【香典の相場】兄弟姉妹の葬儀で包む金額と書き方・マナーについて

【香典の相場】兄弟姉妹の葬儀で包む金額と書き方・マナーについて

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

兄弟姉妹の誰かが亡くなって
葬儀が執り行われることになった時に、
香典はいくら包んだらいいのかで
迷われている方はいませんか?

兄弟姉妹は血の繋がりがあるから
少し多めに包まなくてはいけないとは
分かるものの、どれぐらい包むのが適切か
一般的な相場を知りたいところですよね。

そこで本記事では兄弟姉妹における
香典の金額相場を紹介しつつ、
香典袋の書き方や連名マナーについて
まとめていきます。

【本記事を見て分かること】

  • 【香典の相場】兄弟姉妹で包むべき金額
  • 兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋の書き方
  • 兄弟姉妹で香典を包む際のマナー
  • 兄弟姉妹の葬儀における香典Q&A

本記事を読むだけで、兄弟姉妹の
葬儀においても焦らずに香典を
準備していくことができるはずですよ。

【香典の相場】兄弟姉妹の葬儀で包むべき金額

【香典の相場】兄弟姉妹の葬儀で包むべき金額

結論として、兄弟姉妹の葬儀で
包むべき金額というのは
年齢によって異なってきます。

兄弟姉妹の年齢によっては
経済力が異なってくるので、
包むべき金額というのが変わってくるんですね。

さらに兄弟姉妹の中でまだ成人していない
子供がいる場合は経済力もないので、
親が代わりに
香典を包んでいくのが
一般的な流れになります。

以上を踏まえて、兄弟姉妹の葬儀で
渡すべき香典の金額相場を見ていきましょう。

年齢別の香典金額相場

20代30代・40代50代以上
自分の兄弟姉妹30,000円30,000円〜50,000円50,000円〜100,000円
配偶者の兄弟姉妹30,000円30,000円〜50,000円50,000円100,000円

50代以上の方がもし兄弟姉妹の葬儀で
香典を用意するなら、社会経験も豊富なので
相場の上限で香典を用意することが多いですね。

そして30代・40代となると
相場の平均金額を用意することが多く、
20代は金銭的負担をかけてはいけないという意味で
相場の下限で準備していきます。

配偶者の兄弟姉妹の葬儀でも同じ相場で包む

配偶者の兄弟姉妹が亡くなった場合も、
自分の兄弟姉妹と同じ金額の香典を
包んでいくのが一般的なマナーになります。

なぜなら血が繋がっていないとはいえ、
結婚をした時点でお互いの家庭は家族となり、
葬儀だからといって関係が変わることは
ないからです。

ちなみに香典の包み方ですが、
配偶者と自分とで準備するのもいいですが、
合わせて香典を包んでも問題はありません。

2人で渡すからといっても、
多めに香典を包まなくてはいけない
などのマナーもありませんので
ご安心ください。

個別で渡すべきか2人揃って渡すかは
亡くなった故人と普段から
仲良くしていたかによってで異なりますので、
配偶者と相談しあって包む金額を決めましょう。

※香典の金額相場に関して
詳しくまとめた記事があるので、
以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜や葬儀で香典を渡そうと考えている人の中で、どれぐらいの金額を支払うかの相場を知りたい方はいませんか[…]

【通夜や葬儀で渡す香典の金額相場】香典マナーや注意点をプロが解説

兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋の書き方

兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋の書き方

ここまで兄弟姉妹の葬儀にて包むべき、
香典の金額相場を紹介してきました。

あとは香典を準備していくだけですが、
香典袋はちゃんとした書き方があります。

書き方を間違ってしまうと兄弟姉妹の
ご家族に対して失礼になることもあるので、
失礼のない書き方を覚えておきましょう。

表書きの書き方

兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋の表書きの書き方

香典袋の表には、葬儀のマナーとして
それぞれ宗教や宗派に合わせた
表書きを書かなくてはいけません。

例えば、表書きの例は以下の通り。

  • 仏式・・・
    表書きは「御霊前」「御仏前」「御香典」
    (水引が黒白で蓮の花が描かれている香典袋に書く。)
    ※浄土真宗のみ「御霊前」は使えない
  • 神道・神式・・・
    表書きは「御玉串料」「御榊料」
    (水引が白で蓮の花が描かれていない香典袋に書く。)
  • キリスト教・・・
    カトリックの場合の表書きは、「御花料」「御ミサ料」「献花料」「御霊前」
    (水引のない百合の花が描かれている香典袋に書く。)
    プロテスタントの場合の表書きは、「御花料」「忌慰料」「献花料」
    (無地もしくは十字架の描かれた香典袋に書く。)

