【葬儀にかかる時間は約5〜6時間】スケジュールの決め方も紹介

【葬儀にかかる時間は約5〜6時間】 スケジュールの決め方も紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀にかかる時間はどれぐらいなのか
知りたいという方はいませんか?

葬儀をしたことがない人からすると、
葬儀にかかってくる時間や時間帯など
分からないことだらけですよね。

そこで本記事では、葬儀にかかる時間や
葬儀が行われる時間帯。
そして、葬儀における時間の決め方などを
くわしく紹介していきます。

本記事を最後まで読めば、
葬儀の時間全般について詳しく解説しているので、
葬儀におけるスケジュールが立てやすく
なるはずですよ。

スポンサーリンク

葬儀(葬式)全体にかかる時間は約5〜6時間

葬儀(葬式)全体にかかる時間は約5〜6時間

まず結論として、
葬儀全体にかかってくる時間は約5〜6時間です。

ちなみにここで言う葬儀というのは、
「通夜」「告別式」「火葬式」までを
含めたものとします。

葬儀の時間内訳

わかりやすく葬儀の時間を内訳すると、以下の通りです。

通夜約1〜2時間
告別式約1〜2時間半
火葬式約2〜3時間

葬儀の形態によって時間は変わりますが、
上記の時間で執り行われることが
ほとんどとなります。

最低でも4時間は必要で、
最高だと7時間半もの時間を要するのです。

しかし一般的な葬儀では、式の準備を含めて
「通夜」「告別式」「火葬式」それぞれ
2時間ずつぐらいは時間がかかると
見ておく必要があります。

そうなると、
「葬儀の時間は約5〜6時間になる」
ということがわかるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

