お通夜は何をする?【意味・流れ・通夜前にすべきことをプロが紹介】

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀を経験したことがない人からすると、
「お通夜はそもそも何をするものなの?」と
疑問を感じている人はいませんか?

なんとなくのイメージはあるものの、
実際には何をしていくのか詳しく説明できない人も
多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、
「お通夜は何をするのか」の疑問に回答しつつ、
お通夜の意味や流れ、マナーについて
葬儀会社に6年間勤めた私がお答えしていきます。

本記事を読むことでお通夜ですべきことが
分かるだけでなく、お通夜に向けた準備の進め方が
分かるはずですよ。

お通夜は何をするのか?【本来の意味】

お通夜は何をするのか?【本来の意味】

そもそおお通夜とは何をするものなのでしょうか?

この疑問に答えていくには、
お通夜の本来の意味を理解する必要があります。

お通夜は故人の冥福を祈るために設けられる

一般的な葬儀であれば、葬儀・告別式前日に
お通夜を開くのが一般的です。
そんな告別式前日は、故人と最後の一夜を過ごす
大切な時間でもあります。

なのでお通夜は故人のご冥福を祈るために
設けられており、遺族だけでなく親族や
故人の知人関係など親交が深い人たちが
集まるのです。

もちろん告別式でもご冥福を祈ることはできますが、
ゆっくりとした時間を取れるのは
葬儀が始まる前の前日。

つまりお通夜が1番ご冥福を祈ることができる
瞬間でもあるのです。

お通夜では灯りを消さずに遺体を見守る

お通夜では灯りを消さずに遺体を見守る

そもそもお通夜というのは、
『灯りを消さずに、ご遺体を見守る儀式』という
意味合いが込められています。

お通夜は「夜を通して行われる」ので、
夜通しロウソクや線香の火を絶やさないように
していかなくてはいけません。

昔からお通夜となると、喪主や遺族が交代で
火の元の確認をしながらお通夜の夜を過ごしたと
されています。

近年のお通夜は変化しつつある

ただ夜通しの火の管理は、告別式に向けて
身体の負担が大きくなってきてしまうという理由で
無理に夜通し火をみておかなくてはいけない
などのマナーはなくなってきました。

さらにLED型のロウソクや1度付けたら8時間は
消えない線香など新しい道具も開発され、
負担を減らすことが可能となってきたのです。

なので遺族がお通夜にすることというのは
故人のご冥福を祈る以外はなくなってきたと
言えるでしょう。

本通夜と仮通夜ですべきことが異なる

ちなみに一般的な通夜を「本通夜」といいますが、
亡くなった当日に親族のみで行う通夜を
「仮通夜」と言います。

「本通夜」は親族だけでなく、弔問したい
一般の参列者も呼ぶため、香典のお返しや
供物の発注などすべきことはたくさんあるのが
特徴的です。

しかし仮通夜の場合は、親族のみで行う通夜でして
特別急ぎで何かすべきことはありません。

ただ地域によっては、仮通夜の当日に
精進料理を用意したり、僧侶を呼んで読経をしてもらう
場合もあります。

仮通夜をしない地域も増えてきているので、
自分が住んでいる地域はどのような風習が多いか
葬儀社や近所の葬儀経験者に確認をしましょう。

お通夜全体の流れ

お通夜全体の流れ

ここまでお通夜ですべきことや、
通夜の本来の意味について解説してきました。
そんなお通夜ですが、実際に葬儀をするとなると
どのような流れで執り行われるのでしょうか?

