【通夜と告別式の違い】流れ・かかる時間の違いや日程の決め方を解説

【通夜と告別式の違い】流れ・かかる時間の違いや日程の決め方を解説

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

初めて葬儀を執り行うことになった人や
葬儀のことを調べようと思った人の中で
以下のような疑問をもたれた方はいませんか?

  • 通夜と告別式の意味の違いとは?
  • 通夜と告別式の流れの違いとは?
  • 通夜と告別式のかかる時間の違いとは?
  • 通夜と告別式のマナーの違いとは?

通夜と告別式という言葉は知っているものの、
それぞれの違いが分からないという人も
多いのではないでしょうか。

もしこれから葬儀に参列する人ならば、
それぞれの違いは明確にしておきたい
ところですよね。

そこで本記事では、
通夜と告別式の違いを明確化していきました。

本記事を読むだけで葬儀と告別式の
違いがはっきりとわかるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

通夜と告別式の意味の違い

通夜と告別式の意味の違い

まずは通夜と告別式の意味の違いについてです。

そもそも葬儀とは、1日目に通夜。
そして2日目に告別式を執り行うのが
一般的となります。

ではそんなお通夜と告別式ですが
それぞれなぜ執り行う必要があるのでしょうか?
意味を順番に見ていきましょう。

通夜を執り行う意味

お通夜とはその名の通り、夜を通して
故人を見守ることを意味しており、
遺族や親族だけでなく故人と親交関係が
深かった人と最後の夜を過ごす儀式です。

一昔前まではローソクや線香を消すと

  • 悪霊などに取り憑かれる
  • 魂が現世で彷徨ってしまう

と言われてきたこともあって、
夜を通して寝ずの番をして火の元を見る
ということもありました。

しかし近年は火の元が危なかったり、
次の日の告別式において肉体的負担が
残ってしまうという理由で、早めに
通夜を終わらす『半通夜』が増えてきたのです。

半通夜が当たり前になってきた

通夜の場合は夜を通して故人を
見守るということで、1日がかりで
故人を見守り続けなくてはいけません。

しかし半通夜の場合は、
開式から閉式までの時間で2〜3時間程度で
終わらせることができます。

そこから地域によっては、
『通夜振る舞い』を親族や参列者に
振る舞ったりして参列してくれたことに
喪主が感謝の意を示していくのです。

ただお通夜とはそもそも、故人と親しい人が
最後の時間をゆっくり過ごすという意味合いも
あるので、泊まらない場合にはその場を
早めに離れるようにしましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜後が無事に終わったけど、その後葬儀場に泊まるべきか悩んでいる人はいませんか?普段生活していて葬儀場に泊まることはなかなかありませ[…]

通夜後の葬儀場には泊まるべき【宿泊する人がすべきことや注意点】

告別式を執り行う意味

告別式は遺族や親族だけでなく
故人と親交関係が深かった人と
最後のお別れをする儀式です。

似た言葉で「葬儀式」とも言われがちですが、
正確には意味合いが異なります。
「葬儀式」の本来の意味は、家族や親族などで
ご冥福を祈る儀式です。

しかし近年は2つを合わせて
葬儀・告別式というようになってきたり、
両方の意味合いを合わせた儀式のことを
告別式とも言うようになってきました。

通夜とは違ってお別れの儀式もあるので、
お棺の周りに集まって参列者みんなで
お別れをするのも告別式ならではの
進め方になりますね。

葬儀を執り行う理由に関しては
以下の記事でもくわしくまとめているので、
気になる方はチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。よく葬儀となると「執り行う」という言葉を耳にしますが、そもそもどのような意味があるのかご存知でしょうか[…]

【葬儀を執り行う6つの理由】基礎知識や流れを葬儀のプロが紹介

通夜と告別式の流れの違い

通夜と告別式の流れの違い

ここまで通夜と告別式の意味の違いを
紹介してきました。

ではそんな通夜や告別式は、
どのような流れで進めていくのでしょうか?

そこでここでは、通夜と告別式の
基本的な流れを紹介してきます。

通夜の流れ

通夜の流れですが、一般的な葬儀の場合は
以下のような流れで進んでいきます。

  1. 故人が式場へ移動
  2. 受付の準備・受付の開始
  3. 僧侶入場・読経
  4. 焼香
  5. 僧侶法話
  6. 喪主の挨拶(または参列者の見送り)
  7. 通夜振る舞いを振舞う

それぞれの宗派によって流れが
前後する場合もありますが、基本的には
上記のような流れで進んでいきます。

それぞれどれぐらいの時間がかかるかは
後ほど記述していきますが、
全体でお通夜は約2時間の時間がかかってきます。

通夜の流れに関しての詳細は
以下の記事で詳しくまとめているので、
何をすべきか分からないという方は
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を経験したことがない人からすると、「お通夜はそもそも何をするものなの?」と疑問を感じている人はいませんか?なんとなくのイメージはある[…]

告別式の流れ

次に告別式の流れですが、
主には以下のような流れで進んでいきます。

  1. 故人が式場へ移動
  2. 受付の準備・受付の開始
  3. 僧侶入場・読経
  4. 焼香
  5. 読経終了
  6. 弔辞・弔電拝読(読経中に読むこともある)
  7. 喪主の挨拶
  8. お別れの儀
  9. 出棺

基本的には通夜の流れと似ていますが、
最後にお別れの儀と出棺があるという点で
違いがあります。

お別れの儀とは、
故人に最後のお別れの言葉を伝えたり
お棺にお花を入れたりする儀式です。

時間が許す限りは故人とのお別れを
偲んでも問題はないので、遺族や親族は
最後にゆっくりと故人の弔いをすることが
できます。

そしてお別れが済んだら、最後に
参列者に見送られながらの出棺となり、
告別式が終了となるのです。

通夜と告別式の時間の違い

通夜と告別式の時間の違い

ここまで通夜と告別式の流れの違いを
紹介してきました。

ではそれぞれ通夜と告別式は、
どれぐらいの時間がかかってくるのでしょうか?

