【葬儀でかける言葉まとめ】喪主・親族・受付・友人別でプロが解説

【葬儀でかける言葉まとめ】喪主・親族・受付・友人別でプロが解説

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

通夜や葬儀が執り行われると聞いて
いざ葬儀式場に向かった際に、
どのような言葉を伝えるべきなのかで
迷っているという方はいませんか?

葬儀では何かしら慰めの言葉をかけたほうがいいと
考えがちですが、喪主や遺族に対して
かける言葉は何になるのか、葬儀に参列したことが
ない人からすると分からないところですよね。

そこで本記事では、通夜や葬儀・告別式でかける
言葉を「喪主」「親族」「受付」「友人」別で
紹介していきます。

本記事を読むだけで、それぞれでかけるべき言葉が
わかるので、失礼のないお悔やみの言葉を
伝えたいと考えている方はぜひ
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【喪主・遺族の場合】

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【喪主・遺族の場合】

喪主や遺族にかけるべき言葉ですが、
まとめると以下の通りです。

  • 「この度はご愁傷様でございます」
  • 「この度は心よりお悔やみ申し上げます」
  • 「心中お察しいたします」
  • 「誠にご愁傷様です」

上記の通り。

ただし喪主や遺族は葬儀の時となると、
準備をで忙しかったり他の人と話していたりと
言葉をかける時間が少ないケースがほとんど。

喪主や遺族と関係が深い場合は
頃合いを見計って言葉をかけるべきですが、
それ以外の近所の人や会社関係の人たちは
無理に声をかけないほうが得策です。

なのでもし喪主や遺族から話しかけられたら
お悔やみの言葉を伝えて、忙しそうなら
遠目からでも頭を下げてお悔やみの気持ちを
伝えるのが丁寧な対応方法となります。

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【親族の場合】

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【親族の場合】

次に通夜や葬儀・告別式において
親族にかけるべき言葉ですが、
まとめると以下の通りです。

  • 「寂しくなりますね」
  • 「突然の訃報で驚きました」
  • 「心中お察しいたします」

上記の通り。

「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などの
言葉は、喪主や遺族にお悔やみの気持ちを
伝える際に使う言葉になります。

親族の場合は喪主や遺族と立場が異なるので、
かける言葉は悲しい気持ちを共有し合う言葉を
伝えるのが正しい挨拶方法です。

また特に親族と親交関係が深くない場合は、
無理に声をかけずに葬儀が終わるのを
心静かに待つようにしましょう。

スポンサーリンク

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【受付の場合】

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【受付の場合】

次に通夜や葬儀・告別式において
受付にかけるべき言葉ですが、
まとめると以下の通りです。

  • 「この度はご愁傷様でございます」
  • 「この度は心よりお悔やみ申し上げます」
  • 「心中お察しいたします」
  • 「誠にご愁傷様です。御霊前に(香典を)お供えください」