そこでここでは、お通夜の流れを解説していきます。

お通夜の一般的な流れ

一般的なお通夜をしていこうと思うなら、
主には以下のような流れで進んでいきます。

  1. 故人が式場へ移動
  2. 受付の準備・受付の開始
  3. 僧侶入場・読経
  4. 焼香
  5. 僧侶法話
  6. 喪主の挨拶(または参列者の見送り)
  7. 通夜振る舞いを振舞う

故人が式場へ移動

まずは故人が安置されている控室から
式場へと移動します。

葬儀の形によって控室で通夜をする場合もありますが、
一般的な葬儀なら故人が式場に移動したと同時に
喪主や遺族の方も式場へ移動しましょう。

基本的には、1時間前に故人を移動するのが
一般的です。

受付の準備・受付開始

次に受付の準備を進めていきましょう。

葬儀の受付は遺族の方がすることが多いですが、
規模によっては会社関係の人などに
依頼することもあります。

また受付は、お通夜の30分前〜1時間前に
始まるのが一般的。
受付を依頼する際には通夜の時間を伝えつつ、
喪主は受付のお礼を準備しておきましょう。

僧侶入場・読経

僧侶入場・読経

通夜の開始時間になりましたら、
僧侶が入場して読経を開始します。

読経の時間は約30分〜50分程度なので、
参列する人たちは故人のご冥福を祈りながら
静かに読経を聞きましょう。

焼香

読経が進んでいくと、焼香の時間が設けられます。

焼香の順番ですが、
「喪主→親族→一般参列者」
の順番で焼香に進んでいきましょう。

ただし地域によっては、「止め焼香」などの風習で
順番が異なる場合もあります。
なので喪主は事前に順番がどうなるかを確認してから
焼香に進むと安心です。

僧侶法話

読経が終わると、僧侶によっては法話を始めます。

法話とは仏教の教えに基づいた話を
一般の人向けに分かりやすく説き、
聞かせることを意味します。

ただ宗教によって行わない場合もあったり、
僧侶の時間の都合によってしない場合もあるので
注意しましょう。

喪主の挨拶(または参列者の見送り)

喪主の挨拶(または参列者の見送り)

僧侶が退場をしたら、喪主の挨拶が行われます。

ただ近年は葬儀・告別式でも
挨拶を行うという理由で、通夜で挨拶をする
という人はほとんどいません。

その代わりに参列してきた人に感謝の意を示すため
式場外で見送りをするという場合があります。
喪主は参列者に簡単な挨拶をしていくので、
参列者も挨拶をしてその場を後にしましょう。

通夜振る舞いを振舞う

通夜が無事に終わり、故人が式場から
控室に戻ると通夜振る舞いが振る舞われます。

一般的には遺族や親族だけでいただいていきますが、
地域によっては手伝いをしてくれた人や
故人と親交関係が深かった人も
一緒に参加する場合も。

ただ用意している料理の数も限りがあるので、
事前に通夜振る舞いを食べるかを伝えてから
参加するようにしましょう。

葬儀全体の流れも紹介

葬儀全体の流れも紹介

ちなみにお通夜の流れの把握も大事ですが、
葬儀全体の流れを把握しておくことも大切です。

というのも葬儀とは、
お通夜以外にもすべきことが多く

  • 葬儀・告別式
  • 火葬式
  • 初七日法要

などがあります。

それぞれやるべきことは違い、
流れもお通夜とは大きく異なるんですね

それぞれの違いを理解していくためには
葬儀全体の流れを把握するのが1番ですが、
正直言ってやるべきことが多すぎて
この記事では説明しきれません。

そこで以下の記事にて葬儀全体の流れや
手順について詳しくまとめました。
もし通夜以外の全体的な流れを理解したいと
いう方はぜひチェックしてみてください。

 

参考記事:【葬儀全体の手順やかかる日程は?】死亡〜葬儀後までの流れを解説

 

お通夜前に喪主は何をするべきか?

お通夜前に喪主は何をするべきか?

次にお通夜までにすべきことについて解説していきます。

まずは喪主がお通夜までにすべきことですが
主には以下の通り。

  • 葬儀社との打ち合わせを一通り終わらせる
  • 会社に休暇申請を出しておく
  • 葬儀に来れる親族の人数の把握

葬儀社との打ち合わせを一通り終わらせる

喪主はお通夜が始まる前までには、
葬儀社との打ち合わせをできる限り
終わらせておきましょう。

というのもお通夜が始まってしまうと、
打ち合わせどころではなくなってしまうことが多く、
次の日に急いで準備を進めなくてはいけない
羽目になり慌てることになりかねないからです。

