【実際に見た葬儀の親戚トラブル事例】トラブルが起きる原因と対策法

【実際に見た葬儀の親戚トラブル事例】トラブルが起きる原因と対策法

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる
「あなたの葬儀」代表の堺です。

これから葬儀を執り行う予定の人や
実際に葬儀真っ最中の人の中で、
親戚との間でトラブルが起きてしまうことを
心配している人はいませんか?

葬儀において遺族と親戚同志の意見が合わないと、
喧嘩をしてしまうという事例は少なくありません。

ただできれば親戚とのトラブルは避けつつも、
満足のいく葬儀をしたいと思う人が
ほとんどかと思われます。

そこで本記事では、葬儀会社に勤めていたときに
実際に見てきた葬儀における親戚トラブル事例を
紹介しつつ、事例からわかった
トラブルが起きる原因を紹介していきます。

【本記事を見てわかること】

  • 実際に見た葬儀の親戚トラブル事例
  • 葬儀で親戚トラブルが起こる原因
  • 葬儀で親戚トラブルが起きないようにするための対策法

本記事の最後には、葬儀で親戚トラブルが
起きないようにするための対策法
についても
まとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

実際に見た葬儀の親戚トラブル事例

実際に見た葬儀の親戚トラブル事例

葬儀社に勤めていた私ですが、
実際にいろんな親戚とのトラブル事例を
見てきました。

そんな親戚とのトラブル事例について
詳しくまとめていきましたので、
これから葬儀を迎える人や今葬儀中の方は
ぜひ参考にしてみてください。

事例①:家族葬を開くことに親戚の方が反対

私が葬儀の打ち合わせをしていた時のこと。

遺族の人と家族葬を開くことを決めたのですが、
しばらくして遺族の人が
「やっぱり一般的な葬儀にしようと思う。」
急遽、葬儀の内容を変更してきました。

詳しく理由を聞いてみると、
どうやら親戚の人が家族葬を開くことに
猛反対をしてきた
のが原因だったようです。

親戚の中には「昔ながらの葬儀が当たり前」と思っている人が多い

親戚の中で、特に高齢者の方が該当するのですが。

昔ながらの葬儀を見ることが多いと、
どうしても近所の人や友達などを呼ぶ
一般的な葬儀が当たり前だという
考え方を持ち合わせています。

そんな中、あまり知らない葬儀の形に対しては
抵抗感を覚えてしまい、最終的には
自分たちが知っている葬儀の形を
押し付けてくることがあるのです。

近年は家族葬などが流行っているとはいえ、
親戚の人からの理解を得なくては
なかなか実現は難しいという事例でした。

事例②:金銭をかけない葬儀を開いて親戚の方が激怒

葬儀の形はさまざまでして、
中には金銭を極力かけないような
シンプルな葬儀(直葬や密葬など)も
あります。

そんな中、葬儀を担当したお客様の中で
「お金をかけずに葬儀を開きたい」という
要望を見積もり相談の際にお聞きしました。

なのでできる限りお金をかけず
家計に大きなダメージを与えない程度の
見積もりを提案し、納得のいく形で
シンプルな葬儀を決行いたしました。

しかしお通夜になって親戚の方が集まると、
ある親戚の代表の方が喪主に対して激怒。

聞いてみると、「こんなシンプルな祭壇では故人が報われない。もっと豪勢な祭壇やお花を飾ってお見送りをするべきだ!」とのことでした。

シンプルすぎる葬儀の形が気にくわない親戚の方もいる

昔から葬儀を見ている親戚の方からすると、
金銭をかけていないシンプルな葬儀というのは
「亡くなった人に対して失礼な葬儀」
感じてしまうということも少なくありません。

