葬儀は死後何日後に行われる?死亡後の流れや日程の決め方を紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀をしたことがない人からすると、
死後何日後に葬儀が行われるか分からないのでは
ないでしょうか?

大切な人が亡くなった後、出棺まで
どれぐらいの日数がかかるのか、
これから葬儀が執り行われるかもしれない
方からすると知りたい部分ですよね。

そこで本記事では、葬儀が執り行われるのは
死後何日後に行われるのか、
死亡〜出棺までの流れをまとめながら
詳しく解説していきます。

本記事を読めば、葬儀がどれぐらいの
日数かかるかが分かるだけでなく、
どのようにしてスケジュールを組めば
いいかが分かるはずですよ。

葬儀は死後何日後に行われる?

葬儀は死後何日後に行われる?

先に結論を言うと、
誰かが亡くなった場合には以下のように
葬儀が執り行われます。

  • 【通夜】死後1日後【葬儀・告別式】死後2日後
  • 【通夜】死後当日【葬儀・告別式】死後1日後

上記の通り。

それぞれどういった意味か、
詳しく見ていきましょう。

※先に火葬をしてから通夜告別式を行う場合も
ありますが、本記事では一般的な葬儀を
想定して解説しています
ご了承ください。

【通夜】死後1日後【葬儀・告別式】死後2日後

誰かが亡くなった場合ですが、
通夜は次の日(死後1日後)に執り行われ、
告別式は通夜の次の日(死後2日後)に
執り行われるのが一般的です。

人が亡くなった時というのは正常な判断がしづらく、
その日に通夜を開こうと思ってもなかなか
正常な判断ができないことがほとんど。

他にも身内が亡くなった場合には
その場で葬儀を進めていくのは困難だったり、
親族に連絡をしたりしなくてはいけなかったりと、
葬儀はすることがたくさんあります。

そんな心の準備や葬儀に向けた準備を進める
必要もあるので、亡くなった日は故人に対して
弔いをし、死後1日後2日後と葬儀を
行っていくのが一般的です。

【通夜】死後当日【葬儀・告別式】死後1日後

ただしどうしても早く葬儀を終わらせたいという
遺族に対しては、死後当日に通夜を行い、
通夜の次の日(死後1日後)に
葬儀・告別式をするということもあります。

ただこれは午前中に亡くなった場合だけであり、
午後で亡くなった場合は該当しません。

火葬は死後24時間以内にはできない

というのも国の法律で、亡くなってから
死後1日は火葬をしてはいけないという法律が
定められており、午後に亡くなった時は
火葬できない場合があります。

さらに火葬場は15時〜17時までが
最終受付としているところが多いので、
基本的には午前で亡くなった人しか火葬できません。

家庭の事情によってさまざまですが、
どうしても亡くなった当日に葬儀を
執り行いたいなら、葬儀担当者に相談をしてみると
よいでしょう。

葬儀の日程が長引く場合もある

葬儀の日程が長引く場合もある

ここまでの解説で、基本的には死後2日後までには
葬儀が執り行われることがわかったと思います。
しかし中には例外として、
葬儀の日程が長引く場合もあります

その長引くパターンというのが以下の通り。

  • 親族の予定が合わない
  • 火葬場が予約でいっぱいになっている
  • お寺の都合が合わない
  • 「友引」の日が絡んでくる

基本的には亡くなったら葬儀の準備を
進めていくことができますが、上記の理由が
絡んでくると葬儀が長引いてしまうことが
あるのです。

いったいどういった意味か、
順番に見ていきましょう。

親族の予定が合わない

まずは親族の予定が合わず、
葬儀が先延ばしになってしまうという
パターンです。

葬儀とは突然起こるもので
事前準備ができない分、親族への訃報連絡が
突然になってしまいます。

しかし中には、遠方に住んでて
葬儀に参加するのが遅くなってしまったり。

はたまた、仕事の都合や体の不自由な状態が
続いていることが理由で、
なかなか予定が合わないという事態も
少なくありません。

身内の訃報はどんなことよりも
優先順位が高いものですが、親族が今置かれている
状況によっては葬儀が先延ばしになることも
あるのです。

火葬場が予約でいっぱいになっている

火葬場が予約でいっぱいになっている

次に火葬場が予約でいっぱいになっていて、
葬儀ができないというパターンです。

火葬炉は数に制限があり、
全部が埋まってしまうと火葬したくても
できないという状況になってしまいます。

火葬場が予約でいっぱいなのは都会が特に多い

ちなみに火葬場が予約でいっぱいなのは
都会がほとんどで、田舎では滅多なことがないと
予約で埋まっているということはありません。

実際に私が勤めていた香川の葬儀社でにて
約6年間見てきましたが、一度も火葬場が
いっぱいになったことはなかったです。

しかし東京などの都会の葬儀を見た際には、
火葬場が常にいっぱいな状態でして、
長いものだと1週間待ちという状態が
多かったというのを覚えています。

