葬儀の受付係にはお礼をすべき?【マナー・相場・挨拶の仕方を紹介】

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀の受付を頼んだはいいものの、
何かお礼をした方がいいかで悩んでいる人は
いませんか?

葬儀を経験したことがない人からすると、
受付係の人にお礼をすべきかどうかも
悩みどころですよね。

そこで本記事では、葬儀を執り行う際に受付を
人に依頼する際のお礼のマナーについて解説し、
お礼をする場合の相場や挨拶の仕方を
紹介していきます。

本記事を読めば、葬儀の受付をしてくれる人に
感謝の意を伝えれると共に、
後悔のない葬儀を進める際に重要な
気遣いの大切さが分かるはずですよ。

葬儀の受付を頼む人にはお礼をするのがマナー

葬儀の受付を頼む人にはお礼をするのがマナー

まず結論として、
葬儀の受付を頼むのであれば
お礼をするのが葬儀のマナーとなります。

というのも葬儀の受付は思っている以上に
大変な作業で、お礼をしなくては
相手に失礼に値してしまうことも
あるんですね。

葬儀の受付は思っている以上に大変

受付係は何も受付所にただ立っていればいい、
というだけではありません。
受付係がしなくてはいけないことは、
主には以下の通り。

  • 参列者へお礼の挨拶
  • 名前の記帳の案内
  • 香典の受け取り
  • 香典に対する返礼品の受け渡し
  • 香典の管理

細かい部分を言えば他にもありますが、
主な仕事内容は上記の通り。

地域によっては参列者に席の案内を
する受付の人もいるので、通夜の受付担当と
いうのは思った以上に大変です。

葬儀の受付に慣れているのでしたら問題は
ないでしょうが、葬儀社によって受付方法が
変わったりするので、その都度葬儀社に
合わせた方法で受付をする必要があります。

お礼をしなくては失礼に値することもある

葬儀のマナーとして、受付だけでなく
お手伝いをしてくれた人にはお礼をするのが
一般的です。

そんなマナーがあるにもかかわらず、
まったくお礼をしないというのは
失礼に値してしまいます。

もちろん相手との関係性によっては、
無償で手伝ってくれるという人も
いるかもしれません。

しかし今後の関係性を考えれば、
少しでも感謝の気持ちを示したいなら、
お礼の一つや二つは用意しておきましょう。

葬儀の受付は誰に依頼するべきか

葬儀の受付は誰に依頼するべきか

ではそんな葬儀の受付は、
誰に依頼をすればいいのでしょうか?

先に結論を言うと、
故人と直系の親族や近しい人ではなく
遠い親戚から順番に受付を依頼できないかを
検討するのが得策です。

ただ受付をお願いできる人がいない場合は、
身内からではなく会社関係や自治会、
受付代行サービスに依頼をするという方法が
あります。

受付は身内にお願いするのが1番いい

一般的には受付は、
身内にお願いしていくのが1番です。

受付でしなくてはいけないことは
香典の管理が全般であり、お金の管理を
任せることになります。

そんな時に信頼できない人に受付の依頼をすると
最悪の場合、香典のお金を盗まれるということも
十分にあるのです。

実際に私は6年間葬儀社に勤めた中で、
最低でも10回は香典が盗まれるという事件が
発生しました。

主には親族以外の人にお願いして
起こった事件ではありますが、それだけ他の人に
依頼をすることは危険ということです。

なのでできるだけ信用のある親戚などに
受付の依頼をしていきましょう。

会社関係・自治会・代行サービスに受付依頼をする

ただし状況次第では、親族以外に受付を
依頼せざるをえない状況もあります。

そうなると1番いいのは会社関係や自治会の人。
次に多少の費用はかかりますが、
受付代行サービスを利用するのが良いでしょう。

ただしどうしても香典にはお金が入ってくるので、
もし親族以外に依頼をするとしても
最低1人は身内から受付をお願いするのが得策です。

「香典がなくなった」というトラブルは本当に
多いので、少しでも信用できないと感じたら
できる限り身内だけで受付ができる方法を
考えていきましょう。

葬儀の受付係にお礼をする際の相場

葬儀の受付係にお礼をする際の相場

ではそんな受付係にお礼をする際の
相場はどれぐらいになってくるのでしょうか?

