香典はいつ渡すべき?【親族・親族以外が香典を渡すべきタイミング】

香典はいつ渡すべき?【親族・親族以外が香典を渡すべきタイミング】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀が執り行われることを聞いた人の中で、
香典をいつ渡すべきか最適なタイミングが
分からないという方はいませんか?

香典を渡す機会というのは少ないですが、
どうせなら失礼のないタイミングで
香典を渡していきたいところですよね。

ただ先に結論をいうと、
香典を渡すべきタイミングというのは
『親族』と『親族以外』とで異なります。

※『親族以外』とは、
「会社関係者・友人・近所の人・自治会関係者」を
示します。

本記事ではそんな「香典はいつ渡すべきか?」の
疑問に回答をしつつ、葬儀に参列しない人や
法事における香典を渡すべきタイミングを
紹介していきます。

【本記事を見て分かること】

  • 香典はいつ渡すべき?【親族の場合】
  • 香典はいつ渡すべき?【親族以外の場合】
  • 葬儀に参列しない人が香典を渡すべきタイミング
  • 法要時の香典を渡すべきタイミング
  • 香典を渡す際によく出るQ&A

本記事を読むだけで、香典を渡すべきタイミングや
正しい渡し方が分かるので、遺族に対して
失礼なく香典を渡したいと考えている人は
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

香典はいつ渡すべき?【親族の場合】

香典はいつ渡すべき?【親族の場合】

まずは親族が香典を渡す際のタイミングですが、
結論を言うと葬儀場に着いてから
喪主に渡すべきです。

なぜなら葬儀場に着いてからすぐに渡せば
お悔やみの気持ちを即座に伝えることができ、
喪主や遺族に対して弔意を示すことが
できるからです。

葬儀場に着いてから渡すべき

実際の葬儀の現場というものは
香典は受付で渡すのが一般的ですが、
受付を受け持つ人というのは
故人の遠い親戚が担うことがほとんどです。

受付で香典を渡しても間接的に喪主や遺族に
弔意を示すことはできますが、
せっかく直接渡せる状況なのであれば
直接的に渡した方が喪主から喜ばれます。

さらに葬儀場に着いてからすぐに渡せば
直接的に弔意を示すことができるだけでなく、
感謝の気持ちを喪主から聞くことが
できるんですね。

ただ喪主が忙しくしている場合は
渡すべきタイミングを見計らう必要があるので、
ちゃんと渡してもいいか様子を見つつ
香典をいつでも渡せるようにしていきましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行うとなると、香典を受付してくれる受付係が必須ですが、どのような役割を果たしているか知っ[…]

