【葬儀に行けない人必見】葬式に参列できない時にすべき対応方法

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

自分にとって大切な人が亡くなり
葬儀(葬式)に行きたいと思っていたけど、
大切な用事があって行けないという人は
いませんか?

本当は葬儀に参列したかったけど
行けなくなった場合、どうにかして
故人や遺族に対して弔意を表したいと
感じるものですよね。

そこで本記事では、葬儀(葬式)に
行けない・参列できない時にすべき対応方法や、
葬儀後にできる対応方法を紹介していきます。

「葬儀に行かないと失礼に値するのでは?」と
感じるかもしれませんが、本記事の対応策を
実行すればむしろ遺族から感謝される結果に
なるはずですよ。

葬儀(葬式)に行けない・参列できない場合は早めの連絡を

葬儀(葬式)に行けない・参列できない場合は早めの連絡を

もし葬儀に行けない・参列できないと分かったら、
早めの連絡をしましょう。

なぜなら葬儀に行けないことを
早めに伝えなくては、いろいろな取り決めを
行っているご遺族に対して負担をかけさせる結果と
なってしまうからです。

早めに連絡をしないと遺族に負担をかけさせる結果に

例えば葬儀が執り行われるとなると、遺族は
「あの人は葬儀に来てくれるだろう」と
なんとなくの予測をして、料理やお香典の
返礼品などを用意をする場合があります。

しかしそんな矢先に葬儀に行けないという連絡が
遅くなってしまうと、せっかく用意していたものが
必要なくなり、遺族に結果的に負担をかけさせて
しまう結果になりかねません。

中には「葬儀に行けない・参列できない」という
連絡を躊躇する人もいますが、早めに連絡を
した方がより丁寧であり、逆に感謝される
存在となりますよ。

葬儀に行けない理由をちゃんと伝えれば失礼にはならない

ただ中には、葬儀に行けない理由を
伝えることに抵抗を持つ人も
いるのではないでしょうか。

しかし結論、正直に行けない理由を伝えれば
遺族も多くは追求しません。
逆に多くを語りすぎると時間を取らせる
ことになり、余計な負担をかけさせる
結果になってしまいます。

