香典を会社から出された時にお返しは必要?金額相場・書き方も紹介

香典を会社から出された時にお返しは必要? 金額相場・書き方も紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

香典を会社から受け取った遺族の中で、
お返しはどうしたらいいか分からない
という方はいませんか?

一般的な葬儀なら香典に対して
香典返しを渡していくのが普通ですが、
会社から受け取った場合はどのように対応するのが
正しいのかわかりにくいところですよね。

そこで本記事では香典を会社から渡された時に
お返しは必要かどうか、香典返しを渡すとなったら
どのような点に注意すべきかをまとめました。

【本記事を見て分かること】

  • 香典を会社から出された時にお返しは必要?
  • 会社関係者に香典返しを渡す際の注意点
  • 香典を会社から出す時の金額相場
  • 香典を会社から出す際に守るべきマナー

本記事を読めば会社からの香典に対する
正しい対応方法が分かるだけでなく、
会社から香典を渡す際の守るべきマナーも
分かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

香典を会社から出された時にお返しは必要?

香典を会社から出された時にお返しは必要?

まず結論として、
会社から香典を渡され時の
お返しは、
状況によって必要かどうかが異なります。

会社関係者から香典を受け取る際の
状況というのが

  • 会社関係者が個人で渡してきた
  • 会社関係者が複数人まとめて渡してきた
  • 会社名義で渡してきた

などの状況が考えられるんですね。

ではそれぞれの状況において、
どの状況にて香典返しが必要なのでしょうか?
順番に見ていきましょう。

会社関係者が個人で香典を渡してきた場合

会社関係者が個人で香典を渡してきた場合は、
香典返しを渡す必要があります。

会社関係者とはいえ、個人で香典を
包んでいるのでいることに変わりはないので、
香典に対するお返しをするのがマナーです。

ちなみにここで言う『個人』というのは

  • 故人・遺族の会社仲間
  • 会社の社長・上司・同僚・部下
  • 提携先の会社関係者

などが含まれますね。

それぞれ包んでくる香典の金額は
異なる場合が多いので、喪主となる人は
包まれている香典に合わせた香典返しを
選ばなくてはいけません。

さらに一緒にお礼の手紙などを
添えるなどすれば、より丁寧な対応と言えますね。

スポンサーリンク

会社関係者が複数人まとめて渡してきた場合

会社関係者が複数人まとめて渡してきた場合

会社によっては複数人の香典をまとめて
1つの香典として渡してくる場合がありますが、
個人の時と同様に香典返しが必要となります。

1つの香典にまとめているとは言え、
1人1人がお金を包んでいることに変わりないので
それぞれにお返しをしなくてはいけません。

ちなみに会社関係者が複数人がまとめて
香典を包む際には、香典袋の表書きに

  • 有志一同
  • 〇〇課(部署名)一同
  • 連名で書かれた個人名

などと書かれることがあります。

1つにまとめた香典の中には名前や包んだ金額、
住所が書かれていることが多いので、
金額に合わせて香典返しやお礼の手紙を書いて
準備していきましょう。

会社名義で香典を渡してきた場合

会社名義で渡された香典の場合は、
香典返しは必要ありません。

なぜなら会社名義の香典は福利厚生によって
『慶弔見舞金』という形で用意され、
会社の経費によって渡されることが
ほとんどだからです。

ただ会社名義で渡してくれてはいるものの、
会社の経費ではなく社長のポケットマネーで
渡してくれる場合もあります。

もし心配な方は、香典を渡してくれた人や
香典を準備してくれた経理などに
香典返しが必要かどうかを確認してみましょう。

会社関係者に香典返しを渡す際の注意点

会社関係者に香典返しを渡す際の注意点

ここまで香典を会社から出された時に
香典返しが必要かどうかの疑問について
回答してきました。

会社関係者が個人で出してきた場合や
複数人で出してきた場合には
香典返しが必要、ということが
