【30代独身男女向け】終活の始め方・メリット・注意点を紹介

【30代独身男女向け】終活の始め方・メリット・注意点を紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる
「あなたの葬儀」代表の堺です。

30代独身の方の中で、どうやって終活を
始めていったらいいのか、そもそも
30代独身で終活を始めるメリットはあるのか
分からないという方はいませんか?

終活のことを意識はしているけども、
まだまだ若いし独身だから終活は必要ないと
考えている人も多いのではないでしょうか。

ただ近年、独身だからという理由は関係なく、
終活をし始める30代の方が増えつつあるのです。

本記事ではそんな30代の終活事情について
まとめつつ、30代独身男女の終活の始め方や
始めるメリット、注意点について
詳しくまとめていきます。

【本記事を見て分かること

  • 30代の終活事情
  • 終活の始め方【30代独身男女向け】
  • 30代独身男女が終活を始めるメリット
  • 30代独身男女が終活を始める際の注意点

本記事を読むだけで、30代独身男女が
終活をするべき理由がわかり、読み終わる頃には
終活をスムーズに進めることができますよ。

スポンサーリンク

30代の終活事情

30代の終活事情

終活とは自分の死と向き合い、死に向けた
準備をしていくイメージですが、
自分らしい人生を歩んでいくための活動を
意味する言葉です。

終活と聞くと50代〜60代の人が始める
イメージがありますが、近年は30代だけでなく
20代・40代という比較的若い年齢層の人が終活に
興味を持っているという事実があります。

実際に私が調べた調査によると、
月間200人もの30代の方が終活に興味を
持っていることがわかりました。
(以下の記事にて詳細を記載)

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。近年終活をする人は増えつつありますが、その中でも30代で終活をする人が増えつつあることをご[…]

【終活を30代から考える人は多い】始める理由ややり方をプロが紹介

30代と聞くと、まだまだ働き盛りで
人生もこれからという年代ですよね。

しかし日本の高齢化社会や、人生何があるか
分からないという考えを持つ人が増えてきた
ことによって、30代という若さで終活に
興味を持つ人が増えたように感じます。

終活をする年齢に決まりはありませんので、
興味を持った際に終活を始めていくのが
理想的なタイミングと言えるでしょう。

終活の始め方【30代独身男女向け】

終活の始め方【30代独身男女向け】

ここまで30代の終活事情について
詳しくまとめていきました。

ではそんな30代の方の中でも、
特に独身男女が終活を始めるとなると
何をしていけばいいのでしょうか?

そこでここでは30代独身の方向けに、
終活の始め方を詳しくまとめていきます。

スポンサーリンク

エンディングノートを作る

30代独身の方が終活を始めるなら、
まずはエンディングノートを作りましょう。

エンディングノートとは、個人情報や
自分の人間関係を記すことができるだけでなく
家族や大切な人に伝えたい言葉を記すことができる
手紙みたいな役割があります。

主に書く内容は以下の通り。

  • 自分の個人情報(生年月日、住所、電話番号など)
  • 資産情報(貯金、証券、不動産、負債など資産全て)
  • 家族・親族の情報(家族・親族との関係性、冠婚葬祭の記録)
  • 友人・知人関係(いざという時に誰に連絡してほしいのかを記載)
  • 葬儀関係(どのような葬儀にしたいのかを記載)
  • 遺品の整理方法(残してほしいか処分するかを記載)
  • 家族や知人関係に伝えたい言葉(感謝や謝罪の言葉)

上記の通り。

エンディングノートは市販で販売されており、
質問に答えていくだけで誰でも
作成することが可能です。

また30代独身の方はこれから
結婚をする可能性も十分にありますが、
もし結婚をした際には新たに書き直しを
するようにしましょう。

結婚をする前とした後では
これからの人生観や価値観が違いますので、
結婚後にどういう人生を歩んでいきたいか
記していくのがポイントになりますね。

以下の記事では、30代から始める
エンディングノートの書き方を
くわしくまとめておりますので、
一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。近年『終活』という言葉が流行した影響か、エンディングノートを書く若い人たちが増えてきました[…]

【30代から始めるエンディングノート】遺書との違いや書き方を紹介

断捨離をする

30代独身男女が終活をする際には、
家の中の物を断捨離をしていくことが大切です。

要らなくなった物を断捨離をしていくことで
家の中が綺麗になっていくだけでなく、
心に余裕ができ、これからの人生について
新たに考え直すようになっていきます。

例えば30代ともなると趣味として
集めたものが家の中にあふれていることも
ありますが、先のことを考え、本当に
必要かどうかで断捨離をするのがコツです。

さらに人間関係の断捨離もしていけば、
自分にとって大切だと思える人物が
誰なのかが見えてくるので、
正しい交友関係を作っていくこともできます。

普段の生活をしていると
なかなか断捨離はできないので、
終活という活動を利用して物や人間関係を
整理していきましょう。

資産設計を見直す

30代独身の方はまだまだ人生が長いと
考えがちですが、将来的に必要なお金が
どれぐらいになるのか、資産設計を
見直すことが必要となってきます。

将来のお金について考えていくことで、
自分の所得を増やすために努力をしたり
対策を練ったりしていくことに繋がるので、
将来の見通しを立てることが可能です。

資産設計を見直す時にすべきことは、
主に以下の通り。

  • 給料が将来的にいくらもらえるか把握する
  • 預貯金や借金・ローンなどを把握する
  • 消費・浪費・投資金額を把握する
  • 老後に必要なお金を把握する
  • 生活水準の見直しをする