香典を渡す意味合いですが、
弔意を示すために渡すこともそうですが、
故人の霊前に備えるお香や線香代として
お供えされます。

例えば仏式の場合は、
焼香でお香を使うので「お香代」。
神式はお香の代わりに玉串を使うので「玉串代」。

キリスト教は、お花を使うので「お花代」として
香典にお金を包むという意味合いがあるので
表書きを書き間違えないようにしましょう。

表書きの名前の書き方

表書きには名前も書きますが、
個人で香典を包むのか連名で包むのかで
書き方が異なります。

例えば以下の通り。

  • 個人で香典を包む場合・・・
    フルネームで個人名を書く。
  • 配偶者と一緒にまとめて香典を包む場合・・・
    夫の名前と妻の名前両方を書く。妻の名前の上には名字を書かずに連名で書くのが一般的。
  • 他の兄弟が一緒になって包む場合・・・
    連名で名前を書くか、まとめて『兄弟一同』または『姉妹一同』と書く。
    ※ただし他の兄弟姉妹が成人していて別居状態の場合は、個人で香典を包むのがマナー。

基本的には兄弟姉妹の葬儀において
香典を包む場合は、それぞれ個人で
名前を書いていくのがマナーです。

連名で書くのは配偶者と一緒に渡す時だけで、
他の兄弟姉妹が成人していて別居をしている場合は
一緒にまとめて香典を包むことはありません。

ただし成人していない兄弟姉妹が渡す場合には、
『兄弟一同』もしくは『姉妹一同』と書いて
親が代わりに出すことがほとんどです。

香典を入れる中袋の書き方

兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋の中袋の書き方

香典袋の中に一緒に入れる中袋ですが、
表面に金額を書きつつ裏面には
住所と名前を書いていく必要があります。

中袋の表書きの金額の書き方

香典袋にお金を包む際ののマナーとして、
中袋には包んだ香典の金額を書くのが
一般的なマナーです。

ただ1つ注意点として、
香典の金額は旧漢字で書く必要があります。

例えば以下に香典の金額に合わせた
表記方法をまとめてみました。

香典の金額例旧漢字
3000円参仟圓・参阡圓
5000円伍仟圓・伍阡圓
7000円七仟圓・七阡圓
10000円壱萬圓
30000円参萬圓
50000円伍萬圓
70000円七萬圓
100000円拾萬圓・什萬圓