葬儀の時間は準備時間を含める必要がある

葬儀の時間となると、式が執り行われる
時間だけを想像する人もいるかもしれませんが、
葬儀を執り行う準備を含めて『葬儀』といいます。

葬儀の場合、開始1時間前から親族が
会場に足を運ぶことが多いので、
必然的に準備の時間も葬儀にかかる時間と
なってくるんですね。

また葬儀のことを告別式だけと
考える人もいるかもしれませんが、
葬儀とは本来『死者を弔い葬る儀式』
でもあります。

告別式もそうですが、通夜や火葬式含めて
葬儀というので、葬儀にかかる時間は
3つの儀式にかかってくる時間だという認識を
持っておきましょう。

葬儀(葬式)が始まる時間帯

葬儀(葬式)が始まる時間帯

では次に、葬儀を行う時間帯についてです。
先に結論を言うと、
決まった時間帯というものはありません。

しかし一番多く葬儀が執り行われる時間帯は
だいたい決まっており、

  • 通夜:18時か19時ごろ
  • 葬儀告別式:10時か11時ごろ

などが一番よく葬儀が執り行われる
時間帯となっています。

葬儀・通夜が始まる時間帯は18時か19時ごろが多い

通夜が行われる時間帯は、
一般的に18時または19時がほとんどとなります。

というのも通夜は、仕事終わりの人でも
来れるように時間設定をされることが多く、
仕事が終わる頃の時間に設定されることが
多いのです。

ただ近年は家族葬などが増えてきたので、
17時に通夜を行い、残りの時間をゆっくり過ごす
遺族も増えてきました。

必ず18時または19時にしなくてはいけない、
というわけではないのでご安心ください。

スポンサーリンク

葬儀・告別式が始まる時間帯は10時か11時ごろが多い

葬儀・告別式が始まる時間帯は、
一般的に10時または11時になることが
多い傾向にあります。

というのも告別式が終わった後は火葬場に向かい、
その後には初七日法要が待っていたりと
午前中に開始しないと帰りが
遅くなってしまうんですね。

例えば10時に告別式を開始したとなると、
火葬式が始まるのが早くても11時半ごろ。

火葬式が約2時間かかるとして、
その後に初七日法要をして会食までしていたら、
帰りは夕方になってしまうのです。

強制的に告別式が午後になることもある

さらに火葬場の空き状況や
お寺の都合によっては、午後から告別式が
執り行われることもあります。

そうなると、帰りがかなり遅くなってしまう
ということを覚悟しなくてはいけません。

※告別式の最終開始時間は14時が一般的。
ただし、地域によっては夕方に告別式を
行う地域もあります。

なのでもし告別式の時間を決めるとなった場合、
空いているようでしたら午前中の10時か11時。

またはお願いできるようなら、
9時に葬儀・告別式をするように依頼しておけば、
早めに家に帰って落ち着くことができますよ。

スポンサーリンク

葬儀の時間スケジュール例を紹介

葬儀の時間スケジュール例を紹介

ここまで葬儀の時間帯について解説してきました。
ただ中には、葬儀の時間に対するイメージが
つきにくいという人もいると思います。

そこで、ここでは葬儀の時間スケジュール例を
まとめてみました。
順番に見ていきましょう。

※ちなみに一般的な葬儀
(通夜、告別式、火葬式あり)をイメージした
スケジュール表となっています。

家族葬や密葬によって時間スケジュールが
大きく異なることもあるので、
あくまでどのような流れなのかを
見るための参考としてご覧ください。

通夜の時間スケジュール例

まず、通夜の時間スケジュール例は以下の通りです。

時間項目
17:00〜17:30式場に棺を安置
遺族や親族が式場に入場
17:30受付開始
17:45葬儀担当者と通夜における進行チェック
18:00僧侶入場 & 通夜式開始
18:05読経
18:15焼香
18:30読経終了(お寺からの法話)
18:40喪主お見送り
18:50棺を部屋に再び安置
19:00通夜食
(かかった時間)約2時間

通夜の開始時間を18時に設定した場合は、
主に上記のスケジュールで進んでいきます。

葬儀・告別式の時間スケジュール例

次に、告別式の時間スケジュール例は
以下の通りです。

時間項目
9:00〜9:20式場に棺を安置
遺族や親族が式場に入場
9:00〜9:30受付開始
9:40葬儀担当者と告別式における
最終進行チェック
9:45喪主が僧侶に挨拶
(お布施を渡す場合もある)
10:00僧侶入場 & 告別式開始
10:05読経
10:20焼香
10:30〜10:40読経終了
10:40弔辞・弔電拝読
(読経中に読まれることもある)
10:45喪主挨拶
10:50お別れの儀
11:00出棺
(かかった時間)約2時間

葬儀・告別式の開始時間を
10時に設定した場合は、主に上記の
スケジュールで進んでいきます。

スポンサーリンク

火葬式の時間スケジュール例

最後に、火葬式の時間スケジュール例は以下の通りです。

時間項目
11:00〜11:30火葬場に到着
11:30納めの式
(僧侶の読経&焼香)
11:45最後のお別れ
11:50火葬開始(約1時間〜2時間)
12:00火葬場内で休憩
13:00お骨あげ
13:30初七日法要を行うために
葬儀社に戻る
(自宅に戻るケースもある)
(かかった時間)約2時間半

火葬式は告別式が終わった後に
そのまま行われるので、告別式の時間帯によって
火葬式の時間が決まってきます。

葬儀場から火葬場までの距離が近ければ
比較的早く火葬式を終えることができますが、
距離が遠い場合には時間が遅くなる
傾向があります。

葬儀(葬式)の時間の決め方

葬儀(葬式)の時間の決め方

ここまで葬儀時間のスケジュール例を
紹介してきました。
最後に、葬儀にかかってくる時間の
決め方について解説しています。

ただ時間を決める際の注意点として、
葬儀の時間を決める際には遺族には主導権がない
ということを覚えておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

葬儀の時間はお寺、または火葬場都合で決めていく

基本的に葬儀の時間とは
遺族が決めていくのではなく、
お寺または火葬場都合で決まっていきます。

というのもいくら遺族が
「この時間で葬儀をしたい!」と思っても、
僧侶の都合が悪ければ葬儀が行われませんし、
火葬場が空いていなくては出棺ができないのです。

まず葬儀をすることが決まると、
最初に連絡をするのがお寺・僧侶になります。

そして僧侶と相談をしつつ、
火葬場に連絡をとっていくことで初めて
葬儀の時間を決定していくことができるのです。

葬儀に来てくれる人も考慮して相談をする

ただしお寺または火葬場都合で
全てを決めてしまうと、遺族や親族が
不満を抱えてしまうことも少なくありません。

なのでできるだけ葬儀に来てくれる人のことを
考慮して、自分たちの希望する時間帯も
伝えるようにしましょう。

火葬場が予約は取れるかは
連絡してみないと分かりませんが、
僧侶に相談をすれば快く聞いてくれるはずです。

ただし僧侶にも他の葬儀で読経をしたりと、
希望する時間帯は都合が悪い場合もあるので、
僧侶のことも考えつつぴったりの葬儀時間を
決めていきましょう。

まとめ|葬儀の時間は希望する葬儀の種類によって異なる

葬儀の時間は希望する葬儀の種類によって異なる

ここまで葬儀の時間に関する疑問に
お答えしていきました。

正直言って、葬儀の時間や時間帯には
決まりはありませんが、葬儀の種類によって
大きく異なる場合があります。

一般的な葬儀では約5〜6時間かかりますが、

程度はみておいた方がいいでしょう。

また葬儀の時間は宗教や風習によっても
変化するので、あくまで平均時間として
覚えておいてください。

そして葬儀の時間を理解すれば、
どのような時間スケジュールで進行が
進んでいくかを知ることが、理想的な葬儀を
することに繋がっていきます。

なのでぜひ本記事を参考にして、
自分たちらしい葬儀を進めてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【葬儀にかかる時間は約5〜6時間】 スケジュールの決め方も紹介
最新情報をチェックしよう!