近年は葬儀にお金をかけない人が
増えてきているのが現状ですが、
『葬儀=お金をかけるもの』という考え方を
持った人は少なからずいらっしゃいます。

安い葬儀が注目を集めつつありますが、
必ずしも安ければいいというわけでは
ないということがわかった事例でした。

事例③:遺産についての話し合いでトラブルに

この事例のみ、私の祖母が亡くなった時の出来事をお話しています。

お通夜が終わって通夜振る舞いを迎えた時に、
親戚の人がいきなり私の母親に対して
「遺産はどうするのか?」という
お話をしてきました。

母親としては遺産のことは葬儀が終わった
後に考えたいという意向を示していましたが、
親戚の方は気にせず話を進めようと
していたのです。

すると私の父も痺れを切らしたのか、
「今はそんな話をしている場合じゃあないだろう!」と口論になり、
挙げ句の果てには家族との縁を切ろうとも言い出してしまいました。

葬儀中に遺産の話をする親戚の方もいる

葬儀中に遺産についての話し合いを
することは少ないと思うのですが、
実際に目の当たりにしましたので
事例として紹介させていただきました。

遺産を相続する権利があるのは
故人と血縁関係の深い遺族が中心となりますが、
亡くなられた方の意向次第では、遠い親戚にも
遺産をもらう権利が与えられることもあります。

親戚の人の中には、お金に目が眩んでしまい
遺族の気持ちを気にせずにお金の話をするという
ことも少なくありません。

遺産におけるトラブルは本当に多いので、
事例として上げさせていただきました。

葬儀で親戚トラブルが起こる原因

葬儀で親戚トラブルが起こる原因

ここまで実際に見てきた
葬儀の親戚トラブル事例を
紹介してきました。

ただ実際に目の当たりにすると
わかりましたが、葬儀で親戚との
トラブルが起こってしまうのには
以下の理由があることがわかりました。

  • 葬儀の内容を親戚と話し合いをしていなかった
  • 葬儀にかかるお金の相談を親戚にしていなかった
  • 遺産をどうするのかを全く考えていなかった

主には、『葬儀内容』『葬儀費用』『遺産』などが
トラブルを引き起こしていた原因でした。

ただ親戚トラブルが起きてしまう
本質的な原因は、しっかりと葬儀に向けた
事前準備を
していなかったこと
にあるのかなと
思われます。

なぜなら、もし事前にしっかりとした
準備をしていたら、親戚の人も葬儀の内容も
満足のいくものを出せれたでしょう。

そして葬儀のお金部分も親戚の人が
納得のいく形で決めていれば、
特にトラブルは起きなかったはずです。

実際に紹介した事例に関わった遺族の方は、
ほとんど「葬儀に向けた準備をしてこなかった」
答えていました。

どうしても葬儀とはいつ起きるか
分からない部分もありますので、
普段の生活の中では目を背けがちです。

しかし事前にしっかりと準備をしておけば、
親戚とのトラブルが起きても
対策を施すことができます。

次の項目からは、葬儀を開くにあたって
親戚同士のトラブルが起きないように
するための準備・対策法を紹介するので
ぜひチェックしておいてくださいね。

葬儀で親戚トラブルが起きないようにするための対策法

葬儀で親戚トラブルが起きないようにするための対策法

葬儀において親戚トラブルが
起きないようにするためには、
以下のような対策を施していくことが
大切になります。

  • 葬儀の事前相談をしておく
  • 事前に親戚の人に葬儀プランを共有しておく
  • 葬儀の打ち合わせ時は親戚の人にも同席してもらう

上記の通りです。

それぞれどのような対策法なのか、
順番に解説していきます。

葬儀の事前相談をしておく

葬儀社や専門家に葬儀の事前相談をしておき、
内容や金額規模を把握しておくことは
親戚トラブルをなくすために必要な
対策法になります。

なぜなら事前に相談をしておけば、
親戚の人とのトラブルが
起きないようにするための
対策を立てれるからです。

例えば私はこれまでに
約1,000組ほどのご葬儀を見てきましたので、
各家庭における親戚と遺族の関係性は
手に取るようにわかります。

なので私は葬儀の事前相談をされた際には、
まず以下のような確認をとります。

  • 「親戚の中で権力を持った人はいますか?」
  • 「親戚の中に葬儀のことで口を出してくる人はいますか?」
  • 「希望する葬儀プランは親戚の人が納得しそうな内容ですか?」

