【香典の受け取り方と渡し方】受付・参列者のマナーと挨拶方法を紹介

【香典の受け取り方と渡し方】受付・参列者のマナーと挨拶方法を紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

香典を受け渡しする際に
どのように香典を受け取るべきか、
またはどのようにして香典を渡すべきかで
迷っている方はいませんか?

葬儀を経験したことがない人からすると
受付では特別な挨拶の仕方はあるのか、
渡し方にマナーがあるのか、など
分からないことだらけですよね。

そこで本記事では、香典を受付で
受け渡しする流れを解説してから
香典の受け取り方と渡し方を紹介していきます。

本記事を読むだけで受付と参列者どちらもが
覚えておくべき受付マナーが分かるので、
これから受付の準備を進める人も香典を渡す人も
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

香典を受付で受け渡しする際の流れ

香典を受付で受け渡しする際の流れ

香典の受け取り方と渡し方を
紹介していく前に、香典を受付で受け渡しするまでの
流れを紹介していきます。

主には以下のような流れで進んでいくので、
これから受付をする人や香典を渡す人は
一連の流れをぜひ覚えておいてください。

  1. 受付に参列者が香典を持参する
  2. 参列者に芳名帳を書いてもらうよう受付の人が案内する
  3. 参列者が芳名帳を記載したら香典を受付に渡す
  4. 香典を受け取った受付の人は返礼品を渡す
  5. 香典返しを受け取った参列者は式場へと進む

地域や宗教の方針によっては
流れが異なる場合もありますが、
基本的な流れは上記の通りに進みます。

それぞれの詳しい説明は後に解説していきますが、
失礼のない対応をしていくには一連の流れを
理解しておくことが大切です。

なのでこれから香典を受け取りする人も渡す人も、
だいたいの流れを理解してから
次の項目を読み進めてみてください。

香典の受け取り方マナー【受付の人向け】

香典の受け取り方マナー【受付の人向け】

ここまで香典を受付で受け渡しする際の
一連の流れを紹介してきました。

次は受付を手伝う人が覚えておくべき
香典の受け取り方マナーを紹介していきます。
まとめると以下の通り。

  • 芳名帳を記入してもらうように促す
  • 参列者に挨拶をしてから香典を受け取る
  • 香典を受け取ったら返礼品を渡す

香典を受け取る際には
上記の内容は最低限のマナーなので
しっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

芳名帳を記入してもらうように促す

香典を受け取る前に、まずは参列者に
芳名帳を記入してもらうように
促していきましょう。

芳名帳とは参列者の名前や住所を記載する
ノートのようなものでして、喪主が
香典返しをする際に必要となってきます。

葬儀に参列する人の中には
すぐに香典を渡そうとする人がいますが、
芳名帳を書いていない場合には
受け取ってはいけません。

なので必ず芳名帳に記帳をしてもらってから
香典を受け取るようにしていきましょう。

参列者に挨拶をしてから香典を受け取る

香典を受け取る際には、
香典を渡してきた参列者に対して
挨拶をしていきましょう。

香典を受け取ることになるので
感謝の気持ちを伝えなくてはいけませんが、
決して大きな声で挨拶するのではなく
控えめな言葉でお礼を伝えます。

例えば

  • 「御丁寧にありがとうございます」
  • 「お預かりいたします」
  • 「恐れ入ります」

などの簡単な挨拶で問題ありません。

受付はあくまで香典を受け取る場所なので、
長話は禁物です。

ただし挨拶をする際には忌み言葉や重ね言葉など、
葬儀に相応しくない言葉を使わないようにだけ
注意しましょう。

香典を受け取ったら返礼品を渡す

香典を受け取ったら、喪主が用意してくれている
返礼品を渡していきましょう。

受付は、基本的に2人以上いるのが基本です。

1人は挨拶をしつつ香典を受け取り、
もう1人が返礼品の準備をするのが
理想的な役割分担になりますね。

参列者の中には急いで式場に進みたいと
考えている人も多いので、できるだけ早めに
式場に行けるようにスムーズな対応を
心がけましょう。

スポンサーリンク

香典の渡し方マナー【参列者向け】

香典の渡し方マナー【参列者向け】

ここまで受付の人がすべき
香典の受け取り方におけるマナーを
紹介してきました。

次に香典を渡す参列者側の
渡し方におけるマナーについてです。
参列者が香典を渡す際には、
以下の点に気をつけて渡していきましょう。

  • 芳名帳を記帳してから受付に進む
  • 袱紗(ふくさ)から香典を出してから渡す
  • お悔やみの言葉を伝えて香典を渡す

順番に解説していきます。

芳名帳を記帳してから受付に進む

香典を渡す前にまずは芳名帳に
記帳をしていきましょう。

芳名帳は誰が香典を持ってきたのか、
どこに香典返しを送ればいいのかを
喪主に確認するために必要なものです。

書く内容は芳名帳の種類によって違いますが、

  • 住所
  • ご芳名
  • 電話番号
  • 会社名・団体名
  • 故人との関係性
  • 通夜・告別式どちらに参列したか

などを記帳していく必要があります。

受付に進むと受付スタッフに
芳名帳を記帳するように促されるので、
香典を渡す前に書き進めていきましょう。

芳名帳の書き方に関しては
以下の記事でも詳しくまとめているので
ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。お通夜に参列する予定の人の中で、以下のような悩みを抱えている人はいませんか? 芳名帳を記帳す[…]

