【葬儀費用は香典で補うことが可能】葬儀代の負担を減らす方法を紹介

【葬儀費用は香典で補うことが可能】葬儀代の負担を減らす方法を紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀費用の支払いをしようとしている人の中で、
「香典で葬儀費用の負担を補ってもいいの?」と
疑問に思われている方はいませんか?

葬儀費用によるお金の負担を少しでも
受け取った香典のお金で補いたいものの、
そもそも香典で葬儀費用を補っていいのか
分からないところですよね。

ただ結論を申し上げますと、
葬儀費用は香典で補うことが可能です。

本記事では、そんな葬儀費用は香典で
補うことが可能な理由を詳しくまとめつつ、
香典で補う際の収入相場や注意点について
詳しくまとめています。

【本記事を見て分かること】

  • 葬儀費用は香典で補うことが可能
  • 香典から葬儀費用を補う際の金額相場
  • 葬儀費用を香典で補う場合の注意点

本記事を読むだけで、香典を受け取った後の
正しいお金の使い方が分かるだけでなく、
葬儀費用による経済的負担を減らす方法を
理解することができますよ。

葬儀費用は香典で補うことが可能

葬儀費用は香典で補うことが可能

冒頭やタイトルにもまとめましたが、
葬儀費用は香典で補うことができます。

なぜなら葬儀に参列した人が香典を
渡すことの意味は、遺族の葬儀費用による
経済的負担を少しでも減らしてほしい、という
意味合いが込められているからなんですね。

香典を渡すことの本来の意味合いは、
亡くなった方の霊前にお供えする
金品を意味しており、最終的に
喪主に渡されるものとなります。

ただ葬儀に参列する会葬者は、
他にも以下のような意味合いを込めて
渡しているのです。

  • 「葬儀にかかってくる費用における経済的負担を少しでも軽くしてほしい」
  • 「葬儀中にいただいた料理にかかった費用の足しにしてほしい」
  • 「会葬返礼品のお礼として受け取ってほしい」

上記の通り。

もちろん人によって
香典を渡すことの意味合いは異なりますが、
香典はあくまで参列してくれた方の
弔意の気持ちがこもっているもの。

なので葬儀でいただいた香典は
ありがたく葬儀費用の補填として
使用した方が、失礼のない
お金の使い方となってくるのです。

香典から葬儀費用を補う際の金額相場

香典から葬儀費用を補う際の金額相場

ここまで、葬儀費用は香典で補うことが
可能な理由についてまとめていきました。

ではそんな香典から葬儀費用を補うとなった場合、
どれぐらいの金額を補うことが
できるのでしょうか?

ここでは葬儀の際に受け取ることができる香典で、
どれぐらいの葬儀費用を補うことができるか
解説していきます。

葬儀を執り行う際に受け取れる香典の金額相場

葬儀となると会葬者が香典を
喪主に渡すというのが流れとなりますが、
喪主と会葬者がどのような関係性かによって
受け取る香典の金額相場が異なります。

例えば葬儀が執り行われると仮定すると、
受け取れる香典の金額相場は
以下の通りとなります。

喪主との関係性香典金額相場
親戚(血縁が深い)50,000円〜100,000円
親戚(血縁が浅い)30,000円〜100,000円
息子・娘30,000円〜100,000円(渡さない場合もある)
友人・知人関係3,000円〜10,000円
会社の上司・同僚・部下3,000円〜10,000円
近所の人・自治会関係者3,000円〜5,000円

上記の通り。

喪主と会葬者の関係性によって、
受け取れる香典の金額が異なるのが
わかると思います。

葬儀費用を香典で補おうとなった場合に、
どれぐらいの金額を補うことができるかの
参考になるはずです。

以下の記事でも
葬儀における香典の金額相場を
詳しくまとめているので、
一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜や葬儀で香典を渡そうと考えている人の中で、どれぐらいの金額を支払うかの相場を知りたい方はいませんか[…]

【通夜や葬儀で渡す香典の金額相場】香典マナーや注意点をプロが解説

香典相場は会葬者の年齢によって異なることが多い

ただ香典で受け取るお金の金額は、
香典を渡してくれる会葬者の年齢によっても
大きく異なることがあります。

例えば血縁が深い親戚のかたが
50代〜60代なら『100,000円』を香典として
渡すことがありますが、20代〜30代なら
香典が30,000円となる可能性があるのです。

なので葬儀費用を少しでも香典で
補いたいと考えた場合には、
以下の考え方が必要となるので
ぜひ参考にしてみてください。

【葬儀費用を香典でできるだけ多く補う方法】

  • たくさんの人に葬儀に参列してもらう
  • 年齢層が高めの親戚を呼ぶ
  • 親交が深い知人や会社関係者、近所の人を呼ぶ

香典返しを渡した後に残ったお金で葬儀費用が補える

香典で葬儀費用を補うことはできますが、
1つ注意点として、葬儀を執り行った際に
受け取った香典に入っているお金は
全額受け取れるわけではありません。

日本では受け取った香典に対しての
お返しとして『香典返し』を渡すという
風習があり、香典の金額に応じて
お返しの品物を用意する必要があるのです。

例えば10,000円の香典を受け取った場合、
約3,000円〜5,000円のお礼の品物を
香典返しとして用意します。

一般的に香典返しの相場は
「受け取った香典の3分の1〜半分」程度でして、
香典に入っているお金は全額を
受け取ることはできないんですね。

なので仮に10,000円の香典を受け取ったら、
最低でも5,000円〜7,000円分しか
最終的に受け取ることができないと
いうことをぜひ覚えておいてください。

※ただし香典の金額が少額な場合は香典返しを
会葬者が受け取らないケースもあるので、

受け取った香典をそのまま全額葬儀費用の
支払いに
使用することも可能ですよ!

