【香典の金額相場】会社の上司・同僚・部下・取引先別でプロが紹介

【香典の金額相場】会社の上司・同僚・部下・取引先別でプロが紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

香典の金額相場を調べている人の中で、
会社の関係者に送る香典の相場を
知りたいと考えている人はいませんか?

香典を包む機会というのは少ないので、
会社関係者に香典を包もうと思っても
どれぐらい包めば失礼がないのか
分からないところですよね。

そこで本記事では、
会社関係の上司・同僚・部下に
香典を渡す際の金額相場を紹介していきます。

本記事を読めば会社関係者に対して
失礼のない香典マナーを学べるので、
これから香典を準備する予定の方は
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

香典の金額相場【会社の上司・同僚・部下・取引先】

香典の金額相場【会社の上司・同僚・部下・取引先】

会社関係の香典金額相場ですが、
主には以下の図の通りです。

故人との関係性香典金額相場
会社の上司や上司の家族関係3,000円〜10,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、他の上司より多く包まないことがポイント。
会社の同僚や同僚の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
会社の部下や部下の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
取引先の関係者
(社長・会長の場合)
30,000円〜100,000円
※個人ではなく法人として準備することが多い。普段からの付き合いによって金額を決める。
取引先の関係者
(役員・担当者の場合)
10,000円〜30,000円
※個人ではなく法人として準備することが多い。普段からの付き合いによって金額を決める。

上図の通り。

基本として会社関係で香典を包む際には、
会社の人と話し合って決めていくのが
一般的です。

また会社関係で香典を用意する場合には、
個人ではなく連名にして渡す場合もあります。

注意点としては、自分の上司よりも
多めに包まないのがトラブルを避けるための
ポイントですね。

【年齢別】会社関係の香典の金額相場

ここまで会社関係者に香典を包む場合には
金額相場がいくらになるのか、
立場別でわかりやすく解説してきました。

ただ香典の相場は立場もそうですが、
自分の年齢によっても左右されます。
年齢を重ねるほど社会経験が豊富になるので、
自然と相場が高くなるんですね。

なので以下にて葬儀に参列することが多い
50代以上、30代・40代、20代別の場合別で
包むべき金額をまとめました。

故人との関係性20代30代・40代50代以上
会社の上司や上司の家族関係3,000円3,000円〜5,000円5,000円〜10,000円
会社の同僚や同僚の家族関係3,000円3,000円〜5,000円5,000円
会社の部下や部下の家族関係3,000円〜5,000円3,000円〜5,000円5,000円

※『取引先の関係者』に対する香典は
個人ではなく法人として香典を準備することが
多いので割愛しています。

上図の通り。

一般的に50代以上となると
社会経験が豊富ということもあって、
相場の上限で香典を用意することが多いですね。

そして30代・40代となると
相場の平均金額を用意することが多く、
20代は金銭的負担をかけてはいけないという意味で
相場の下限で準備していきます。

香典の金額相場というのはあくまで目安ですが、
会社関係ともなると年齢によって立場や役職が
異なるので、それぞれの立場に合わせて
香典を用意するのが良いでしょう。

ちなみに会社関係以外の
香典の相場を知りたい方がいましたら、
以下の記事でも詳しくまとめているので
ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説
スポンサーリンク