お通夜での芳名帳を記帳する際の書き方【意味や流れをプロが解説】
スポンサーリンク

袱紗(ふくさ)から香典を出してから渡す

香典は袱紗(ふくさ)に包んでから
受付に持参するのが葬儀のマナーです。

袱紗には「礼節を重じています」という
心遣いを意味していたり、
香典袋が汚れないようにするための
役割を果たしています。

準備が間に合わず何も包んでいない状態で
香典を渡す人もいますが、
葬儀のマナーとしてはよくありません。

なのでもし準備が間に合うということなら、
袱紗に香典袋を入れて渡すのが
より丁寧な対応と言えますね。

お悔やみの言葉を伝えて香典を渡す

香典を渡す際には、
お悔やみの言葉を伝えてから
香典を渡すようにしましょう。

例えば「この度はご愁傷様です」
受付に伝える言葉として最適な言葉ですね。

ただ「この度は…」という言葉は
はっきりとした口調で伝えるのではなく、
少し抑えめの声で伝えていく方が
悲しみの感情を伝えやすくなります。

はっきりとした口調で
お悔やみの言葉を告げてしまうのは
受付の人に対して失礼になる場合もあるので
お悔やみの言葉を伝える際には注意しましょう。

香典を受付で受け渡しする際によく出るQ&A

香典を受付で受け渡しする際によく出るQ&A

ここまで受付で香典を渡す際の
渡し方についてまとめていきました。

最後に香典の受け渡しにおいてよく出る
疑問点に対しての回答をしていきます。

スポンサーリンク

香典を受け取ったら中身を確認するの?

香典を受け取っても、
決して中身を確認しないようにしましょう。

受付のお手伝いをする人というのは、
故人の遠い親戚か会社関係者、
自治会関係者などが受け持つことがあります。

しかし香典はあくまで喪主に渡すものでして、
受付の人に見る権利はありません。

金額の確認などは葬儀が終わった後に
行うものなので、受付にいるからといっても
決して中身は見ないようにしましょう。

受付で参列者を待っている間にすべきことはある?

受付で参列者を待っている間には、
香典の整理をしたり返礼品の準備をしたりして
心静かに待ちましょう。

時間帯によっては時間を持て余すことも
ありますが、受付は参列者にとって
葬儀で1番最初に訪れることになる場所です。

なので参列者に失礼のないように、
できるだけ会話も小声で行うなど
静かに待っておくのが守るべきマナーになりますね。

スポンサーリンク

香典のお返しの返礼品を葬儀後にもらうことは可能?

基本的には香典に対する返礼品は
香典をもらったらすぐに渡すのが
一般的です。

しかし荷物が大量にある場合や
参列者の両手が塞がっている場合などは、
無理にその場で返礼品を渡さずに葬儀後に
渡すという流れでも問題ありません。

その際には香典を葬儀後に預かるようにしていき、
葬儀が無事に終わったら返礼品を葬儀後に
渡すようにしていきましょう。

芳名帳を受付の人が書くことはあるの?

参列者の人の中には急いで葬儀に参列しに
くる人もいますが、どのような事情であれ
芳名帳は参列者に書いてもらうようにしましょう。

もし名前のミスがあったりすると
受付のミスとして判断されて、
トラブルの元になりかねません。

受付の人はあくまで参列者の人に
芳名帳を記帳してもらうようにしてもらい、
記帳もれがないかを確認していきましょう。

香典辞退をしている時にも受付を設けるべき?

基本的に香典辞退をしている時は、
受付を設けません。

香典を受け取らない場合には
「香典辞退」と書かれた看板を受付付近に
置くことが多いので、受付に人を置く
必要がないんですね。

ただし香典辞退をする際には
事前に関係者各位に伝える必要がありますので、
香典を受け取らないと決めた場合には
早めに通達をするようにしましょう。

まとめ|香典の受け取り方や渡し方はしっかり覚えておこう

香典の受け取り方や渡し方はしっかり覚えておこう

ここまで香典の受け渡しにおける流れや
受付の人が覚えておくべき受け取り方、
参列者の人が覚えておくべき渡し方について
まとめていきました。

香典はただ渡せばいいわけではなく、
ただ受け取ればいいわけでもありません。

受付を担当する人は参列者に
参列に来てくれたことの感謝の意を示し、
参列者は受付の人にお悔やみの気持ちを
伝える必要があります。

受け取り方と渡し方一つで印象が
大きく変わってしまうこともありますので、
ぜひ本記事を参考にして失礼のない
受け渡しを心がけてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【香典の受け取り方と渡し方】受付・参列者のマナーと挨拶方法を紹介
最新情報をチェックしよう!