実際に打ち合わせを後回しにしてきた喪主を
何人か見てきましたが、葬儀・告別式当日に
急にバタバタ準備を進めて失敗してしまった、
という結果になってばかりでした。

もちろん葬儀社側も告別式当日に
焦らないような打ち合わせをしていきますが、
喪主の都合によって遅れてしまうことも
しばしば。。。

そうならないためにも、
できるだけ通夜前には全ての打ち合わせを
終わらせておくようにしましょう。

会社に休暇申請を出しておく

会社に休暇申請を出しておく

喪主となる場合、長期の休暇を取ることになるので
会社に休暇申請を早めに出すようにしましょう。

ちなみに身内の訃報に関する休暇のことを
『忌引き休暇』といい、喪主なら約10日間の休暇を
与えられます。

ただ会社によって忌引き休暇制度ではなく
有給休暇で休みを取らされる場合もあるので、
早めに連絡を入れて休暇申請ができるかを
確認しておきましょう。

ちなみに葬儀の休暇に関係してくる
有給休暇と忌引き休暇の違いや申請方法は、
以下の記事で詳しくまとめているので
一緒にチェックしてみてください。

 

参考記事:【注目】葬儀は有給休暇扱いになる?【葬儀の休暇申請方法や注意点】

 

葬儀に来れる親族の人数の把握

喪主は必ず、葬儀に来れる親族の人数の把握を
しておきましょう。

なぜなら葬儀における通夜振る舞いや
次の日に準備しなくてはいけない料理の発注を
急がなくてはいけないからです。

家庭状況によりけりですが、
親族が多い場合には必然と料理の数も
多くなりますよね。

そんな時に来れる親族の把握ができていないと、
料理が用意できない・足りないなどのトラブルが
発生してしまいます。

もちろん通夜の翌日に関する料理は次の日でも
間に合いますが、量によっては前日に準備を進めるので
早めに目安だけでも伝えなくてはいけません。

なので喪主は必ず、親族の数を把握しておきましょう。

お通夜前に参列者は何をするべきか?

お通夜前に参列者は何をするべきか?

次にお通夜前に参列者がすべきこと、について。

まとめると以下の通りです。

  • 喪主にお悔やみの言葉を伝える
  • 受付に香典を持っていく

上記の通り。

ちなみにここで言う参列者は、
遺族や親族、一般参列者のことを示します。
当てはまるという方はぜひ参考に
してみてくださいね。

喪主にお悔やみの言葉を伝える

まずは喪主に対して、お悔やみの言葉を伝えましょう。

喪主は葬儀全体を取り仕切る方であり、
故人と1番関係性が深い方が選ばれます。
葬儀に参列する方としては、1番にお悔やみを
伝えるべき存在なのです。

理想的な挨拶のタイミングとしては、
通夜前で喪主が忙しくしていないタイミングが
良いでしょう。

もし忙しそうにしている時は無理に挨拶をせず
改めて通夜後などに挨拶をするのも
精神的に疲れている喪主にできる最善の配慮ですね。

受付に香典を持っていく

もし香典を持ってきているということなら、
受付に香典を持っていきましょう。

香典はふくさなどに包んだ状態で持っていくのが
葬儀におけるマナーです。

また受付は参列者の香典を預かる
場所でもありますが、誰が葬儀に参列したかを
把握する場所でもあります。

なので香典を渡しつつも、芳名帳に自分の名前や
住所などを記載して、喪主に対して
参列したことを芳名帳越しに伝えていきましょう。

まとめ|お通夜はするべきことがたくさんある

お通夜はするべきことがたくさんある

ここまで「お通夜は何をする?」の疑問に対して
詳しく解説してきました。

お通夜は葬儀・告別式の前日に執り行われますが、
するべきことがたくさんあることが分かったと
思います。

どれだけ葬儀に慣れていたとしても、
実際にお通夜に向けての準備を進めるとなると
思い通りに進まないことも多々あるものです。

ただお通夜にとって大切なのは、
『故人のご冥福をお祈りすること』です。
やるべきことはたくさんですが、
この気持ちだけは忘れないでくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!