【通夜の欠席をする人必見】欠席時のマナーや連絡方法を紹介

【通夜の欠席をする人必見】欠席時のマナーや連絡方法を紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

お通夜が執り行われることを聞いたけど、
欠席せざるを得なくなったという方は
いませんか?

お通夜を欠席をするのはいいのか、
マナーとしては大丈夫なのか、
どのように連絡をすればいいのか
経験が少ない分分からないところですよね。

そこで本記事では、お通夜を欠席する人が
知っておくべきマナーについて解説しつつ、
電話や手紙、メールで欠席を伝える方法について
解説していきます。

本記事を読めば、失礼のないお通夜の欠席連絡が
できるだけでなく、欠席したにもかかわらず
ちゃんと弔意を遺族に示していくことが
できるようになるはずですよ。

通夜の欠席におけるマナー

通夜の欠席におけるマナー

先にお伝えすると
通夜の欠席をすることは特にマナーとして
悪いことではありません。

葬儀のマナーという部分を見ても
失礼には値しないので、どうしても外せれない
用事があるということなら欠席を検討しましょう。

ただどうしても気にするということでしたら
葬儀・告別式に参加するようにすれば
大丈夫です。

告別式に参列するなら通夜の欠席をしても問題ない

一般的な葬儀というのは、主に2日間に分けて
開かれるので両方参加しなくてはいけないと
感じてしまいがちですよね。

しかし葬儀とは『故人を弔う儀式』であり、
通夜でも告別式でも考え方は変わりません。

なので通夜に欠席したとしても、告別式で
弔いをすれば問題はないのです。

さらに告別式なら、出棺前に顔を見て
お別れをすることがほとんどなので
最後の別れを直接顔を見ながら
行うことができます。

むしろ告別式の方がしっかりとした別れが
可能となっているので、もし通夜を欠席しても
告別式に参加すれば後悔のない葬儀を
終えることに繋がってくるんですね。

どうしても欠席するなら早めに遺族に伝える

ただしもし通夜も欠席し
告別式も欠席をするということなら、
早めに遺族に伝えることをおすすめします。

というのも、遺族は通夜にきてくれる人に
通夜振る舞いを用意していたり、香典に合わせた
返礼品を用意していたりするからです。

一般的な葬儀で、喪主や遺族は
料理の注文や香典の返礼品の用意を
準備していきます。

しかし欠席の連絡が遅くなると、
せっかく準備していただいたものが無駄になって
ただでさえ精神的に疲れている喪主や遺族を
金銭的に苦しめてしまう結果になりかねません。

なのでお通夜だけでなく告別式も欠席を
予定している人は、できるだけ早く連絡をして
負担を減らすようにしましょう。

通夜の欠席を伝える方法

通夜の欠席を伝える方法

では通夜の欠席を伝えるとなった場合には、
どのような手段があるのでしょうか?

結論を言うと、方法は以下の3つです。

  • 電話で伝える
  • メールで伝える
  • 手紙で伝える

主には上記の3つの方法で伝えることが
可能です。

ただし電話が一番早く欠席の連絡をすることが
できるので、欠席予定者はまずは電話で
連絡をしていくことをおすすめします。

電話で伝える

もし欠席の連絡を電話でするなら、
端的に欠席する理由を伝えましょう。

通夜前というのは、喪主や遺族が
葬儀に向けて準備を進めている場合が多く
準備で追われている状況です。

そんな状態で長話をされてしまうと、
かえって迷惑になりかねません。

なので「仕事で行けない」
「体調不良で行けない」「諸事情で行けない」

などの欠席理由を伝えて連絡を終えましょう。

また電話の時に、お悔やみの言葉を忘れずに
伝えると、より丁寧な連絡と言えますね。

メールで伝える

メールで伝える

メールでは、お悔やみの言葉と
欠席の理由を端的に書いていきましょう。
電話の時と同じで、余計な理由は書かずに
端的に欠席理由を書けば問題ありません。

またメールは形に残るので、
送る際には忌み言葉などが入っていないか
必ずチェックしてから送信を
するようにしましょう。

ちなみに近年ではLINEなどの
簡単にメールを送れるサービスがありますが
メッセージが軽く見えてしまうので
避けておくのが得策です。

手紙で伝える

もし手紙で欠席の連絡をすると言うことなら、
まずは欠席してしまったことへの詫びの文章を
書いていきましょう。

手紙は弔電などと違い自分の言葉で書けるので、
自分らしい言葉で書いても問題ありません。

お詫びの文章は端的で問題なく、
「出席できず申し訳ありませんでした」
などの言葉を添えます。

そして丁寧にお詫びの言葉が書けたら、
改めてお悔やみの文章を書いていきましょう。
ただラフすぎる言葉や忌み言葉などを
使っていないかだけ注意が必要です。

通夜も告別式も欠席する人ができる弔意の示し方

通夜も告別式も欠席する人ができる弔意の示し方

ここまで通夜を欠席する際の
欠席連絡方法についてまとめていきました。

電話でも手紙でもメールをするだけで、
お悔やみの言葉を告げることができるので
弔意を示すことにも繋がっていくでしょう。

しかしどうしても直接葬儀に
行くわけではないのでちゃんとした形で
弔意を示せることはできません。

そこで以下の方法を駆使することを
おすすめしていきます。

  • お香典を送る
  • 供物や供花を送る
  • 弔電を送る

上記の方法を駆使すれば、
通夜や告別式を欠席したとしても
失礼にはなりません。

むしろ丁寧な弔意の示し方となってくるので、
送られた遺族は感謝の気持ちを
覚えてくれるでしょう。

詳しくは以下の記事にて詳しくまとめているので、
欠席はしたけど弔意を示したいという人は
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。自分にとって大切な人が亡くなり葬儀(葬式)に行きたいと思っていたけど、大切な用事があって行けないという人はいませんか?本当は葬儀に参[…]

まとめ|通夜を欠席しても告別式には参列しよう

通夜を欠席しても告別式には参列しよう

ここまで通夜の欠席をする際のマナーや
欠席の連絡方法、弔意の示し方について
くわしくまとめていきました。

通夜に欠席する方の中で、もし次の日は
予定が空いているということでしたら
告別式には参列することをおすすめします。

葬儀は終わってしまうと
故人とはもう2度と会えないので、
どんな行事よりも最優先で出席すべきです。

お通夜に限らず葬儀を欠席するかしないかは
自由に決めれますが、もし少しでも時間が
あるということなら、ぜひ出席を
検討してみてください。

それでは以上です。
ありがとうございました。

以下の記事では葬儀自体を欠席する際の
マナーや伝え方についてもまとめているので
ぜひ一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀が執り行われることを聞いたけど、どうしても外せれない用事があり欠席を余儀なくされてしまった方はいませんか?葬儀を欠席をしてしまうこと[…]

葬儀を欠席する際のマナー【電話・手紙・メールでの伝え方を紹介】
【通夜の欠席をする人必見】欠席時のマナーや連絡方法を紹介
最新情報をチェックしよう!