分かったと思います。

あとは香典返しの準備を進めていくだけですが、
以下の点に気をつけながら
準備を進めなくてはいけません。

  • 忌明けから1ヶ月以内を目処に香典返しを返す
  • 相場に合わせた香典返しを選ぶ
  • 『熨斗(のし)』をつけてお渡しする

上記の通り。

順番にどういった意味か解説していきます。

スポンサーリンク

忌明けから1ヶ月以内を目処に香典返しを返す

香典返しは忌明け(四十九日法要後)から
1ヶ月以内を目処に渡していきましょう。

香典返しを渡す意味としては、
「無事に弔事を終わらせれました」という
報告も兼ねていることから、
忌明けに贈るのがマナーです。

ただし香典返しは忌明けに渡すものですが、
近年は当日に香典返しを行う「当日返し」を
選ぶ遺族も増えてきました。

当日返しをすでに渡している場合は
忌明けのお返しが必要ありませんので、
準備を進める際には注意しましょう。

※ちなみに葬儀当日のお返しとして
会葬御礼品を渡すことが多いですが、
香典返しとは異なります。

葬儀の時によく間違える項目なので、
それぞれの違いが分からない方は
詳しくまとめている以下の記事を
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行う際に会葬御礼品や香典返しなどを用意することがありますが、ちゃんとした違いについてはっきり[…]

【会葬御礼品と香典返しの違い】意味・相場・品物の違いをプロが解説

相場に合わせた香典返しを選ぶ

いただいた香典に対して、
遺族側は相場に合わせた香典返しを
選んでいかなくてはいけません。

一般的には「半返し」と言われており、
いただいた香典の3分の1から半額相当の
品物を用意するのがマナーとなっています。

例えば5,000円のお香典をいただいたなら、
1,500円〜2,500円程度のお返し。
もし3,000円分のお香典をいただいたのなら、
1,000〜1,500円程度のお返しが必要です。

ちなみに香典返しとしては
お菓子のセットやタオル、お茶など
日常的に使われる品物がよく選ばれます。

会社関係者によって
包まれる香典の金額は異なるので、
それぞれの香典に合わせた香典返しを
選んでいきましょう。

スポンサーリンク

『熨斗(のし)』をつけてお渡しする

香典返しには、『熨斗(のし)』をつけて
お渡しするのが基本的なマナーです。

熨斗には「ご不幸が繰り返さないように」
という意味合いが込められており、
熨斗に描かれている『志』という言葉には
「気持ちばかりのお返し」という意味があります。

香典返しには無事に弔事を終わらせれた
報告をする意味合いがありますが、
熨斗を付けることでさらなる感謝の気持ちを
表すことができるんですね。

ただ注意点として
水引の色は黒白や銀白、黄白などがあり、
宗教や地域によって付けるべき
熨斗の種類が異なります。

香典返しを販売している会社によって
熨斗は準備してくれるので、
宗教や地域の風習について相談をしながら
熨斗を付けていきましょう。

香典を会社から出す時の金額相場

香典を会社から出す時の金額相場

ここまで香典を会社から受け取った
遺族側が、お返しをしていく際の
注意すべきポイントについて
まとめていきました。

では逆に香典を会社から出すとなった場合、
どれぐらいの金額相場で包まれることが
多いのでしょうか?

以下に立場別で詳しくまとめてみました。

故人との関係性香典金額相場
会社の上司や上司の家族関係3,000円〜10,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、他の上司より多く包まないことがポイント。
会社の同僚や同僚の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
会社の部下や部下の家族関係3,000円〜5,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
取引先の関係者
(社長・会長の場合)
30,000円〜100,000円
※個人ではなく法人として準備することが多い。普段からの付き合いによって金額を決める。

