【通夜の食事メニュー紹介】通夜振る舞いの準備方法やマナーも解説

【通夜の食事メニュー紹介】通夜振る舞いの準備方法やマナーも解説

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

通夜式が終わった後に振る舞われる食事を
通夜振る舞いといいますが、どのような
食事メニューを用意すればいいのか
分からない方はいませんか?

実際に葬儀は経験することが少なく、
通夜振る舞いを用意したことがない人は
どんな食事メニューがあるのか
検討もつきませんよね。

そこで本記事では、
通夜によく出される食事メニューを
紹介していきます。

本記事では通夜の食事の準備の仕方や
通夜振る舞いにおける作法やマナーも
一緒に解説しているので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

通夜の食事(通夜振る舞い)とは?

通夜の食事(通夜振る舞い)とは?

冒頭でも書きましたが、
通夜の食事のことを『通夜振る舞い』と言います。

遺族だけでなくお通夜に参列してくれた
親族や故人の知人関係を呼び、簡単な
お食事やお酒を出してもてなすのが一般的です。

ただ食事を楽しむ場ではない

通夜振る舞いとは食事を楽しむ場と
思っている人もいますが、
正確には異なります。

通夜振る舞いには、

  • 故人の思い出話をして故人を偲ぶ
  • 弔問客へに参列してくれたことの感謝の気持ちを伝える

などの意味合いが込められているのです。

食事だけではなくお酒を飲むことも多いので
ただ単なる宴会になりがちですが、
本来の意味合いを忘れてはいけません。

通夜振る舞いに招待された参列者も、
節度を持った対応が求められてきます。

スポンサーリンク

地域や葬儀の規模によっては通夜振る舞いをしない場合もある

通夜の食事を通夜振る舞いといいますが、
必ず行わなくてはいけないわけではありません。

例えば関東なら一般参列者が参加する
通夜振る舞いが用意されることがほとんどですが、
関西地域では親族と親しい友人だけで開かれます。

さらに沖縄の方になると、通夜振る舞いを
用意することがないんですね。

他にも家族葬や密葬など小規模な葬儀では、
簡単な軽食だけ食べて一夜を過ごすことも
少なくありません。

なので自分たちが住んでいる地域や
葬儀の規模次第で準備するかどうかを
検討してから準備を進めて参りましょう。

通夜の食事(通夜振る舞い)メニュー紹介

通夜の食事(通夜振る舞い)メニュー紹介

ここまで通夜の食事(通夜振る舞い)に関する
詳しい意味合いをまとめてきました。

では実際に通夜振る舞いを用意するとなると、
どのような食事メニューを出されることが
多いのでしょうか?

まとめると以下の通りです。

  • 唐揚げや魚などが入ったオードブル
  • お寿司
  • 天ぷら
  • 煮物
  • おにぎり
  • サンドウィッチ
  • 茶碗蒸し
  • お吸い物

順番に解説していきます。

唐揚げや魚などが入ったオードブル

唐揚げや魚など様々な料理が入った
オードブルは、通夜振る舞いの料理として
定番となっています。

いろんな種類の料理が入っているので、
好き嫌いなく参加者に振舞うことができるのが
特徴的ですね。

オードブルと言っても揚げ物ばかりではなく、
サラダや天ぷら、煮物などが入っていることも
あるので、年齢層問わず選ばれるという点も
魅力の1つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

お寿司

どんな料理を出すかで迷った時に
無難なく出される通夜振る舞いが
お寿司になります。

他の料理と比べても見栄えがよく、
通夜振る舞いに参加した人が最初に
手を伸ばすことが多い料理ですね。

ただ通夜振る舞いには子供が
参加することもあるので、ワサビを入れるか
入れないかだけ注意して準備をしましょう。

天ぷら

天ぷらも好き嫌いが少ない
通夜振る舞いでは定番の料理ですね。

揚げ物のオードブルと一緒に
出されることが多いですが、天ぷら単体で
出されても参加者に喜ばれます。

ただし年齢層が高めの人は、
油っこい料理が食べれない場合があるので
参加者の年齢層を考えながら用意するのが
おすすめです。

スポンサーリンク

煮物

年配の方が多い場合には、
煮物料理を振舞うのが望ましいですね。

小鉢などに添えて出すことで、
メインの食事を引き立たせてくれる
役割も果たします。

おにぎり

気軽に食べれるという点で、おにぎりを
通夜振る舞いで振舞うこともあります。

通夜式が終わった後となると、
中には精神的負担を抱えて味のある
ご飯が喉を通らないということも
少なくありません。

そんな時におにぎりなどの
簡単な料理は重宝されますね。

サンドウィッチ

おにぎりと同様に、手軽に食べれる
サンドウィッチも通夜振る舞いで出される
食事の1つです。

気軽に食べれることもあって、夜を通して
寝ずの番をしなくてはいけない時に
夜食として食べる方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

茶碗蒸し

少し手間はかかってしまいますが、
茶碗蒸しも通夜振る舞いの定番料理です。

日本の和食料理でよく振る舞われるので、
年配の方から喜ばれる傾向にあります。

お吸い物

メイン料理と一緒にお吸い物を出すのも、
通夜振る舞いでは定番です。

寒い冬などの葬儀ではお吸い物は必須でして、
年齢層問わず愛された料理と言えますね。

スポンサーリンク

通夜の食事(通夜振る舞い)の準備方法

通夜の食事(通夜振る舞い)の準備方法

ここまで通夜の食事(通夜振る舞い)で
よく出されるメニューを紹介してきました

ではそんな通夜振る舞いの準備は
どのようにして進めればいいのでしょうか?

