香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

これから葬儀に参列する予定の方の中で、
香典を包むのはいくらが正解なのかで
悩んでいる方はいませんか?

香典は状況によって包む金額が異なるので、
自分の立場の場合はいくら包むべきか
迷いがちですよね。

そこで本記事では、
香典はいくら包むべきなのかを
「身内」「親戚」「会社」「友人」別で
紹介していきます。

それぞれの立場別でわかりやすく
包むべき香典の金額をまとめているので、
これから香典を葬儀に持参する予定の方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

香典はいくら包むのが正解か?【身内・親戚・会社・友人】

香典はいくら包むのが正解か?【身内・親戚・会社・友人】

まず第一前提として、
香典の金額は立場や故人との関係性によって
包む金額が大きく変わってきます。

なので「身内」「親戚」「会社関係」「友人」など
立場別によって、包むべき香典の金額は
大きく異なってくるんですね。

ただそれぞれの金額相場はありますので、
ここでは立場別でいくら香典を包むのがいいか
相場を見ていきましょう。

身内の香典金額相場

身内における香典の金額相場ですが、
主には以下の図の通りです。

故人との関係性香典金額相場
自分の親50,000円〜100,000円
※喪主や施主の場合は葬儀料金を支払う形なので、香典を包まないことが多い
自分の祖父・祖母10,000円〜50,000円
※ただし社会人になっていない場合は、両親が支払ってくれることが多いので、香典を包まなくてもよい。
自分の兄弟姉妹30,000円〜100,000円
※ただし他の兄弟姉妹がいる場合、香典の金額に差があるとトラブルの元なので要相談。
配偶者50,000円〜100,000円
※配偶者の親が喪主や施主を務める場合には香典を包む。自分が喪主や施主の場合は葬儀料金を支払う形なので、香典を包まないことが多い。
配偶者の親50,000円〜100,000円
※「自分の親」と同じ金額。
配偶者の祖父・祖母10,000円〜50,000円
※「自分の祖父・祖母」と同じ金額。
配偶者の兄弟姉妹30,000円〜100,000円
※「自分の兄弟姉妹」と同じ金額。

葬儀における身内となると、
「親」「祖父・祖母」「兄弟姉妹」が含まれ、
それぞれの立場で香典の金額相場が異なります。

ただし喪主の場合は葬儀費用を
支払う立場なので、香典を支払わないのが
一般的です。

また配偶者がいるということでしたら、
配偶者の身内も家族と同義になることを
忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

親戚の香典金額相場

次に親戚の香典金額相場ですが、
主には以下の図の通りです。

故人との関係性香典金額相場
自分の近しい親戚10,000円〜30,000円
※「普段からお世話になっている」など親交関係が深いなら多めに包むことが多い。
自分の遠い親戚5,000円〜30,000円
※普段から親しい間柄だったかどうかで、金額を決めることが多い。
配偶者の近しい親戚10,000円〜30,000円
※「自分の近しい親戚」と同じ金額。
配偶者の遠い親戚5,000円〜30,000円
※「自分の遠い親戚」と同じ金額。

親戚の場合は近しい親戚か
遠い親戚かによって包む香典の金額が
大きく変わる場合があります。

ただし普段から親交がない場合などは
金額が少額になる場合が多く、
故人との関係性によっては相場の上限を包んだり
下限で包んだりすることが多いですね。

会社関係(上司・同僚・部下)の金額相場

会社関係(上司・同僚・部下)の金額相場

次に会社関係の香典金額相場ですが、
主には以下の図の通りです。

故人との関係性香典金額相場
会社の上司や上司の家族関係3,000円〜10,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、他の上司より多く包まないことがポイント。
会社の同僚や同僚の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
会社の部下や部下の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。

基本的には会社関係で香典を包む際には、
会社の人と話し合って決めていくのが
一般的です。

会社関係で香典を用意する場合には、
個人ではなく連名にして渡す場合もあります。

注意点としては、自分の上司よりも
多めに包まないのがトラブルを避けるための
ポイントですね。

友人・知人・近所の人の金額相場

次に友人・知人・近所の人の香典金額相場ですが、
主には以下の図の通りです。

故人との関係性香典金額相場
親交が深い友人・知人関係5,000円〜10,000円
※普段からの関係性によって決める。友人関係の場合は相場に左右されず気持ちで包むのがベター。
親交が浅い友人・知人関係
3,000円〜5,000円
※普段からの関係性によって決める。友人関係の場合は相場に左右されず気持ちで包むのがベター。
近所の人・自治会関係者3,000円〜5,000円
※自治会内での決まりや地域の風習に合わせた金額を包むことが多い。

