葬儀で休暇(忌引き休暇)を取る際の休める日数やマナーを紹介

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取る際の休める日数やマナーを紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

急な葬儀が入ってしまい休暇を取りたいとなった
人の中で「どれだけの日数休んでいいの?」
「マナーはあるの?」などの疑問を感じている
人はいませんか?

自分の身内や近しい人がなくなると
休暇を取るのが一般的ですが、
葬儀における休暇には何か決まりがあるのか
分かりにくい部分ですよね。

そこで本記事では、葬儀における休暇を
取ることのマナーについて解説しつつ、
葬儀で休暇を取った際の休める日数について
詳しく解説していきます。

本記事を読めば葬儀における休暇マナーが
分かるだけでなく、休んだことを気にせず
葬儀に集中することができるはずですよ。

葬儀で休暇を取ることの実態

葬儀で休暇を取ることの実態

そもそも葬儀における休暇の実態を
よくわかっていない、という人も多いのでは
ないでしょうか?

なのでまずは、葬儀における
休暇の実態について解説していきます。

葬儀における休暇=忌引き休暇

まず葬儀における休暇ですが、
一般的には『忌引き休暇』と呼ばれています。

忌引き休暇の『忌引き』には「喪に服す」などの
意味合いが込められており、
故人を偲ぶ期間でもあるのです。

つまり忌引き休暇というのは、
「故人を偲び心を休ませるために必要な期間」を
示しており、葬儀だけでなく葬儀が終わった後も
故人を弔うために設けられた休暇を意味します。

法律で決められた休暇ではない

『忌引き休暇』と聞くとちゃんとした
休みのように聞こえますが、実は法律で
決められた休暇ではありません。

法律で決められているわけではないので、
明確に決まった制度もありません。

会社や学校などには「慶弔休暇」や
「特別休暇」などが設けられている場合が
多く、会社の制度によって休める期間が
変わる場合もあります。

なので休暇を取るとなった場合には、
会社や学校に確認をして休んでいい
休暇期間を聞かなくてはいけません。

葬儀における休暇=有給休暇と考える会社もある

ただ注意点として、
「葬儀における休暇=有給休暇」と考える
会社もあります。

「有給休暇」を消費しても休暇を取ることは
できるのですが、葬儀以外でも使える休暇制度を
強制的に使わされる結果となってしまうのです。

他にも

  • 遠縁の親戚は慶弔休暇扱いにならない
  • 二等身までの身内しか休暇を認めない

などを言われて、慶弔休暇や特別休暇を
使用させてくれないなどのパターンもあります。

福利厚生がしっかりとしている会社なら
問題ないでしょうが、もし葬儀で休暇を
取ることになったら必ず事前に会社の制度を
確認しておきましょう。

葬儀で休暇(忌引き休暇)をとった際に休める日数

葬儀で休暇(忌引き休暇)をとった際に休める日数

ではそんな葬儀で休暇(忌引き休暇)を
とったとなると、どれぐらいの日数
休めるのでしょうか?

先述でも書いた通り明確な日数は
会社や学校によって異なりますが、一般的には
以下の通りに休暇をもらえると言われています。

 
故人との間柄休める日数
配偶者10〜14日間
実父母7日〜10日間
5〜7日間
兄弟姉妹・祖父母・配偶者の父母3〜5日間
配偶者の祖父母・配偶者の兄弟姉妹1〜3日間

基本的に葬儀における休暇(忌引き休暇)は、
身内や親族に訃報が会った際に取るのが
一般的です。

もし友達などの葬儀で休暇を取りたいとなっても、
会社や学校からは「慶弔休暇の扱いにならない」と
言われる可能性もあるので注意しましょう。

葬儀で休暇(忌引き休暇)をとる際のマナー

葬儀で休暇(忌引き休暇)をとる際のマナー

では葬儀で休暇を取ろうと考えた際には、
どういったことに気をつけなくては
いけないのでしょうか?

