香典は父親の葬儀でも包むべき?【金額相場や香典のマナーを紹介】

香典は父親の葬儀でも包むべき?【金額相場や香典のマナーを紹介】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
葬儀業界歴10年の「あなたの葬儀」代表の堺です。

自分の父親が亡くなって
葬儀を執り行うことになった人の中で、
「父親でも香典を包む必要はあるの?」
疑問に思っている人はいませんか?

葬儀を経験したことがない人からすると、
自分の父親でも香典を包むべきなのか
分からないところですよね。

そこで本記事では、自分の父親の葬儀でも
香典を包むべきなのかどうかについて
まとめていきます。

【本記事を読んでわかること】

  • 香典は父親の葬儀でも包むべきかの回答
  • 父親の葬儀で香典を包む際の金額相場
  • 父親の葬儀で香典を包む際のマナー
  • 父親の葬儀における香典Q&A

本記事を読むことで葬儀の香典のマナーを
学ぶことができるだけでなく、香典の金額相場や
ちょっとした疑問点が解決できるはずなので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

香典は父親の葬儀でも包むべき?

香典は父親の葬儀でも包むべき?

結論として父親の葬儀における香典は、
喪主の場合は包む必要はありません。

ただし葬儀費用の金銭的負担を負わない場合は、
父親であっても香典は包むべきです。

喪主の場合は包む必要はない

喪主は葬儀を代表する人物でもあり、
葬儀費用を支払う立場の人になるので
香典を包む必要はありません。

昔でしたら喪主が葬儀を取り仕切り、
施主が葬儀費用を包むことが多かったですが、
近年は喪主が葬儀費用も含めて取り仕切ることが
当たり前となってきました。

そして規模によってではありますが、
葬儀費用による喪主の金銭的負担というのは
かなりの負担となってきます。

ただ香典の意味というのはもともと
『死者の霊前にお供えするお香代』ですが、
「葬儀費用の負担を減らしてほしい」という
参列者の思いもこもっているもの。

なので葬儀を主催する喪主は
香典を包む必要がなく、
無事に葬儀を執り行うことができるように
全力を注いだ方がいいのです。

スポンサーリンク

葬儀費用の負担を負わない場合は包むべき

ただし葬儀費用を支払わない場合は、
父親の葬儀に対しての香典は包むべきです。

仮に葬儀費用も払わず香典も包まないとなると、
後の父親の遺産をどうするかの話し合いの際に
トラブルが起きやすくなります。

また喪主以外の故人のお子さんにも、
今まで育ててきてもらったという
父親への恩があるはずです

「今まで育ててくれてありがとう」という
意味合いを香典に込めることもできるので、
喪主以外の故人のお子さん(兄弟姉妹)は
香典を包むようにしましょう。

※ただし兄弟姉妹が社会人になっていなかったり、
香典を渡せるほど経済的に余裕がないなどの
諸事情がある場合は無理に香典を包む
必要はありません。

父親の葬儀で香典を包む際の金額相場

父親の葬儀で香典を包む際の金額相場

ここまで香典は父親の葬儀でも包むかどうかの
疑問について回答していきました。

喪主以外の父親のお子さん(兄弟姉妹)は
香典を包むことが分かりましたが、
実際にはどれぐらいの金額を包むのが
正しいのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

香典金額相場

分かりやすくまとめると、
以下の図の通りです。

兄弟姉妹の年齢層20代30代〜40代50代以上
父親の葬儀で包むべき
香典の金額相場
30,000円〜50,000円50,000円〜70,000円70,000円〜100,000円

上図の通り。

年齢によって香典に包むべき
金額は異なるのが分かりますね。

スポンサーリンク

年齢によって香典に包む金額は異なる

香典の相場というのは、
自分の親が亡くなった時で
3万円〜10万円が相場となっています。

しかし20代の場合は、相場の下限。
そして30代や40代の場合は、
相場の平均金額を包むことが多いですね。

さらに50代以上というのは、
社会経験が豊富ということもあって
相場の上限金額を包むことがほとんどとなります。

ただしあくまで相場というだけであって、
絶対に年齢に合わせて香典を包まなくては
いけないわけではありません。

自分の立場を考えつつ、
亡くなった父親にお供えしたいと感じた
金額を香典に包むようにしていきましょう。

香典の金額相場に関しては以下の記事でも
詳しくまとめているので、気になる方は
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

父親の葬儀で香典を包む際のマナー

父親の葬儀で香典を包む際のマナー

ここまで父親の葬儀で香典を包む際の
金額相場をまとめていきました。

ではそんな父親の葬儀の香典を包む際には、
どのようなマナーに注意する必要が
あるのでしょうか?