友人や知人関係は、普段からの付き合いによって
金額を決めていくのが一般的です。

普段から親交が深いなら多めに包み、
親交が浅いということでしたら
少なめに相場の下限で包んでも問題はありません。

また近所の人や自治会関係者の場合は、
自治会の決まりや地域の風習に合わせて
香典を包むのが失礼のない対応と言えるでしょう。

スポンサーリンク

香典をいくら包むかは年齢によっても異なる

香典をいくら包むかは年齢によっても異なる

ここまで香典をいくら包むかを
立場別でわかりやすく解説してきました。

ただ香典の相場は立場もそうですが、
自分の年齢によっても相場は左右されます。
年齢を重ねるほど社会経験が豊富になるので、
自然と相場が高くなるんですね。

なのでここでは葬儀に参列することが多い
50代以上、30代・40代、20代別の場合別で
包むべき金額をまとめていきました。

遺族に対して非常識だと思われないためにも、
年齢による香典の相場を覚えておくことも
大切なので、しっかりと押さえておきましょう。

50代以上は相場の上限金額を包むことが多い

50代以上となると社会経験も豊富ということで、
上限金額を包むケースが多いです。

例えば自分の近しい親戚が亡くなった場合は、
上限の30,000円。

他にも親交関係が深い友人が亡くなった場合は、
上限の10,000円を包むといったイメージですね。

ただしあくまで相場の上限金額を包むことが
多いというだけで、絶対に上限を払わなくては
いけないというわけではありません。

まずは故人との関係性を見直してみて、
ふさわしい金額を包んでいきましょう。

スポンサーリンク

30代・40代は相場の平均金額を包むことが多い

30代や40代の場合は、
相場の平均金額を包むことが多いですね。

例えば会社の上司が亡くなった場合は、
平均的な7,000円か8,000円。

他にも親交関係が深い友人が亡くなった場合は、
7,000円か8,000円を包むイメージですね。

ただあくまで目安なので、
相場を考慮しながら自分が包みたいと感じた
香典を包むようにしましょう。

30代・40代の場合は、無理に上限を気にせず
経済的に負担がない程度に包むのがポイントです。

20代は相場の下限を包むことが多い

20代の場合は社会的経験も少ないとあって、
相場の下限を包むことが多いです。

例えば自分の祖父・祖母が亡くなった場合は、
相場の下限の10,000円。

他にも親交関係が深い友人が亡くなった場合は、
5,000円を包むイメージですね。

生活に負担を感じてしまうわない程度に
香典を準備することが大切になります。
上限の金額を包まなくても気持ちは伝わるので、
無理のない金額を包んでいきましょう。

香典を包む際の注意点

香典を包む際の注意点

ここまで年齢別で包むべき
香典の金額についてまとめていきました。

最後に香典を包む際の注意点を紹介します。
まとめると以下の通りです。

  • 金額を多めに包みすぎない
  • 偶数や「4」「9」という数字は避ける
  • ボロボロのお札や新札は避ける

順番に見ていきましょう。

金額を多めに包みすぎない

故人との関係性が深い人ほど
多めの金額を香典で包みたくなるものですが、
葬儀において香典の金額を多めに包むのは
遺族に対して失礼になります。

なぜなら逆の立場で香典を渡すとなった場合に、
同じ金額を包まなくてはいけなくなるからです。

例えば仮に友人の葬式で
100,000円の香典を支払った後に
自分の祖父が亡くなったとしましょう。

そうなると友人は香典をもらった恩義があるので
「同じ金額の香典を包まなくては!」と考え、
100,000円の香典を包んでくれるはずです。

もちろん多めに包むことは悪いことではありませんが、
相場の範囲内で香典を包むのがマナーとなりますね。

偶数や「4」「9」という数字は避ける

偶数や「4」「9」という数字は避ける

葬儀に限らずですが、香典や結婚式の祝儀では
偶数や「4」「9」という数字は避けられます。

なぜなら偶数は2で割り切れることから
『故人との繋がりを切ってしまう』と連想させ、
「4」は『死』、「9」は『苦』を
連想させるからです。

例えば香典の金額なら

  • 3,000円
  • 5,000円
  • 7,000円
  • 10,000円

といった形で用意し、
またお札の枚数は「1枚」「3枚」「5枚」などの
奇数で形で揃えていくのが理想的な形になります。

ただ香典の金額をどうしても
20,000円にしたい場合などは、
10,000円札を1枚、5,000円札を2枚にして
対応していけば問題ありません。

ボロボロのお札や新札は避ける

葬儀のマナーとして、
香典にいれるお札はボロボロのお札や
新札は避けるようにしましょう。

ボロボロのお札は見た目が悪く、
新札の場合は「すでに準備していた」
「訃報の知らせを予想していた」など
悪い印象を遺族に与えてしまうからです。

もし手元にボロボロのお札しかない場合は、
両替をして少しシワや折り目が入っている
お札に変えましょう。

また新札しかない場合は、
あえて自ら折り目をつけて包むなどの
対応をしていけば問題ありません。

まとめ|香典をいくら包むかは相場に合わせて決めよう

香典をいくら包むかは相場に合わせて決めよう

ここまで香典をいくら包むべきか、
それぞれの立場や年齢別で解説し、
包む際の注意点をまとめていきました。

香典をいくら包むかは誰しもが
迷いがちですが、相場に合わせて
準備を進めておけば遺族に対して
失礼になることはありません。

葬儀において香典のマナーは
とても重要になってきます。
なのでぜひ本記事を参考にして
失礼のない対応を心がけてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説
最新情報をチェックしよう!