【香典を受付する「受付係」の役割】流れ・マナー・注意点をプロが解説
スポンサーリンク

遅くなる場合は受付にて渡す

ただ親族によっては葬儀が始まる
ギリギリに到着する場合もありますよね。
もし式場に到着するのがギリギリになるなら、
受付に直接渡しましょう。

葬儀が始まった後というのは
喪主も忙しくしている場合がほとんどです。
あとで喪主に直接渡そうと思っても、
逆に失礼になる可能性も考えられます。

なのでお通夜式から参列する際には
お通夜式での受付で。
告別式のみに参列する場合には
告別式での受付で渡せば問題ありません。

また香典の管理を任された人に、
葬儀後に直接渡しても良いでしょう。

香典はいつ渡すべき?【親族以外の場合】

香典はいつ渡すべき?【親族以外の場合】

ここまで親族の場合における
香典を渡すべきタイミングを
紹介していきました。

次に親族以外が香典を渡すべき
タイミングについて見ていきましょう。

※ここで言う『親族以外』とは、
「会社関係者・友人・近所の人・自治会関係者」を
示します。

最初に参列する葬儀式で渡す

結論として、最初に参列する葬儀式で
香典を渡せば問題ありません。

通夜式に参列するのであれば
通夜式のときに香典を渡し、
告別式から参列するのであれば
告別式のときに香典を渡す、という流れですね。

ただお通夜式に急いで駆けつけて
香典を準備する暇がなかったということなら、
告別式に改めて香典を渡せば問題ありません。

何より大切なのは、葬儀に参列した際に
弔意を示す気持ちがあるかを
示すことが大切になります。

スポンサーリンク

お通夜式と告別式両方にもっていく必要はない

お通夜式と告別式両方にもっていく必要はない

お通夜式と告別式両方に参列するとなると
「両方とも香典を渡すべき?」と感じがちですが、
片方の式で渡せば問題ありません。

逆に2回に分けて香典を包むと、
香典の管理が大変になってしまい
香典返しを準備する際に迷惑をかける
可能性が出てきてしまいます。

他にも2回に分けて渡すと
「不幸が連続して起こってしまう」などを
悪いイメージを連想してしまうので、
必ずどちらか一方のみ渡すようにしましょう。

通夜式で渡しても問題ない

ちなみに昔は通夜式に親族以外の人が香典を渡すと、
「前もって香典を準備していた」
遺族に悪いイメージをもたれることがありました。

しかし現代の葬儀は通夜式に一般の人たちを
呼ぶことが普通になり、特に気にする遺族の方は
いなくなったのが現状です。

実際に通夜式で受付を設けている時点で
香典を受け取る意思表示を示しているので、
通夜式で香典を渡しても失礼に値することは
あり得ません。

ただ通夜式で受付を設けていない場合は
香典を辞退している可能性が出てくるので、
遺族に確認を取るようにしていきましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行うことを聞いて香典を用意していたけど、遺族側から香典を受け取らないと聞いて困っている人[…]

【香典を受け取らない3つの理由】葬儀の香典辞退は失礼に値しない
スポンサーリンク

葬儀に参列しない人が香典を渡すべきタイミング

葬儀に参列しない人が香典を渡すべきタイミング

ここまで親族以外の人が香典を渡すべき
タイミングについて解説してきました。

では葬儀に参列しない人が
香典を渡したいとなった場合には、
いつ香典を渡すべきなのでしょうか?

ちなみに葬儀に参列できなかった人が
香典を渡す方法というのは、
主に以下の3つです。

  • 郵送で渡す
  • 葬儀後の自宅弔問で直接渡す
  • 職場で直接渡す

上記の通り。

それぞれの状況において
香典を渡すべきタイミングを解説していきます。

郵送で香典を渡す場合

郵送で香典を渡す際の理想的なタイミングは、
葬儀が終わってからすぐか、
遅くても四十九日法要までに渡すべきです。

葬儀後にすぐに郵送をすれば、
葬儀に参列できなかったとしても
弔意の気持ちを伝えることができます。

ただ四十九日法要の後になってしまうと
香典返しを準備する手間が発生してしまい、
喪主に対して失礼に値してしまう場合があります。

少しでも喪主の手間を減らすためにも、
準備が出来次第、郵送をするようにしましょう。

郵送の仕方

送り方ですが、香典は現金を包むことになるので
『現金書留』にて送る必要があります。
自分の住所と氏名を封筒に書いて、
喪主の住所宛に香典袋を郵送をしましょう。

また一緒にお詫びの手紙などを
添えて送れば、失礼にはなりませんね。

スポンサーリンク

葬儀後の自宅弔問で香典を直接渡す場合

葬儀後の自宅弔問で香典を直接渡す場合

葬儀後の自宅弔問で香典を渡す際ですが、
葬儀が終わって1週間後か四十九日法要までに
渡すのが理想的なタイミングです。

葬儀が終わってすぐに自宅に弔問をするのは
精神的負担を負っている喪主に失礼ですし、
先述したように四十九日法要後では
香典返しの準備をする手間をとらせてしまいます。

葬儀に参列できなかったことを悔やんで
急いで渡そうとする人もいますが、
焦ってはいけません。

自宅に訪れる際には事前に連絡をして、
喪主や遺族から許可をとってから
香典を準備して弔問に向かうようにしましょう。

職場で香典を直接渡す場合

職場で香典を直接渡す場合は、
職場に復帰した際に渡すのが理想的な
タイミングになります。

基本的に葬儀が執り行われるとなると
遺族は忌引き休暇をとって休暇を取りますが、
休暇が終わるまで待つのが
会社側の気遣いです。

ただ職場に戻ってきた時というのは、
忌引き休暇を終えて無事に仕事に復帰した
タイミングとも言えます。

なので忌引き休暇を終えるまでは何もせず、
顔を合わせた際に香典を渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

法要時の香典を渡すべきタイミング

法要時の香典を渡すべきタイミング

香典とは何も葬儀だけではなく、
法要時に渡すこともあります。
ではそんな法要時の香典は
いつ渡すのが正解なのでしょうか?