実際に親戚の人とのトラブルは多いので、
相談をされたら必ず上記の内容の
質問をさせていただきます。

そうすることで遺族となる人のことを考えた
葬儀プランを提案できるだけでなく、
親族とのトラブルを避けるための
対策を立てれる
のです。

葬儀社や私のような専門家は、
トラブルを避けるための対策法の知識を
持ち合わせているので、早めに事前相談に
いくのはおすすめの対策法と言えますね。

以下の記事では、事前相談の方法を
まとめていますので、気になる方は
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀の相談をしたいと考えている人の中で、どうやって葬儀の相談をすればいいのか分からないという人はいませんか?実際に葬儀の相談した方がいいとは感じているけ[…]

葬儀の相談はどうやるの?【葬儀のプロが相談窓口の活用方法を紹介】

事前に親戚の人に葬儀プランを共有しておく

事前に親戚の人に対して、遺族が考えている
葬儀プランを共有しておくことも
トラブルを避けるための対策法です。

なぜなら葬儀プランを共有しておけば、
葬儀の内容に不満を持つこともなく
金銭面の部分でも対策を立てることが
できるからになります。

最近では終活をする人も増えていますが、
家族以外にも親戚の人に終活をしていることを
伝えている人も少なくありません。

その際に「私の葬儀はこんな内容でしたい」と
遺言などを残しておけば、親戚の人も
文句などは言えないでしょう。

もちろん事前に親戚の人に葬儀のことを
伝えるのは失礼になると考えるかもしれませんが、
「トラブルが起こる可能性がある」と事前に
わかっているのであれば対策をすべきです。

後になって後悔してしまうことは
葬儀において特にあることなので、
早めの対策をしておくことが大切になります。

終活に必要な準備の仕方が分からない方は、
以下の記事が参考になるなので
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀の準備を進めていきたいと思っていても、何から始めたらいいのか分からないという方はいませ[…]

【終活に必要な9つの準備】始めるタイミングや失敗しない終活の進め方

葬儀の打ち合わせ時は親戚の人にも同席してもらう

もし親戚の人が葬儀の打ち合わせ時に
間に合っているのであれば、
親戚の人にも同席してもらうというのも
1つの対策法になります。

なぜなら一緒に同席をしてもらうことで
葬儀の内容や金額面を決めていけるので、
トラブルを避けることに繋がるからです。

実際に私は何度も葬儀の打ち合わせを
したことがありますが、親戚の人と
一緒に打ち合わせをすることは
特に珍しくはありません。

葬儀を経験したことがない人が
喪主を務めるとなった場合、
隣に葬儀に詳しい親戚の人がいるだけで
心強く感じるものです。

親戚の人の中には葬儀に詳しい人が
いる時もあるので、もし不安な場合は
一緒に同席をしてもらえば
安心して打ち合わせを進めることができますよ。

まとめ|葬儀における親戚トラブルは事前対策で避けることができる

葬儀における親戚トラブルは事前対策で避けることができる

ここまで葬儀における親戚トラブル事例や原因、
対策法についてまとめていきました。

親戚とのトラブルは葬儀において
起きがちですが、しっかりと事前に
対策をしておくことで避けることが
できます。

そして遺族となる方が、どれだけ葬儀に
目を向けることができるのかで
トラブルをしっかりとした形で避けれるかが
決まってくると言っても過言ではありません。

なのでぜひ本記事を参考にして、
親戚トラブルのない葬儀を
執り行うようにしていってくださいね。

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

【実際に見た葬儀の親戚トラブル事例】トラブルが起きる原因と対策法
最新情報をチェックしよう!