葬儀費用を安く抑える10個のコツ【葬儀業界歴10年のプロが暴露】

葬儀費用を安く抑える10個のコツ【葬儀業界歴10年のプロが暴露】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀をこれから執り行う予定の人の中で、
葬儀の費用をできるだけ安く抑えたいと
考えている人はいませんか?

葬儀費用はどうしても高いイメージなので、
できるだけ費用を安くする方法を
知りたいものですよね。

そこで本記事では、葬儀費用を安く抑える
10個のコツをまとめていきました。

【本記事を見て分かること】

  • 葬儀費用が高くなってしまう理由
  • 葬儀費用を安く抑える10個のコツ
  • 【種類別】葬儀の費用相場
  • 葬儀費用を安く抑えたい人が知っておくべき注意点

本記事を読むだけで葬儀費用を安く抑えられ、
さらには葬儀の種類別の費用相場や
気を付ける注意点が分かるので、
損をしない葬儀を執り行うことができますよ。

※かなり詳細に書いていますので、
読むのに5分〜7分程度かかります。
時間があるときに読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

葬儀費用が高くなってしまう理由

葬儀費用が高くなってしまう理由

葬儀費用を抑えるコツを伝える前に、
そもそもなぜ葬儀費用が高くなってしまうのか
ご存知でしょうか?

根本的な原因を知らなくては、
葬儀費用を安く抑えるコツを知ったとしても
ちゃんとした形で費用を抑えることは
できません。

なのでまずは葬儀費用が高くなってしまう原因を、
実際に葬儀社に勤めていた経験を生かして
わかりやすく解説していきます。

予想外の追加料金が発生してしまう

葬儀費用が高くなる1つ目の理由は、
「予想外の追加料金が発生してしまう」
という理由ですね。

葬儀の見積もりを事前にとっていても、
実際に葬儀が始まるまでには
追加注文を葬儀社に依頼することが多く
予想外の金額を請求されることがあります。

例えば、追加料金が発生してしまう
事例というのが以下の通り。

  • お花を追加して祭壇を綺麗に飾ってもらった
  • 死化粧をして故人を綺麗にしてもらった
  • シンプルな棺ではなく、綺麗な棺にしてもらった
  • 料理が足りなかったので追加で頼んだ
  • 故人の状態が悪く、葬儀社に処置をしてもらった

実際に追加費用が発生した事例を紹介しています。

葬儀を開くとなると何が起こるかは
誰も予想がしづらい部分があり、
思いがけない部分で費用がかさむことは
多々あること。

なので見積もりを取る際には、
提示された金額よりさらに上乗せされると
予想をしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

打ち合わせ時に正常な判断ができない

2つ目の葬儀費用が高くなる理由が、
「打ち合わせ時に正常な判断ができない」
という理由です。

どうしても大切な人を亡くした後というのは、
誰もが精神的負担を体に感じていることが多く、
正常な判断がしにくい状況にあります。

実際に想像をしていただきたいのですが、
昨日まで話していた人が次の日に亡くなった後に
葬儀の見積もりをちゃんとした形で
取ることができるでしょうか?

実際の葬儀の現場を知っている僕としては、
正しい判断で葬儀の見積もりをとった人は
ほとんど見たことがありません。

葬儀担当者の口車にのせられないことが大切

精神的に正常な判断ができない時は
葬儀社に頼るしかありませんが、
葬儀社スタッフが言うことを
そのまま鵜呑みにして聞いてはいけません。

葬儀社もど売り上げをあげることを
考えているので、少しでも高い費用を
払ってもらうように話を進めていくのです。

正常な判断ができない遺族というのは
「もうそれでいいです。」と考えることを
諦めてしまい、言われるがままに葬儀費用を
決めてしまうことも少なくありません。

葬儀社の口車にのせられないようにするのが、
葬儀費用を決めるときには求められますよ。

スポンサーリンク
葬儀費用を安く抑える10個のコツ【葬儀業界歴10年のプロが暴露】
最新情報をチェックしよう!