上記の通り。

葬儀における受付は

  • 故人の遠い親族
  • 自治会関係
  • 会社関係
  • 受付代行業者

などが取り仕切っていることがほとんどです。

しかし葬儀式場についたら受付は1番最初に
お悔やみを伝える場所でもあるので、
喪主や遺族と同じ内容の言葉をかけるのが
葬儀のマナーとなります。

また香典は供養の気持ちを伝えるとともに、
『故人の霊前に備える金品』という役割もあるので
御霊前に(香典を)お供えください」と
付け足すと、より丁寧ですね。

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【友人の場合】

通夜や葬儀・告別式でかける言葉【友人の場合】

次に通夜や葬儀・告別式において
友人にかけるべき言葉ですが、
まとめると以下の通りです。

  • 「この度は急なことで大変だったね」
  • 「この度は突然のことで。。。」
  • 「この度はお気の毒なことで。。。」
  • 「この度はご愁傷様でした」

上記の通り。

ただし実際の葬儀となると、
声をかけれないのが本音です。

実際に友人の弟が亡くなった際の
葬儀に参列した経験がありますが、
ただただ悲しみに暮れており、
声をかけるどころの状態ではありませんでした。

なのでもし友人に声をかける際には
やわらかい言葉遣いで話しかけつつ、
友人のことを気遣っている意思表示を
示していくことが大切となります。

長いお悔やみの言葉を伝えるのではなく、
『一言』にお悔やみの気持ちを込めることが
参列者に求められる最低限の気遣いです。

通夜や葬儀・告別式でかけてはいけない言葉

通夜や葬儀・告別式でかけてはいけない言葉

ここまで状況別で、通夜や葬儀・告別式にて
かけるべき言葉をまとめていきました。

では逆に通夜や葬儀・告別式で
かけてはいけない言葉とは何があるのでしょうか?

まとめると以下の通りです。

  • 書き言葉によるお悔やみの言葉
  • 忌み言葉や重ね言葉
  • 励ましの言葉

せっかくお悔やみの気持ちを伝えようとしても、
たった一言で葬儀において失礼に値してしまう
ケースも少なくありません。

なのでこれから紹介する言葉は、
葬儀中は決して使わないように心がけましょう。

書き言葉によるお悔やみの言葉

よく間違いがちではありますが、
以下の言葉は書き言葉によるお悔やみの言葉なので
人に話しかける際に使ってはいけません。

  • 「哀悼の意を表します」
  • 「ご冥福をお祈りいたします」

「哀悼の意を表します」は
『人の死を悲しみ、心が痛む』という
意味合いがありますが、書き言葉です。

また「ご冥福をお祈りいたします」は
『故人の死後の幸福を祈る』という意味が
ありますが、書き言葉として使用されます。

書き言葉は基本的に弔電や手紙などで
使用するのが適切なので、
喪主や遺族に言葉をかける際には注意しましょう。

忌み言葉や重ね言葉

忌み言葉や重ね言葉

葬儀マナーとして
『忌み言葉』や『重ね言葉』は使用しないのが
正しいマナーとなります。

  • 忌み言葉・・・不吉な意味合いがあるとされている
  • 重ね言葉・・・不幸が重なると言われている
またそれぞれの言葉の例をあげると
以下の通り。
(忌み言葉の例)
  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 無くす
  • 滅ぶ
  • 迷う
  • 倒れる

(重ね言葉の例)

  • わざわざ
  • たまたま
  • 重ね重ね
  • しばしば
  • いよいよ
  • くれぐれも

他にもたくさんありますが、
ついつい使いがちな言葉が
忌み言葉や重ね言葉となることがあります。

なので実際に言葉をかける際には
できるだけ避けるようにしましょう。

励ましの言葉

参列者の中には悲しみを和らげようと
励ましの言葉をかける場合もありますが、
遺族に対して負担に感じる場合があるので
やめておきましょう。

励ましの言葉の例を示すと、以下の通りです。

  • 「頑張ってください」
  • 「故人もみんなに見送られて幸せですよ」
  • 「元気を出しましょう」

たった一言ではありますが、
実際に上記の言葉を伝えたことによって
トラブルが巻き起こしてしまったという
事例も経験があります。

参列者の心構えとして大切なのは、
余計なことは言わずに悲しみが落ち着くのを
見守ることが求められるので、言葉選びには
注意が必要です。

まとめ|葬儀の場ではかける言葉選びを慎重に選ぼう

葬儀の場ではかける言葉選びを慎重に選ぼう

ここまで葬儀でかける言葉を
喪主や遺族・親族・受付・友人別で
紹介してきました。

葬儀の場というのは、
言葉ひとつで感謝されることもあれば
相手にとっては失礼な言葉と感じ取られる
場合もあります。

言葉とはそれだけ相手に与える力が強く、
心が不安定になりがちな葬儀においては
より大きな力となるのです。

なのでこれから葬儀に参列する方は、
ぜひ本記事を参考にして失礼のない
言葉遣いを心かげてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

スポンサーリンク
【葬儀でかける言葉まとめ】喪主・親族・受付・友人別でプロが解説
最新情報をチェックしよう!