伝え方は端的に、
「仕事のため」「病気のため」「諸事情があって」
などで大丈夫です。

葬儀が執り行われるとなると、
遺族は時間に追われたりすることが多いもの。

葬儀に行けない理由を端的に伝えて遺族に
負担をかけさせないことが、葬儀に行けない人が
最初にできる最善の心配りですよ。

葬儀(葬式)に行けない・参列できない時にすべき対応方法

葬儀(葬式)に行けない・参列できない時にすべき対応方法

葬儀に行けないという連絡をしたあとは、
目に見えるもので弔意を示すのが
より丁寧な対応方法です。

なのでもし
「葬儀には行けないけど、ちゃんと弔意を示したい!」
という方は以下の方法で対応していきましょう。

  • お香典を送る
  • 供物や供花を送る
  • 弔電を送る
  • お悔やみの手紙、またはメールを送る

順番に解説していきます。

お香典を送る

葬儀に行けない時は、
お香典を送るというのも弔意を示す
1つの方法になりますね。

お香典はそもそも亡くなられた方の
霊前に供えるもので、線香や花、抹香の
代わりになるので弔意を示すのにも最適です。

ちなみに送り方としては、

  • 代理の人に依頼をして渡してもらう
  • 郵送する

の2通りの方法があります。

より丁寧なのは代理の人に依頼をして
直接手渡しをするのが一番ですが、難しそうなら
郵送でも問題ありません。

ただし中には、家族葬だからという理由で
『香典辞退』をしている時も。。。

そんな時はご遺族に直接伺うか、
葬儀社に連絡をとりしっかりと確認を
とってから香典を送るようにしましょう。

供物・供花を送る

葬儀に行けない時は、
供物や供花を送るのも弔意を示す
方法の1つになります。

祭壇周りに飾りつつも送った人の名札を
付けてくれるので、ご遺族に分かりやすく
弔意を示すことが可能ですね。

ちなみに供物や供花の金額は、
「10,000円」「15,000円」「20,000円」
なのが一般的。

送る際には葬儀社に直接依頼をするのが
一般的な流れですが、別でお願いしたい供物や
供花専門の業者に依頼をして配達してもらうのも
問題ありません。

ただしもし他の業者に依頼するとなると、
他の供物や供花と見た目が異なり、
ご葬儀の時に悪目立ちしてしまったという
事例もしばしば。。。

できるかぎり供物や供花は同じものを揃えた方が
見た目が綺麗なので、送る際には遺族と同じ
種類の供物や供花を用意するようにしましょう。

弔電を送る

弔電を送るのも、弔意を示すために
最適な方法の1つです。

弔電はお悔やみの気持ちを
遺族に届けるとともに、なんらかの理由で
葬儀に行けないとなっても喪主宛に送ることで
弔意を示すことができます。

ちなみに弔電を作ってくれる
電報サービスを取り扱っている場所は、

などが有名です。

早めに依頼をすれば当日配達も可能なので、
依頼をしたい人は早めに連絡をしましょう。

お悔やみの手紙、またはメールを送る

もし遺族や亡くなられた方に一言伝えたい
場合には、お悔やみの手紙やメールを送るのも
1つの方法ですね。

遺族に対して言葉で弔意を示すことも
できますし、自分の言葉で亡くなった方への
想いを伝えることもできます。

例えば、供物や供花などと一緒にお悔やみの
手紙を添えたりメールを送ったりすると、
より丁寧で親切です。

葬儀に行けないお詫びの言葉や遺族のことを
気遣う文章があれば、遺族も喜んでくれること
間違いありませんね。

葬儀(葬式)に行けない・参列できない人が後日できる対応

葬儀(葬式)に行けない・参列できない人が後日できる対応

葬儀に行けない・参列できない人がすべき
対応方法を紹介してきました。

ここまで紹介した方法を駆使すれば、
葬儀に行かなかったとしても
失礼には値しません。

しかしより丁寧な対応をするなら、
後日できる配慮があります。
それが、「自宅に弔問をする」という配慮です。

自宅に弔問をする

自宅に弔問をすることで、葬儀の時に
伝えたかった言葉を伝えることができますし、
直接的に故人を弔うことができます

葬儀に行けない理由は知ったものの、
遺族にとっては葬儀に来てくれなかったことを
残念に感じる人がいる場合も。。。

しかしそんな時に、後日あらためて家を訪れ
亡くなられた人の弔いに来てくれたら、
遺族は感謝の気持ちでいっぱいになることは
間違いありません。

葬儀に行けない代わりに香典や供物を
送るだけで終わらせる人もいますが、
自宅に弔問をすることで弔意をより深く
示すことが可能です。

もちろんお互いの関係性にもよりますが、
より丁寧な対応をしていきたいというなら、
自宅に弔問をするのはおすすめの方法となります。

【注】自宅弔問は必ず確認を取ってから伺う

ただ中には密葬をしたなどを理由に、弔問を
嫌がる人も少なくありません。

よっぽどの理由がないと弔問を断られることは
ありませんが、必ず確認をとってから
伺うようにしましょう。

葬儀が終わった後にできることは、
どれだけ遺族に対して配慮できるかが鍵を握ります。
できる限り失礼のない対応をしていくのが、
葬儀に行けなかった人の最善の配慮ですよ。

葬儀(葬式)に行けない人はできる限りの配慮をしよう

葬儀(葬式)に行けない人はできる限りの配慮をしよう

ここまで、葬儀に行けない人がすべき
対応方法について詳しくまとめていきました。

あらためてまとめると、葬儀に行けない人は

  • 早めに葬儀に行けない連絡をする
  • お香典を送る
  • 供物や供花を送る
  • 弔電を送る
  • お悔やみの手紙、またはメールを送る
  • 後日あらためて自宅を訪問する

などの対応を取るようにしていけば
問題ありません。

さらにより丁寧な対応をしていきたいなら、
後日あらためて自宅に弔問をすれば、
遺族に感謝されることでしょう。

しかし葬儀に行けない人が心がけなくては
いけないことは、遺族に対する配慮です。

故人を弔う気持ちを表していくのも
もちろん重要ですが、葬儀を執り行うのは
遺族となってきます。

そんな遺族の負担をかけさせない
対応をしていくことが、深い弔意示していく
最善の方法ですよ。

それでは以上となります。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!