会社関係で香典を包む際というのは、
1人で決めるのではなく会社の人と
相談をして決めていくのがマナーです。

自分の上司より多く包んでしまうと
トラブルの元になり兼ねませんので、
話し合って決めていきましょう。

ちなみに会社関係者が渡すべき香典の
金額相場についてより詳しくまとめている
記事があるので、より詳しく知りたい方は
チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。香典の金額相場を調べている人の中で、会社の関係者に送る香典の相場を知りたいと考えている人はいませんか?[…]

【香典の金額相場】会社の上司・同僚・部下・取引先別でプロが紹介

香典を会社から出す際に守るべきマナー

香典を会社から出す際に守るべきマナー

ここまで会社から香典を出す際の
金額相場についてまとめていきました。

金額が分かってしまえば
あとは香典袋にお札を包んでいくだけですが、
会社関係の方は以下の点に注意して
包まなくてはいけません。

  • 香典袋の書き方に注意する
  • お札の数や見た目に注意する

香典袋の書き方に注意する

お札を包む香典袋には名前や住所を
書いていく必要がありますが、
香典袋に必要事項を書いていく際には、
注意して書かなくてはいけません。

例えば表書きは宗教ごとに合わせて
表書きを変えなくてはいけませんし、
名前を書く際も以下のように
立場によって変える必要があるのです。

【会社関係者の表書きの名前の書き方例】

  • 個人で香典を出す場合・・・
    フルネームで個人名を書く。
  • 社長が代表して出す場合・・・
    中央に社長の姓名が来るようにして、「代表取締役社長〇〇」もしくは「代表取締役〇〇」と記入し、氏名の右側に社名を書く。
  • 社内の複数人でまとめて出す場合・・・
    社名を中央に記入しつつ、「〇〇株式会社一同」と書く。
  • 会社の部署でまとめて出す場合・・・
    社名は右側に記しつつ、真ん中に「〇〇部一同」と書く。

詳しい香典袋の書き方は『【香典の金額相場】会社の上司・同僚・部下・取引先別でプロが紹介』にて解説しているのでチェックしていただきたいのですが。

それだけ会社関係者が香典を包む際には
注意すべきポイントがたくさんある、
ということになります。

なので会社から香典を渡すとなったら、
書き方に注意して準備を進めていきましょう。

お札の数や見た目に注意する

会社関係者に限らずではありますが、
香典を包むとなった場合には
お札の枚数や見た目に気を付ける必要があります。

葬儀において偶数は2で割り切れるので
「故人との縁が切れてしまう」とイメージされ、
「4」は『死』、「9」は『苦』を
イメージさせてしまうのです。

さらにお札が新品の場合は、
「事前に準備をしていた」などを
イメージさせてしまい、遺族に対して
失礼になる場合があります。

香典はただお金を包めばいい、という
わけではありません。

些細なことで遺族の心を気付ける場合もあるので、
お札の数字は枚数や金額を奇数にしたり
新品のお札は使わないなどして、
細心の注意を払って香典を包むようにしましょう。

まとめ|会社からの香典には感謝の気持ちを示そう

会社からの香典には感謝の気持ちを示そう

ここまで会社からの香典に対する
遺族側の正しい対応方法や、
会社側が香典を包む際の金額相場、
渡す際の注意点についてまとめてきました。

会社からの香典を受け渡しするとなると
少し難しく考えがちですが、
香典を渡して弔意を示すという
香典の本質部分は同じです。

香典を渡す意味の中には、
「弔意の気持ちを示すお金で示す」という
意味合いがあります。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。香典を準備しようとしている人の中で、「そもそも香典の意味って何だろう?」と疑問に思っている人はいません[…]

【香典の意味は3つある】香典とは何か、由来と一緒にプロが解説

香典の意味さえ理解していれば、
会社からの香典だったとしても
正しい対応の仕方が判断できるはずです。

ぜひ互いに失礼のない対応をして、
後悔の残らない形でお返しを
してみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
香典を会社から出された時にお返しは必要? 金額相場・書き方も紹介
最新情報をチェックしよう!