会社関係者に香典を渡す際の香典の書き方

会社関係者に香典を渡す際の香典の書き方

ここまで会社関係者に渡す
香典の金額相場を紹介してきました。

あとは香典を準備していくだけですが、
香典を準備する際にはちゃんとした
書き方があります。

書き方を間違ってしまうと会社関係者に
失礼に値してしまうこともあるので、
マナーをしっかりと守りたい方は
書き方を押さえておきましょう。

表書きの書き方

表書きの書き方

表書きの書き方ですが、
宗教や宗派に合わせて書き方を
変えていく必要があります。

例えば宗教ごとに分けるならば、
表書きは以下の通りです。

  • 仏式・・・
    表書きは「御霊前」「御仏前」「御香典」
    (水引が黒白で蓮の花が描かれている香典袋に書く。)
    ※浄土真宗のみ「御霊前」は使えない
  • 神道・神式・・・
    表書きは「御玉串料」「御榊料」
    (水引が白で蓮の花が描かれていない香典袋に書く。)
  • キリスト教・・・
    カトリックの場合の表書きは、「御花料」「御ミサ料」「献花料」「御霊前」
    (水引のない百合の花が描かれている香典袋に書く。)
    プロテスタントの場合の表書きは、「御花料」「忌慰料」「献花料」
    (無地もしくは十字架の描かれた香典袋に書く。)

上記の通り。

香典とはそもそも死者の霊前に備える
お香や線香に変わる金品とされてきました。

なので仏式は、お香を使うので「お香代」。
神式は、玉串を使うので「玉串代」。
キリスト教は、お花を使うので「お花代」として
表書きを変える必要があります。

表書きの名前の書き方

表書きには名前も書きますが、
以下のように書き分けなくてはいけません。

  • 個人で香典を出す場合・・・
    フルネームで個人名を書く。
  • 社長が代表して出す場合・・・
    中央に社長の姓名が来るようにして、「代表取締役社長〇〇」もしくは「代表取締役〇〇」と記入し、氏名の右側に社名を書く。
  • 社内の複数人でまとめて出す場合・・・
    社名を中央に記入しつつ、「〇〇株式会社一同」と書く。
  • 会社の部署でまとめて出す場合・・・
    社名は右側に記しつつ、真ん中に「〇〇部一同」と書く。

名前の書き方を間違えてしまうと、
遺族に失礼になるだけでなく
自分の会社の立場を悪くする可能性もあるので、
書き方は間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

中袋の書き方

香典を入れる中袋の書き方

中袋には表面に金額を書き、
裏面には住所と名前を書いていく
必要があります。

住所を書かずに香典を渡してしまうと
ご遺族の負担が増える結果になりかねないので、
必ず住所は書くようにしましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。香典を渡そうと考えている人の中で、「香典に住所は書かなくてはいけないの?」と疑問に思ってい[…]

【香典に住所を書かないのはNG】香典袋の書き方や包み方を紹介

表書きの金額の書き方

葬儀のマナーとして、
香典の金額は旧漢字で書く必要があります。

ただし近年の香典袋には中袋に金額を
書く項目が置かれていることも多いので、
その場合は漢数字で書かなくても
問題はありません。

香典の金額例旧漢字
3000円参仟圓・参阡圓
5000円伍仟圓・伍阡圓
7000円七仟圓・七阡圓
10000円壱萬圓
30000円参萬圓
50000円伍萬圓
70000円七萬圓
100000円拾萬圓・什萬圓
スポンサーリンク

裏面の書き方

一般の封筒と同じ書き方で
裏の左下に住所と名前を書いていきます。
この時に郵便番号を明記していれば
より丁寧ですね。

ただし個人の場合は自宅の住所を書き、
会社関係の場合は会社の住所と代表者の
名前を書くようにしましょう。

※住所を書かずに香典を渡してしまうと
ご遺族の負担が増える結果になりかねないので、
必ず住所は書くようにしましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社勤務歴6年、葬儀業界歴が10年になる「あなたの葬儀」代表の堺です。香典を渡そうと考えている人の中で、「香典に住所は書かなくてはいけないの?」と疑問に思ってい[…]