準備方法をまとめると、以下の2通りです。

  • 葬儀社と提携している仕出し屋に依頼する
  • 親族や手伝い、世話係が自作する

上記の通り。

順番に見ていきましょう。

葬儀社と提携している仕出し屋に依頼する

近年の葬儀社のほとんどは、提携している
仕出し屋(料理を配達してくれるお店)が
いるものです。

昔と比べて、自宅葬ではなく葬儀社や斎場で
葬儀をすることが当たり前となったので、
仕出し屋に料理をお願いするのが
一般的となりました。

仕出し屋に依頼をすれば、
料理を準備する手間や負担が減るので
遺族にもメリットが大きいですね。

ただ葬儀社によっては、
提携している仕出し屋以外の
持ち込みを禁止している場合もあります。

もし葬儀社が提携している仕出し屋以外で
料理を発注しようと考えている場合は、
葬儀社に確認をとってから
注文をするようにしましょう。

【注意点】料理の数の確認は早めに済ませる

1つ注意点として、もし仕出し屋に
料理を依頼するということなら、
早めに料理の数を確認しておきましょう。

料理を注文する場合、正確な数を
仕出し屋に連絡しなくてはいけません

しかし誰が通夜振る舞いに参加するかの
確認が済んでいない場合は、料理の注文が
できないんですね。

なので通夜振る舞いに参加してもらいたい人が
決まっているなら、早めに確認をとって
正確な料理の注文数を仕出し屋に伝えましょう。

親族や手伝い、世話係が自作する

もし自宅で葬儀を行ったりする場合は、
親族や手伝い、世話係の人が自作で
準備を進めていきましょう。

準備などに決まったマナーはありませんが、
故人を弔う時間を喪主や遺族に優先的に
与えるためにも周りの人たちの
サポートは必須です。

また喪主や遺族の人たちは、手伝ってくれた人たちに
お礼を伝えたり心付けを渡すようにするのが
礼儀でありマナーとなります。

ただ心付けは必須ではなく、可能な範囲で
お礼をすれば問題ありませんので
ご安心ください。

通夜の食事(通夜振る舞い)の作法・マナー

通夜の食事(通夜振る舞い)の作法・マナー

ここまで通夜の食事(通夜振る舞い)の
準備方法を紹介してきました。

最後に通夜振る舞いにおける
作法やマナーを紹介していきます。

まとめると通夜振る舞いは、
以下の10個のマナーに気をつけていれば
問題ありません。

  1. 喪主がお礼の挨拶をしてから食事を取る
  2. 招待されたらできる限り参加する
  3. 節度を守って飲食を済ます
  4. 遺族や親族以外の一般参列者は長い時間滞在しない
  5. 通夜振る舞いを辞退する場合には挨拶をしてから退席する
  6. 準備や片付けは親族や手伝い係、世話役などで引き受ける
  7. 僧侶にも声をかけて同席してもらう
  8. 大声で喋りながら食事を食べない
  9. 遺族に対して失礼にならない話をする
  10. 地域に合わせて参加者の範囲を決める

上記の通り。

通夜振る舞いはあくまで
過去を振り返りつつ故人を偲ぶものです。

ちゃんとマナーを守らなくては、
遺族や参加者に対して失礼になることも
少なくありません。

詳しい通夜振る舞いにおける
マナーや作法に関しては、以下の記事で
詳しくまとめているので、気になる方は
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜が終わった後は食事を取ることを『通夜振る舞い』といいますが、以下のような疑問を抱えている人はいませ[…]

【必見】通夜の食事(通夜振る舞い)の作法・マナーを10個紹介

まとめ

ここまで通夜振る舞いでよく出される
食事メニューを紹介しつつ、準備方法や
作法・マナーを解説してきました。

通夜振る舞いの食事メニュー選びは
非常に大切でして、料理の出来具合で
参加者に喜ばれるかどうかが決まってくると
言っても過言ではありません。

美味しい食事メニューを提供することで、
故人の昔話に花開き、故人を偲ぶことにも
繋がってくるのです。

通夜振る舞いの料理1つとっても
大切な行事となるので、ぜひ参加者が
喜ばれる食事メニューを選んで
後悔のない通夜をお過ごしくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【通夜の食事メニュー紹介】通夜振る舞いの準備方法やマナーも解説
最新情報をチェックしよう!