それぞれ詳しいタイムスケジュールを
まとめたので、詳しく見ていきましょう。

通夜にかかってくる時間スケジュール

通夜にかかってくる時間のスケジュール表を
以下にまとめました。

一般的な通夜は夕方〜夜に行われるもので、
特に18時〜19時で執り行われることが多いのが
特徴の1つです。

今回はそんな18時開式を意識した
スケジュール 表をまとめてみました。

時間項目
17:00〜17:30式場に棺を安置
遺族や親族が式場に入場
17:30受付開始
17:45葬儀担当者と通夜における進行チェック
18:00僧侶入場 & 通夜式開始
18:05読経
18:15焼香
18:30読経終了(僧侶の法話)
18:40喪主お見送り
18:50棺を部屋に再び安置
19:00通夜食(通夜振る舞い)
(かかった時間)約2時間

スケジュール表を見たらわかるように、
通夜にかかってくる時間は約2時間です。

宗教や宗派、地域の風習によって
多少時間が前後する場合もありますが、
基本的には上記の通りに進んでいきます。

受付などは30分前から空いていることが
多いので、もし参列する場合には
遅刻をしないように注意をしましょう。

告別式にかかってくる時間スケジュール

次に告別式にかかってくる時間の
スケジュール表を以下にまとめました。

一般的な告別式は9時〜14時の間で開かれ、
特に10時開式の場合が多いです。

なので今回は10時を開式時間と設定して、
スケジュール表をまとめました。

時間項目
9:00〜9:20式場に棺を安置
遺族や親族が式場に入場
9:00〜9:30受付開始
9:40葬儀担当者と告別式における
最終進行チェック
9:45喪主が僧侶に挨拶
(お布施を渡す場合もある)
10:00僧侶入場 & 告別式開始
10:05読経
10:20焼香
10:30〜10:40読経終了
10:40弔辞・弔電拝読
(読経中に読まれることもある)
10:45喪主挨拶
10:50お別れの儀
11:00出棺
(かかった時間)約2時間

地域や宗派によって多少の時間の誤差や
進め方に違いはありますが、
基本的には上記の通りに進んでいきます。

告別式にかかってくる時間も約2時間で、
通夜との時間の差はほとんどありませんね。

ただし告別式は遺族の悲しみが深い場合などは、
なかなか予定通りに式が進まないというケースも
少なくないので注意が必要です。

実際には葬儀スタッフが段取りをしてくれますが、
火葬場に遅れたりするとトラブルの元なので、
時間通りに式を進めることを意識しましょう。

通夜と告別式の日程の決め方

通夜と告別式の日程の決め方

ここまで通夜と告別式の時間の違いについて
まとめてきました。

ではそんな通夜と告別式の時間ですが、
どのようにして決めていくのでしょうか?

結論を言うと、通夜の場合は以下の手順で
通夜の時間や日程を決めていきます。

【通夜の日程の決め方】

  1. 遺族が通夜に来れそうな日程や時間帯を考える
  2. 遺族の会社関係や友達が来れそうな時間帯を考える
  3. 希望する通夜時間をお寺に伝えてOKの確認を取る
  4. 通夜の日程や時間帯を決定する

そして告別式の日程の決め方ですが、
通夜と似ている部分があるものの
若干違いがあります。

【告別式のスケジュールの決め方】

  1. 葬儀社に火葬場の空き状況を確認してもらう
  2. 火葬場の空き状況から日程や時間帯を検討する
  3. 遺族に負担をかけさせない時間帯を検討する
  4. 希望する日程や時間をお寺に伝えてOKの確認を取る
  5. 告別式の日程や時間を決定する

上記の通り。

基本的に葬儀というのは、遺族の思い通りに
決まらないケースがほとんどです。
実際には僧侶や火葬場、遺族の都合によって
日程や時間が左右されてしまいます。

なので通夜や告別式の日程を決めるとなったら、
十分注意をして決めていかなくてはいけません。

詳しい日程の決め方は以下の記事で
詳しくまとめているので、気になる方は
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

葬儀のスケジュール(日程)を決める際に、以下のような疑問を感じている人はいませんか? 葬儀スケジュールの決め方って何か決まりがあるの? 葬儀が執り行われる時間とかはどうやって決めるの?葬儀をしたこ[…]

葬儀スケジュール(日程)の決め方を紹介【通夜・告別式・初七日も】

まとめ

ここまで通夜と告別式の違いを項目別で
詳しくまとめていきました。

通夜と告別式は意味合いが異なるものの、
亡くなった故人を弔う儀式であることに
変わりはありません。

また葬儀において何より大切なのは、
葬儀式に参列しつつ弔意を示すことです。

お通夜や告別式に参列をする際には
遅刻をしないようにするなどして、
遺族に対して失礼のない参列を心がけましょう。

それでは以上です。
ありがとうございました。

【通夜と告別式の違い】流れ・かかる時間の違いや日程の決め方を解説
最新情報をチェックしよう!