【香典に住所を書かないのはNG】香典袋の書き方や包み方を紹介

中袋がない場合

中袋がない場合

香典袋によっては中袋がない場合がありますが、
その場合は中袋を包む香典袋の外側に
住所と名前を書いていきましょう。

書き方は中袋の表面と裏面に書く方法と
同じやり方で問題ありません。

※裏面に香典に包んだ金額を書く場合もありますが、
金額が丸見えになってしまうということで
無理に書く必要はありません。

会社関係者に香典を渡す際の芳名帳の記帳方法

会社関係者に香典を渡す際の芳名帳の記帳方法

ここまで会社関係者が書くべき
香典袋の書き方についてまとめていきました。

あとは香典を受付にて渡すだけですが、
受付に香典を持っていった際には
誰が香典を渡してくれたかを把握するために
芳名帳を記帳しなくてはいけません。

芳名帳に書く内容は種類によって異なりますが、
主には以下の内容を書くのが一般的です。

  • 住所
  • ご芳名
  • 電話番号
  • 会社名・団体名
  • 故人との関係性

(※葬儀社によって書く項目数が少ない場合もあります。)

上記の通り。

ここでは、会社関係者が香典を
受付に持参した際の芳名帳の記帳方法を
解説していきます。

スポンサーリンク

個人で香典を出す場合

住所

基本的には、自宅の住所を記載していきます。

住所がなくては、遺族がお礼の手紙を出したり
香典返しをしたりができなくなるので、
抵抗がある場合でも記載するようにしましょう。

スポンサーリンク

ご芳名

参列した人の名前を
フルネームで記入していきましょう。

名前の横か上によみがなまで書けば、
難しい漢字も読めるのでより丁寧ですね。

電話番号

自宅の電話番号、もしくは
携帯電話番号を記入しましょう。

普段どちらの電話をよく使うかを考慮しつつ、
つながりやすい電話番号を書くのが理想的です。

会社名・団体名

個人で参列する場合には、
特に記入する必要はありません。

スポンサーリンク

故人との関係性

個人で参列する場合には、
「一般」「友人」「親戚」「町会」などから
選んで記入していきます。

基本的にはチェック項目の中から
選ぶことが多いので、当てはまる項目を
選んでいきましょう。

会社からまとめて香典を出す場合

会社からまとめて香典を出す場合

スポンサーリンク

住所

会社関係で参列をした場合は、
自宅ではなく会社の住所を記載していきます。

例えば本社から代表で参列した場合は、
本社の住所を。
支社からの代表で参列した場合には、
支社の住所を書いていきましょう。

ご芳名

自分の名前をフルネームで書きつつ、
会社に所属している部署や役職を書きます。

例えば

「人事部長 〇〇(フルネーム)」

などと書けば問題ありません。

ただし複数の人から香典を預かっている場合は、

「人事部長 〇〇(参列者のフルネーム) 他10名」

と記入していていきます。

電話番号

会社の電話番号を記入していきます。

住所の時と同じで、
本社から代表で参列した場合は
本社の電話番号を。

支社からの代表で参列した場合には、
支社の電話番号を書いていきましょう。

また会社のFAX番号も書いておけば、
より丁寧ですね。

会社名・団体名

自分が勤めている会社名を書いていきましょう。

会社名は略すのではなく、
「株式会社」「有限会社」なども加えて
正確に書いていくのがマナーです。

故人との関係性

会社関係で参列する場合には、
「会社」「業界」などから
選んで記入していきます。

基本的にはチェック項目の中から
選ぶことが多いので、当てはまる項目を
選んでいきましょう。

まとめ|香典の金額は会社との関係性で決めよう

香典の金額は会社との関係性で決めよう

ここまで会社関係に包む香典の金額相場や、
包む際の香典袋の書き方や芳名帳の書き方など
詳しくまとめていきました。

香典金額の相場というのはあくまで
目安でして、1番大切なのは会社との関係性で
金額を選んでいくことが大切です。

金額によっては今後の付き合いが
良くなる場合もあれば、
悪くなる可能性も出てきます。

なので今後の会社関係を崩さないためにも
適切な金額で香典を包んでいき、
マナーを守って香典を渡していきましょう。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【香典の金額相場】会社の上司・同僚・部下・取引先別でプロが紹介
最新情報をチェックしよう!