結論、以下のマナーに気をつけながら
休暇を取るようにしていけば
問題ありません。

  • 休暇希望の連絡は必ず口頭で早めに伝える
  • 残っている仕事の引き継ぎを行う
  • 就業規則の確認をして最適な休暇期間を割り出す

上記の通り。

ここでは、葬儀における休暇を取りたい人が
覚えておくべきマナーについて
詳しく解説していきます。

休暇希望の連絡は必ず口頭で早めに伝える

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取るとなった場合、
早めに口頭で休暇希望の連絡を
するようにしましょう。

早めに連絡することで、今置かれている状況を
把握してもらうことができ、口頭で言うことで
真実味を高めることにつながります。

というのも中にはメールで休暇希望の連絡を
済ませようとする人もいますが、メールだと
誰にも見られない可能性が出てくるんですね。

さらにメールの文章だけだと真実味が足りず、
「本当に葬儀なのか?」と会社や学校に
疑われる可能性もぬぐいきれません。

もちろん葬儀ということなので疑われる
可能性は低いですが、しっかりと口頭で
伝えなくては信頼性にかける部分があるのは
間違いありません。

なので必ず口頭で葬儀が執り行われることを
連絡し、休暇をもらえるかの確認を
取るようにしましょう。

残っている仕事の引き継ぎを行う

もし休暇を取るとなった場合に
残っている仕事があるようなら、引き継ぎを
しておきましょう。

葬儀で休暇をとった場合、
希望している休暇期間より休む期間が
伸びることも少なくなく、会社に迷惑をかける
可能性があるんですね。

可能なら会社に直接行って引き継ぎをするのが
理想的ですが、いざ葬儀の準備をするとなると、
どうしても会社に行けない状況が
起こってしまうことも。。。

なのでそんな時は電話で引き継ぎをするか、
詳しい内容をまとめた書類をFAXやデータとして
送るなどして対処をしていきましょう。

葬儀でバタバタしてしまう前に、
早めの引き継ぎをしておくことが会社関係者への
1番の配慮になりますよ。

就業規則の確認をして最適な休暇期間を割り出す

もし可能であれば、就業規則を確認しつつ、
葬儀における最適な休暇期間を
割りだしていきましょう。

なぜなら葬儀で休暇(忌引き休暇)を取ると
なっても、会社としてはどれぐらいで
仕事に復帰できるかを確認したいと
感じているからです。

ちなみに休暇期間の割り出し方の例として、

「慶弔休暇を取った際の休める期間」+「残っている有休」

などで最適な休暇期間を割り出しましょう。

中には葬儀が終わった後に
「休暇を伸ばしたい」と連絡をする人もいますが、
会社側としては早めに休暇期間を決めてほしいもの。

葬儀後はやることが多く、
「もっと休暇を取っておけばよかった」という声も
少なくありませんので、できるだけ長めの
休暇期間を設けておくのがおすすめですよ。

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取り終わった後にすべき行動

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取り終わった後にすべき行動

無事葬儀が終わり休暇を取り終えた後ですが、
何もせずにそのまま復帰するのはマナーとして
失礼になる場合があります。

なのでもし休暇を取り終えて
復帰することになったら、しっかりと会社や学校に
お礼の気持ちを伝えることに専念しましょう。

会社には特に丁寧な感謝の気持ちを伝えよう

特に会社に復帰するとなったら、
より丁寧な感謝の気持ちを伝えることが大切です。

というのも葬儀で休暇を取った際には、
今まで自分が請け負っていた仕事を引き継いで
カバーしてくれているはずです。

他の仕事があるにもかかわらず負担を
請け負ってくれているわけなので、
しっかりと感謝の気持ちを伝えなくては
失礼に値します。

なので伝え方としては

「休暇をいただきありがとうございました。おかげさまで、ゆっくり故人とお別れをすることができました。これから改めて仕事に励んで参りますので、なにとぞよろしくお願いします。」

などと伝えれば、励ましの言葉をいただきつつも、
今後の仕事にも悪影響が出なくなるでしょう。

またお香典をもらっているなら
香典返しを準備して渡しつつ、
仕事のカバーをしてくれた人には菓子折などを
持っていくと、より丁寧な対応と言えますよ。

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取るなら会社や学校に配慮しよう

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取るなら会社や学校に配慮しよう

ここまで葬儀で休暇(忌引き休暇)を取る際の
マナーや、休暇が取れる日数について
まとめていきました。

葬儀による休暇と言っても法律で決められた日数は
ありませんので、自分が希望する休みを取って
故人を弔うのが一番理想的な休暇の取り方になります。

ただし休暇を取りすぎて周りに
迷惑をかけてしまってはいけませんので、
会社や学校に配慮した休暇の取り方を
実行していきましょう。

そうすることで、葬儀が終わった後も
今までどおりの日常に戻ることができますよ。

それでは以上です。
ありがとうございました。

葬儀で休暇(忌引き休暇)を取る際の休める日数やマナーを紹介
最新情報をチェックしよう!