以下に詳しくまとめてみました。

  • 金額を多めに包みすぎない
  • 偶数や「4」「9」という数字は避ける
  • ボロボロのお札や新札は避ける

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

金額を多めに包みすぎない

父親と仲がよかった場合などは、
少しでも多めの金額を香典で包みたいと
感じるものですが、多めに包みすぎる際には
注意が必要となります。

なぜなら他の兄弟姉妹とまったく違う金額を包むと、
トラブルの元にもなることもあるからです。

例えば父親の遺産をどうしていくかの話し合いを
兄弟姉妹でするとなった場合、
包んだ香典の割合で遺産の割合を決めようとする
遺族も少なくありません。

多めに包むことは悪いことではないですが、
他の兄弟姉妹がどれぐらいの金額を香典で
包んでいるかを確認してから
包むようにしましょう。

偶数や「4」「9」という数字は避ける

偶数や「4」「9」という数字は避ける

香典だけでなく結婚式の祝儀などでは、
偶数や「4」「9」という数字は
避けなくてはいけないというマナーがあります。

偶数は2で割り切れることから
『故人との繋がりを切る』という意味を示し、
「4」は『死』、「9」は『苦』を
連想させてしまうんですね。

なので父親に包む香典の金額を選ぶなら

  • 30,000円
  • 50,000円
  • 70,000円
  • 100,000円

といった形で用意するのが一般的です。

またお札の枚数は「1枚」「3枚」「5枚」などの
奇数で形で揃えていくのが理想的な形になります。

ただ香典の金額をどうしても
35,000円などにしたい場合などは、
10,000円札を2枚、5,000円札を3枚にして
包んでいけば問題ありません。

ボロボロのお札や新札は避ける

香典を包む際のマナーとして、
香典にいれるお札はボロボロのお札や
新札はできるだけ避けるようにしましょう。

ボロボロのお札は見た目が悪いですし、
新札の場合は「すでに準備していた」
「父親の訃報の知らせを予想していた」など
悪い印象を与えてしまうからです。

なのでもし手元にボロボロのお札しかない場合は、
兄弟姉妹に相談をして両替をしてもらうか、
お店で両替をして少しシワや折り目が入っている
お札に変えましょう。

また新札しかない場合は、
あえて折り目をつけて包んでいけば
失礼なく香典を渡すことができますよ。

スポンサーリンク

金額を多めに包みすぎない

父親の葬儀における香典Q&A

ここまで父親の葬儀における
香典を包む際のマナーについてまとめていきました。

最後に父親の葬儀を執り行うとなった際に
よく出る疑問に対する回答をしていきます。

気になる項目がありましたら、
今後に必ず役に立つ項目ばかりなので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

偶数や「4」「9」という数字は避ける

義理の父親の場合も、
自分の父親同様に香典を包むようにしましょう。

配偶者の父親ということになりますが、
結婚をした時点で家族と同義です。

包むべき金額も、自分の父親と同じ相場で
包むのが失礼のない対応となりますね。

スポンサーリンク

ボロボロのお札や新札は避ける

友人の父親が亡くなった時も香典を包むべきですが、
包むべき金額というのは親交が深いか浅いかで
決まってきます。

もし親交が深い友人の場合は、
金額相場は5,000円〜10,000円です。
逆に親交が浅い友人の場合は
金額相場が3,000円〜5,000円となっています。

普段からどのような付き合いをしているか、
今後の関係性をしっかりと築いていきたいかで
渡すべき金額を変えていくと良いでしょう。

父親の葬儀における香典Q&A

会社関係の父親が亡くなった時も
香典を包むべきですが、
立場によって包むべき金額が異なります。

例えば会社の上司の父親が亡くなった際には、
相場として3,000円〜10,000円包むのが
一般的なマナーです。

そして会社の同僚や部下の父親の場合は、
3,000円〜5,000円が主な相場となっています。

ただし普段からの関係性や他の会社側の人間が
どれぐらい包むかで決めていくのが
トラブルを起こさない方法と言えるでしょう。

特に上司より多めの金額を包まないのが、
香典を準備する際のポイントですよ。

ここまでの詳しい説明は「香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説」でもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

義理の父親の場合も香典は包むべき?

父親の葬儀では香典を包もう

ここまで父親の葬儀でも
香典を包むべきかの疑問について回答しつつ、
香典を包む際の金額相場やマナーを
紹介してきました。

まとめると喪主以外は香典を包むという
結論に至りましたが、父親に対して
どれだけ感謝の気持ちを持っているかで
香典の意味合いも大きく変わってくるでしょう。

香典とはお金を包むためのものではありますが、
故人に対しての弔意を数字で分かりやすく
示すことができるものでもあります。

どれだけ亡くなった父親に感謝をしているかで
包みたいという金額も変わる場合もあるので、
香典を包む父親のお子さん(兄弟姉妹)は、
後悔のない金額で香典を包んでみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
香典は父親の葬儀でも包むべき?【金額相場や香典のマナーを紹介】
最新情報をチェックしよう!