上記の通り。

人によって資産の使い方はさまざまでして、
正しいお金の使い方をしなくては
将来的に金銭的に辛い思いをしてしまう
ということも少なくありません。

特に無駄使いをしてしまう方は
30代独身の方で特に多いので、
貯金などをしっかりとしておくことが
ポイントです。

30代という若い年齢層の時に、お金のことを
しっかりと考えておくことで、後悔のない
人生を歩んでいくことに繋がっていきますよ。

スポンサーリンク

30代独身男女が終活を始めるメリット

30代独身男女が終活を始めるメリット

ここまで30代独身男女がやるべき
終活の始め方についてまとめていきました。

ではそんな30代独身男女が終活を
始めるメリットとは、いったい何が
あるのでしょうか?

まとめると、以下のようなメリットがあります。

  • 老後に向き合うことができる
  • 1人で亡くなることへの不安がなくなる

順番に解説していきます。

老後に向き合うことができる

30代はまだまだ若いですが、年をとれば
老後のことを考える時期が必ずやってきます。

30代独身にもなってくると時間の経過が
早く感じることもありますので、
いざ老後のことを考える年代になると
慌てる可能性も少なくありません。

しかしちゃんと終活を事前に進めていれば、
冷静に対応していくことができるでしょう。

30代独身の方の中には将来を不安視する人も
少なくありませんが、自分自身がどんな人生を
歩んでいきたいかを見つめ直すことに
終活は用いられます。

将来的にどのような人生を歩みたいのか、
どのような老後を過ごしたいのか、
自分の中でしっかりと考えていきましょう。

スポンサーリンク

1人で亡くなることへの不安がなくなる

30代独身の方の中には、将来のことを考え
不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

  • 「このままずっと1人だと、誰が自分のことを看取ってくれるのか」
  • 「葬儀や埋葬で周りに迷惑をかけてしまうのではないか」
  • 「自分の資産は誰の手に渡せばいいのか」

上記は独身の方ならではの悩みですが、
終活をすることで悩みを払拭することが可能です。

例えば遺族や身内の家族に自分の遺産を
葬儀費用として使ってほしいと話しておけば、
金銭的負担を周りにかけずにすみます。

また遺言書を残しておくだけでも、
1人で亡くなった場合に周りの親しい人物に
資産を残すこともできるのが
大きなメリットと言えるでしょう。

30代独身男女が終活を始める際の注意点

30代独身男女が終活を始める際の注意点

ここまで30代独身の方が終活を始める
メリットについてまとめていきました。

ただ30代独身男女が終活を始める際には、
以下の点に注意しなくてはいけません。

  • 前向きに終活を進める
  • 突然死があることも想定して終活を進める

上記の通り。

順番に注意点を解説していきます。

前向きに終活を進める

終活という言葉は、どうしても
ネガティブな用語に聞こえてしまいますが、
決して後ろ向きな考え方を持っては
いけません。

先述したように、終活は老後に備えた
準備でもあり、終活を進めていくことで
これからの長い人生を後悔のないものに
していくことができるのです。

終活は自分の死について考える
活動でもありますが、

  • 自分にとって大切な価値観はなんなのか
  • これからの人生で必要な物はなにか
  • 大切な存在となる人物は誰か

などを把握することができます。

前向きに終活を進めていくことで、
普段なかなか考えることがない人生について
深く考えるようになるのではないでしょうか。

突然死があることも想定して終活を進める

人生は本当になにがあるか
分からないものでして、いくら元気な人でも
病気や事故で突然死をしてしまうことも
十分に考えられます。

特に1人で暮らしているという人は、
突然病気が発症してしまった場合、
誰も助けにきてくれないという
リスクがあるのです。

なので終活を進めていく30代独身の方の中で
突然死が怖いということなら、病院で
定期検診を受けにいったり、人との付き合いを
増やしていくなどの活動をしていきましょう。

そうすることでリスクを減らすことに繋がり、
さらには死ぬまでに世話をしてくれる家族や友人、
そして大切な存在となる人を見つける
きっかけに繋がっていきますよ。

まとめ|30代独身でも終活はするべき

30代独身の方でも終活はするべき

ここまで30代独身の方の終活の始め方や、
始めるメリット、注意点について
くわしくまとめていきました。

30代での終活はまだ早いと考えがちですが、
終活というのは自分の今後をあらためて
見つめ直すためのきっかけでしか
ありません。

なので30代独身の方でも、
終活はぜひすることをおすすめします。

終活を始めるべきタイミングというのは
「興味を持った時」が1番ベストなので、
この機会にぜひ終活を初めてみては
いかがでしょうか。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。近年、終活という言葉が流行りつつありますが、終活をいつから始めるべきか迷われているという方[…]

終活はいつから始めるべき?【理想的なタイミングと始め方を紹介】

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【30代独身男女向け】終活の始め方・メリット・注意点を紹介
最新情報をチェックしよう!