上図の通り。

葬儀のマナーとして香典の金額は
旧漢字を使うのが正しいマナーになります。

ただし近年は一般漢字で渡す人も
増えてきているので、
マナーを気にしない人が多いようでしたら
一般漢字で記しても問題ありません。

中袋の裏面の書き方

一般の封筒を使う際と同じ要領で
中袋の裏面には住所と名前を書いていきましょう。

配偶者と一緒に包む場合は、
夫の名前を書いておけば問題ありません。

中袋がない場合

香典袋によっては中袋がない場合がありますが、
その場合は中袋を包む香典袋の外側に
住所と名前を書いていきましょう。

兄弟姉妹の葬儀で渡す香典袋がない場合の中袋の書き方

中袋の裏面と同じように書いていきます。

地域によっては裏面には包んだ香典の金額を
記入するも地域もありますが、
包んだ金額を見られるのを避けたい場合は
無理に書く必要はありません。

兄弟姉妹の葬儀で香典を包む際のマナー

兄弟姉妹の葬儀で香典を包む際のマナー

ここまで、兄弟姉妹の葬儀における
香典袋の書き方についてまとめてきました。

次は香典を包んでいくだけなのですが、
香典を包む際には以下のマナーに気をつけて
包まなくてはいけません。

  • 他の兄弟姉妹と相談して包む
  • 新札を包まないようにする
  • 「4」・「9」・偶数などの数字は避ける

順番に解説していきます。

他の兄弟姉妹と相談してから包む

兄弟姉妹の誰かが亡くなった場合、
他の兄弟姉妹と相談をしてから
香典を包むのが理想的です。

なぜなら仮に誰かが他の兄弟姉妹よりも
多めに香典を包んでしまった場合には、
兄弟間で金額の差が生まれてしまい
後にトラブルがおきやすくなってしまうからです。

香典は相場に合わせて包んでいくのが
正しいマナーですが、兄弟姉妹がどれぐらい
包んでいるかによって相場を合わせていくのも
大切なマナーと言えます。

葬儀となるといくら今まで仲が良くても
金銭トラブルが発生することが本当に多いので、
後のトラブルを防止するためにも
兄弟姉妹で話し合って香典を包みましょう。

新札を包まないようにする

新札を包まないようにする

香典袋にお金を包んでいく際には、
新札はできるだけ避けましょう。

なぜなら新札を包んでしまうと
「兄弟姉妹の死を予測していた」など
葬儀に向けて準備を進めていたと思われ、
失礼になってしまうことがあるからです。

なのでお札を包む際には、
少し使い古したお札を入れるのが
正しいマナーとなります。

ただし新札しかないということでしたら、
真ん中に折り目をつけるなどして
対応していけば問題はありません。

「4」・「9」・偶数などの数字は避ける

香典を包む以外にも葬儀の現場では
「4」や「9」、偶数といった数は
避けるようにしましょう。

なぜなら「4」の数字は「死」。
「9」の数字は「苦」を連想させます。

そして偶数の数字は2で割り切れるので
「故人との縁が切れてしまう」という
意味合いを連想させてしまうのです。

なので兄弟姉妹の香典で包むべき金額は、

  • 30,000円
  • 50,000円
  • 70,000円
  • 100,000円

といった形で用意していくのが
失礼のない包み方になります。

他にもお札の枚数も奇数で揃えて包めば、
より丁寧な対応と言えるでしょう。

兄弟姉妹の葬儀における香典Q&A

兄弟姉妹の葬儀における香典Q&A

ここまで兄弟姉妹の葬儀で
香典を包む際のマナーについて
詳しくまとめてきました。

最後に兄弟姉妹の葬儀における香典において、
よく出る悩みに対する回答をしていきます。

今後に役立つ項目ばかりなので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

兄弟姉妹の配偶者が亡くなった際の香典の金額相場は?

兄弟姉妹の配偶者(夫か嫁)が亡くなった場合は、
金額相場として1万円〜5万円を見た方が
良いでしょう。

20代では10,000円~30,000円程でして
30代・40代で30,000円程度、
50代以上が30,000円〜50,000円程度です。

ただし亡くなった方との関係性によっては
金額が大きく変わる場合もあるので、
あくまで相場として覚えておきましょう。

家族だから香典袋に包まずともお金を直接渡してもいい?

「兄弟姉妹は家族だから」という理由で
香典袋に包まずに直接現金を渡す人もいますが、
マナーとして香典袋に入れてから渡すべきです。

なぜなら葬儀中というのは精神的に
不安定な状況にあることも多く、
直接お金をもらっても忘れてしまうことが
多いからになります。

さらに香典返しを準備するときには
香典に書かれている住所や名前を見て
対応をしていくため、現金の手渡しでは
スムーズな対応ができません。

なので遺族の負担を少しでも減らすためにも
ちゃんと香典袋に包んで渡すようにしましょう。

兄弟姉妹同士であまり仲がよくないけど香典を包むべき?

結論から言うと、包むべきです。

いくら兄弟姉妹同士で仲が悪かったとしても、
同じ家族として香典を渡すというのが、
家族として当然の義務になります。

今までのことは水に流すのは難しいかもですが、
亡くなった後というのは喧嘩をすることも
できません。

亡くなった人を弔うことが、
家族の絆であり思いやりですよ。

まとめ|兄弟姉妹の葬儀では香典を渡そう

兄弟姉妹の葬儀では香典を渡そう

ここまで兄弟姉妹の葬儀における金額相場や、
香典袋の書き方、香典を包む際のマナーについて
まとめていきました。

中には「兄弟姉妹でも香典を包むの?」と
疑問に思う人もいるかもしれませんが、
家族の間では香典を包むのが当然の義務です。

兄弟姉妹にかかわらず、
自分の親や祖父母の葬儀の時も
同様に香典を包む必要があります。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、葬儀業界歴10年の「あなたの葬儀」代表の堺です。自分の親が亡くなった際には葬儀を執り行っていくことになりますが、その中で「親の葬儀にも香典を包むの?」という疑問を持っ[…]

香典は親の葬儀でも包むの?【香典袋の書き方やマナーをプロが紹介】
関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。祖父母のどちらかが亡くなった際に、孫として香典をいくら包むのが正しいのか迷われている方はいませんか?[…]

【香典の相場】祖父母の葬儀で孫が包むべき金額・書き方・注意点紹介

自分の家族である以上は、
最低限香典を包まなくてはいけませんが、
ちゃんとしたマナーを守ることも大切です。

なのでぜひ本記事を参考にして、
兄弟姉妹のご葬儀では失礼のないように
香典を渡してくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

オフラインのためランキングが表示できません

【香典の相場】兄弟姉妹の葬儀で包む金額と書き方・マナーについて
最新情報をチェックしよう!