデメリットがあります。

  • 親族からの批判を受けることがある
  • 葬儀に参列できない人が増えてくる

詳しくみていきましょう。

親族からの批判を受けることがある

通夜無しの葬儀は現代において増えつつある
葬儀の新しい形です。

しかしまだ浸透していない地域もあるので
昔からの葬儀を知っている親族からは
批判を受ける場合があります。

実際に私も親に通夜無しの葬儀を提案したことは
ありますが、メリットを理解をしてもらうまでに
かなりの時間を要しました。

日本人は昔ながらの風習を守る方ばかりな一方で、
新しいものに対しては批判的な意見を出しがちです。

ただそんな時には周りから通夜無しをしたい理由を
明確に伝えることが、批判を浴びない
最善の手段と言えるのではないでしょうか。

葬儀に参列できない人が増えてくる

葬儀に参列できない人が増えてくる、という
デメリットもあります。

というのも、葬儀・告別式は無理でも
お通夜式なら参列できた、という参列者は
たくさんいるからです。

一般的な通夜というのは、次の日の葬儀・告別式に
行けない人のために設けられるという
考え方もあります。

しかし通夜無しにしてしまうことで、
本来なら式に参列してお別れができたにも関わらず
できなくなってしまうのです。

ただ通夜無しだったとしても、わざわざ
来てくれた弔問客を無下に追い返す
必要はありません。

通夜無しでもお別れをすることはできるので、
もし故人にお別れをしたい人が火葬式前日に
いるということなら、遺族は快く
受け入れてあげるのがよいでしょう。

通夜無しの葬儀をする場合の流れ

通夜無しの葬儀をする場合の流れ

最後に、通夜無しの葬儀をする場合の
全体の流れについて解説していきます。

葬儀の形によって流れが少し異なるので、
それぞれの葬儀形態ごとに流れを見ていきましょう。

一日葬で通夜無しの葬儀をした場合

まず一日葬の場合は、以下のような流れで
進んでいきます。

  1. お迎えからの安置
  2. 納棺
  3. 告別式
  4. 出棺
  5. 火葬式
  6. お骨上げ

一日葬の特徴は、告別式と火葬式を一日で
終わらせるという特徴を持っています。

全てが1日で終わると思いがちですが
法律によって、亡くなってから24時間は
火葬できないという決まりがあることを
忘れてはいけません。

最短でも亡くなってからの翌日でないと
火葬できないので、一日葬を希望する方は
注意しましょう。

直葬で通夜無しの葬儀をした場合

直葬で通夜無しの葬儀をした場合

次に直葬の通夜無し葬儀の場合では、
以下のような流れで進んでいきます。

  1. お迎えからの安置
  2. 納棺・出棺
  3. 火葬式
  4. お骨上げ

一日葬と比べると、かなり簡略化されているのが
分かると思います。

直葬とは火葬だけを行う式ですが、
同じように24時間は火葬できないという
決まりがあることを忘れてはいけません。

最短でも亡くなってからの翌日でないと
火葬できないので、直葬を希望する方は
注意しましょう。

家族葬で通夜無しの葬儀をした場合

家族葬で通夜無しの葬儀をした場合の
主な流れは以下の通りです。

  1. お迎えからの安置
  2. 納棺
  3. 告別式
  4. 出棺
  5. 火葬式
  6. お骨上げ
  7. 初七日法要

一日葬と流れは似ていますが、
通夜無しの家族葬の場合には初七日法要をする人が
多い傾向にあります。

「通夜がないぶん法要はしっかりしよう」
という考えが出てきて、昔ながらの葬儀を
知っている親族も満足のいく葬儀を執り行うことが
可能です。

また家族葬はさまざまな形に葬儀を手掛けることが
できるので、自分たちらしい葬儀をしたい人は
検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ|通夜無しの葬儀は現代風の新しい葬儀

通夜無しの葬儀は現代風の新しい葬儀

ここまで通夜無しの葬儀が増えた理由や、
主な種類やメリット、流れについて
詳しくまとめてきました。

まだまだ浸透はしていないものの、
通夜無しの葬儀は、まさに現代ならではの
葬儀と言っても過言ではありません。

新しい形の葬儀が増えてきている中でも、
通夜無しの葬儀というのは費用を少しでも抑えたい
ご遺族に最適な葬儀と言えるでしょう。

なのでもし通夜無しの葬儀をしてみたい人は、
どの種類が自分にあっているかを
ぜひ見つけてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!