火葬場は、亡くなったことを確認した後に
予約をしていくのが一般的です。

事前予約などはできないので、
どうしても先延ばしになる状態は
避けようがありません。

お寺の都合が合わない

お寺の都合が合わない場合も、
葬儀の日程が伸びるパターンの1つです。

というのも一般的な葬儀は僧侶が読経をしますが、
僧侶が来てくれなくては葬儀を
執り行うことができません。

しかしそんな中、菩提寺の都合が悪かった場合、
予定が先延ばしになることがあるのです。

めったなことがない限り予定が埋まっているという
ことはありませんが、もし都合が合わない場合は
他のお寺を紹介してもらうなどの手段も
考えなくてはいけませんね。

「友引」の日が絡んでくる

葬儀をしようと思っても、
友引が絡むことによって葬儀の日程が
伸びることもあります。

友引とは・・・
「六曜」という有名な暦注の中の1つであり、「吉事・慶事には吉の日」で「凶事には凶の日」という2つの意味がある。
「友を引く」とも言われていることから、葬儀などの不幸にまつわる行事は避けるべき、と言われている。
中には友引を気にせず葬儀をしたいという人もいますが、友引の日は火葬場が休みのことが多く、告別式をしたくてもできないという状態となっています。
友引の日が通夜にあたるなら問題ありませんが、葬儀・告別式の日にあたってしまうと必然的に葬儀の日程は伸びるのです。

死亡後の葬儀の流れや日程の決め方

死亡後の葬儀の流れや日程の決め方

葬儀は何日後になるかは、
状況によって異なることがわかったと思います。

ではもし身内が死亡したあとは、
どういった流れで葬儀が執り行われ、
どのようにして日程を決めていくのでしょうか?

順番に解説していきます。

死亡後の葬儀の流れ

もし誰かが亡くなったと仮定したら、
以下のような流れで葬儀が進んでいきます。

  1. 死亡(御臨終)
  2. 搬送依頼
  3. 葬儀社、または自宅に安置
  4. 枕経(※菩提寺がいる場合に限る)
  5. 葬儀社との打ち合わせ(時間や葬儀内容など)
  6. 納棺
  7. 通夜
  8. 告別式
  9. 出棺
  10. 火葬場にて火葬
  11. 葬儀社、または自宅に帰宅
  12. 初七日法要
  13. 会食(精進落とし)

上記の通り。

一般的な葬儀は死亡した後に葬儀社に連絡をして、
その後通夜を行います。
そして次の日に葬儀・告別式を行い、
火葬式、初七日法要をしていくという流れです。

詳しくは以下の記事にて解説しているので、
全般的な葬儀の流れを詳しく知りたい方は
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀をしたことがない人の中には、以下のような疑問を持っている人はいませんか? 葬儀の手順はどのような流れで進むのか? 葬儀に[…]

葬儀の日程の決め方

次に葬儀の日程の決め方ですが、
実は「通夜」「告別式」「火葬式」それぞれで
日程の決め方が異なります。

なぜなら先述したように、

  • 親族の予定が合わない
  • 火葬場が予約でいっぱいになっている
  • お寺の都合が合わない
  • 「友引」の日が絡んでくる

などの理由があるからです。

基本的には、親族の予定を聞きながら
火葬場の予約が入っているかを確認。

そしてお寺の都合を聞きつつ、
友引が絡んでいないかを確認して日程を
決めていきます。

詳しい解説は以下の記事でまとめているので、
より詳しく日程を決めていきたいという方は
チェックしてみてください。

関連記事

葬儀のスケジュール(日程)を決める際に、以下のような疑問を感じている人はいませんか? 葬儀スケジュールの決め方って何か決まりがあるの? 葬儀が執り行われる時間とかはどうやって決めるの?葬儀をしたこ[…]

葬儀スケジュール(日程)の決め方を紹介【通夜・告別式・初七日も】

まとめ|「葬儀は何日後に行われる?」に明確な答えはない

「葬儀は何日後に行われる?」に明確な答えはない

ここまで「葬儀は死後何日後に行われるか?」
という疑問にお答えしていきました。

改めて考えると、明確な答えがないことが
わかったと思いますが、強いていうなら
「通夜は1日後で葬儀・告別式は2日後が一般的」
というところでしょうか。

亡くなったときの状況や周りの状況などによって
葬儀の日程は変化するので、
正直予定を立てづらいというのが本音です。

日にちを気にせず後悔のない葬儀をしよう

しかし葬儀をしていく際に大切なのは、
後悔のない葬儀をするということ。

一般的には2〜3日で終わらせることができる
葬儀ですが、ゆっくりとお別れしていきたいなら
葬儀の日程をずらすことも検討してよいでしょう。

ただそうなると、ドライアイスを何度も当てたり
宿泊代が高くなったりと、遺族に金銭的な負担が
かかることもあります。

なのでしっかりと葬儀社に相談しつつ、
自分や周りが納得のいく葬儀を
執り行ってみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!