結論から言うと、
法要が始まる前に喪主に渡すべきです。

法要が始まる前に喪主に渡すべき

法要が執り行われる日というのは、
遺族だけでなく故人と関係の深かった
親族も一緒に参列していきます。

法要が始まった後になってしまうと、
親族の人たちに食事が振る舞われることが多く
香典を渡すタイミングを見失ってしまうことが
あるんですね。

そうなると香典を渡しにくくなってしまうので、
法要が執り行われる式場に着いた瞬間に
喪主に香典を渡していきましょう。

また葬儀の時と同じように、
袱紗(ふくさ)に入れて包むのが
正しいマナーですね。

法要に参列しない場合

もし法要に参列しない場合は、
葬儀の時と同じように郵送をするか
自宅にお伺いをして直接手渡しをすれば
問題ありません。

ただしせっかく法要に来てくださるように
招待をされているわけなので、
何も言わずに香典を渡すのは
失礼になってしまうことも。。。

なのでもし参列できないということでしたら、
お詫びの手紙を書きつつ郵送をするか
自宅に弔問をして香典を渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

香典を渡す際によく出るQ&A

香典を渡す際によく出るQ&A

ここまで法要時の香典を渡すべき
タイミングについてまとめてきました。

あとは香典を渡していくだけですが、
香典を渡そうと思う人の中で
いくつか疑問を抱えている人はいませんか?

そこで香典を渡す際によく出る疑問点に、
詳しく解答をしていこうと思います。
香典を渡す際によく出る疑問点なので、
一緒に覚えておきましょう。

香典を渡す際にはなんて言えばいい?

香典を渡す際にはちゃんとした
挨拶の仕方があります。

例えば、以下の通り。

  • 「この度はご愁傷様でございます」
  • 「この度は心よりお悔やみ申し上げます」
  • 「心中お察しいたします」
  • 「誠にご愁傷様です。御霊前に(香典を)お供えください」

香典を渡しつつ、お悔やみの気持ちを
述べることが大切になります。

ただし忌み言葉や重ね言葉、
励ましの挨拶などは葬儀の場では
タブーとされているので
香典を渡す際には注意しましょう。

詳しい内容は以下の記事でまとめているので、
気になる方は一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀場にて香典を渡そうと思っている人の中で、どのような挨拶をすれば相手に失礼にならないのか分からないと[…]

【香典を渡すときの挨拶方法】挨拶をする際の注意点やマナーを紹介
スポンサーリンク

香典を渡したあとは何かお返しがもらえる?

香典を渡した後というのは、
香典の金額に応じてお返し(香典返し)を
遺族側から受け取ることができます。

お返しの相場としては
包んだ香典の3分の1から半分程度でして、
選ばれる品物もタオルやカタログギフトなど
種類がさまざまです。

ただ葬儀に参列した時に
受け取ることが多い会葬御礼品と
香典返しは意味合いが異なるので、
受け取る際には注意しましょう。

以下には会葬返礼品と香典返しの違いを
まとめた記事があるので、分からない方は
ぜひ一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行う際に会葬御礼品や香典返しなどを用意することがありますが、ちゃんとした違いについてはっきり[…]

【会葬御礼品と香典返しの違い】意味・相場・品物の違いをプロが解説

香典を包む際の金額相場は?

香典を包む際の金額相場は、
故人との関係性によって変わってきます。

例えば自分の親が亡くなった時は
相場として30,000円〜100,000円ですが、
近所の人が亡くなった場合は、
3,000円〜5,000円と大幅に変わるんですね。

さらに年齢によって社会的地位も異なり、
包むべき金額も変化してきます。

なので香典を包んでいく際には、
故人とどのような関係性なのかを考えて
包んでいくのが正しい対応の仕方ですよ。

以下の記事では
香典の金額相場についてまとめているので、
相場が分からないという方は
一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

まとめ|香典を渡して弔意を示そう

香典を渡して弔意を示そう

ここまで香典をいつ渡すのかについて
詳しくまとめつつ、香典を渡す際によく出る
疑問点に解答をしてきました。

香典を渡すかどうかのタイミングは
状況によって異なりますが、
ちゃんとタイミングを見計って渡さないと
遺族に対して失礼になることもあります。

なのでぜひ本記事を参考にして、
ちゃんと香典を渡すタイミングを決めてから
渡す準備を進めてみてください。

そうすることで遺族に対して
弔意をちゃんと示すことができるはずですよ。

それでは以上です。
ありがとうございました。

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

スポンサーリンク
香典はいつ渡すべき?【親族・親族以外が香典を渡すべきタイミング】
最新情報をチェックしよう!