結論を言うと、約3,000円〜10,000円を支払うのが
妥当なお礼の相場となります。
さらに菓子折などを一緒に渡せば、
より丁寧さが出てくるのでおすすめです。

ただし地域によっても異なりますし、
葬儀の規模によっては大変どが異なるので、
もし悩むようなら受付をしてくれる代表の方や
葬儀社に相談をしてみるのも良いでしょう。

また謝礼を渡す際には、不祝儀袋または白い封筒に
「志」や「御礼」と表に書いて渡します。

その際には、ちゃんとお礼の言葉を添えて
挨拶をするようにしていきましょう。

葬儀の受付係にお礼を言うタイミングと挨拶の仕方

葬儀の受付係にお礼を言うタイミングと挨拶の仕方

では次に葬儀の受付係にお礼を言う
タイミングと挨拶の仕方についてです。

葬儀の受付は通夜だけでなく、
葬儀・告別式の際にも行われるので、それぞれの
タイミングで挨拶の仕方を変えていきましょう。

受付のお礼を言うタイミング

まずお礼を言うタイミングですが、主には以下の通り。

  • お通夜式が始まる前
  • お通夜式が終わった後
  • 葬儀・告別式が始まる前
  • 葬儀・告別式が終わった後
  • 葬儀が終わった後日

上記の通り。

必ず全てのタイミングでお礼を言う
必要はありませんが、より丁寧に挨拶をするなら
できるだけその都度お礼をすべきです。

またお礼を渡すタイミングは、
葬儀が終わった後日に改めて行えば
問題ありません。

受付係にするべきお礼の挨拶の仕方

受付係にするべきお礼の挨拶の仕方

では次に、受付係にするべきお礼の挨拶の仕方です。

それぞれのタイミングによって挨拶の仕方が異なります。

お通夜式が始まる前

お通夜式が始まる前には、
以下のようなお礼を伝えてみましょう。

「お忙しい中、受付を手伝ってくれるとのこと、本当にありがとうございます。明日まで受付をお願いすることになりますが、誠によろしくお願いいたします」

お通夜式が終わった後

お通夜式が終わった後には、
受付の人に以下のようなお礼を伝えましょう。

「本日はお通夜の受付をしてくださり、誠にありがとうございました。明日もお願いすることになりますが、何卒最後までよろしくお願いいたします。」

葬儀・告別式が始まる前

葬儀・告別式が始める前には、
以下のようなお礼を伝えてみましょう。

「昨日に引き続き、受付係を引き受けていただきありがとうございます。最後までお手間かけますが、何卒よろしくお願いいたします。」

葬儀・告別式が終わった後

葬儀・告別式が終わった後は、
以下のようなお礼を伝えましょう。

告別式が終わると挨拶をする時間が
ほとんどないので、簡潔に伝えれば
問題ありません。

「今日まで受付を手伝ってくださり、誠にありがとうございました。後日また改めてお礼にお伺いするので、何卒よろしくお願いいたします。」

葬儀が終わった後日

葬儀が終わった後日は、
以下のようなお礼を伝えてみましょう。

「〇〇さんのお手伝いのおかげで、無事葬儀をつつがなく終わらせれることができました。喪主を代表して、お礼を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。」

お礼を言うなら、葬儀が一通りひと段落した
翌日、または翌々日にお礼をするのが
失礼のないタイミングですね。

その際にお礼のお金が入った封筒や、
菓子折などを忘れないようにしましょう。

まとめ|葬儀の受付係にはお礼をしよう

葬儀の受付係にはお礼をしよう

ここまで「葬儀の受付係にお礼をするのか?」
という疑問に答えていきました。

まとめるとお通夜のお礼はすべきですが、
ちゃんと言葉でも感謝の気持ちを伝えることが
大切になります。

人によっては快く受付を請け負ってくれることも
ありますが、大変な作業が待っていることに
変わりはありません。

なので喪主となる方は、必ずお礼を伝えるとともに
お礼の品物を準備して今後の関係性を
良きものにしていってくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!