葬儀費用を香典で補う場合の注意点

葬儀費用を香典で補う場合の注意点

ここまで香典から葬儀費用を補う場合の
金額相場についてまとめていきました。

ただしもし葬儀費用を香典で補うとなった場合には、
いくつか注意点があります。

主な注意点というのが、以下の通り。

  • 葬儀費用全額は香典で賄えない
  • 葬儀費用の支払いに香典のお金を使わない場合もある
  • 葬儀費用を遺産からも支払う場合は相続放棄ができなくなる

上記の通り。

順番に解説していきます。

葬儀費用全額は香典で賄えない

残念ながら、葬儀費用全額を
香典で賄うことはほぼできません。

なぜなら葬儀の規模によって
香典を渡す人の人数が制限されることで、
受けとった香典の金額が葬儀費用を
超えることがないからです。

例えば、葬儀費用を抑えようと
家族葬や直葬など、できるだけ
費用をかけない葬儀を選んだとしましょう。

すると必然的に葬儀に参列する人数も
減ってしまうことから、受け取る香典の数も
減ってしまい、結果的に葬儀費用を
全額賄えないという結果になるのです。

もちろん葬儀に参列する会葬者を
増やすために一般的な葬儀をすれば
受け取る香典の数金額を増やせれますが、
全体の葬儀費用が高くなってしまいます。

なので葬儀費用を全額香典で賄うことは
できないので、必ず自腹で幾らかは
葬儀費用は支払わなくてはいけませんので
注意しましょう。

葬儀費用の支払いに香典のお金を使わない場合もある

葬儀費用の支払いに香典のお金を使わない場合もある

葬儀費用は香典で補うことはできますが、
香典のお金を使わない場合が2つあります。

その2つが以下の通り。

  • 喪主以外の人が葬儀費用の支払いをする
  • 「受け取った香典を別のことで使ってほしい」という故人の遺言

喪主以外の人が葬儀費用の支払いをする場合

「葬儀の費用は必ず喪主が支払う」という
明確な決まりはなく、親戚の人や
代理人の方が支払うケースもあります。

この場合は葬儀費用を喪主の代わりに
肩代わりしてくれるということになるので、
受け取った香典を葬儀費用の支払いで使わずに
別で使用することが可能です。

※ただ香典には「葬儀費用による経済的負担を
少しでも減らしてほしい」
という会葬者の
想いも込められているので、相談をしてから
香典で葬儀費用を補うか補わないかを決めましょう。

「受け取った香典を別のことで使ってほしい」という故人の遺言

故人の遺言として、
「受け取った香典は別のことに使用してほしい」
などの言葉があった場合には、
香典で葬儀費用を補うことができません。

故人の遺言、もしくは遺言書には
法的効果が認められているので、
遺言を無視して葬儀費用の支払いに
香典を使用すると法に背くことになります。

なのでまずは故人の遺言があるかどうかを
遺言書などで確認するなどして、
香典で葬儀費用を補っていいかを
決めていきましょう。

葬儀費用を遺産からも支払う場合は相続放棄ができなくなる

香典で葬儀費用を全額補うことはできず
遺産から葬儀費用を賄う人もいますが、
1度遺産に手をだすと相続放棄が
できなくなるので注意しましょう。

故人が残した遺産というのは
残された遺族が相続するのが一般的ですが、
遺産相続が遺族にとってプラスに働くこともあれば
マイナスに働くこともあるのです。

例えば遺産の相続というのは
故人の資産全てを相続することになりますが、
故人が抱えていた借金やローンなどの負債までも
引き継ぐことになります。

仮に遺産で葬儀費用を賄ったとしても、
負債が原因で金銭的にマイナスになったという
事例も少なくありません。

ただ相続放棄さえすれば、
故人の遺産などを相続できない代わりに
抱えていた負債なども放棄することが
できるんですね。

なので葬儀費用を香典に加えて
遺産から賄うつもりでいる場合には、
故人に負債がなかったかを確認してから
支払いをしていくようにしていきましょう。

まとめ|葬儀費用は香典でできるかぎり補おう

葬儀費用は香典でできるかぎり補おう

ここまで葬儀費用は香典で補うことが
できる理由と、受け取ることができる
香典の収入相場、香典で補う場合の
注意点についてまとめていきました。

いただいた香典で葬儀費用を補うことに
抵抗をもつ人もいるかもしれませんが、
遠慮なく香典袋に包まれたお金を使用しても
問題ありません。

香典を渡してくれた会葬者の方も
遺族のことを思い、少しでも金銭的に
助けになれればという気持ちを込めて
香典を渡してくれているのです。

なのでぜひ会葬者の方の気持ちを
ありがたく受け取るためにも、
葬儀費用は香典で補うように
してみてくださいね。

また以下の記事では、
正しい香典の受け取り方や渡し方について
詳しくまとめた記事となっていますので
一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。香典を受け渡しする際にどのように香典を受け取るべきか、またはどのようにして香典を渡すべきかで迷って[…]

【香典の受け取り方と渡し方】受付・参列者のマナーと挨拶方法を紹介

それでは以上です。
ありがとうございました。

【葬儀費用は香典で補うことが可能】葬儀代の負担を減らす方法を紹介
最新情報をチェックしよう!