香典は母親の葬儀で包むべきか?【金額相場やマナーをプロが紹介】

香典は母親の葬儀で包むべきか?【金額相場やマナーをプロが紹介】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
葬儀業界歴10年の「あなたの葬儀」代表の堺です。

自分の母親が亡くなった際には
葬儀を執り行おうとしている人の中で、
香典を包むべきなのかで迷っている方は
いませんか?

葬儀が執り行われることを聞くと
香典を持っていくのがマナーですが、
自分の母親の場合でも香典を包むべきか
悩みどころですよね。

そこで本記事では、母親の葬儀でも
香典を包むべきかの疑問に回答しつつ、
正しい香典マナーを紹介していきます。

【本記事を読んでわかること】

  • 香典は母親の葬儀でも包むべきかの回答
  • 母親の葬儀で香典を包む際の金額相場
  • 母親の葬儀で香典を包む際のマナー
  • 母親の葬儀における香典Q&A

本記事を読むだけで母親の香典における
悩みが解決できるだけでなく、
香典のマナーや金額相場などが理解できるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

香典は母親の葬儀でも包むべき?

香典は母親の葬儀でも包むべき?

先に結論を言うと、
子供が母親の葬儀において喪主の立場ならば
香典を包む必要はありません。

ただし葬儀費用を支払わない兄弟姉妹は、
母親でも香典は包むべきです。

葬儀費用を支払う喪主の場合は包む必要はない

近年の喪主の立場というのは、
葬儀全体を取り仕切るだけでなく
葬儀費用を支払うのが当たり前となりました。

昔なら「施主」という立場の人が
葬儀費用を支払っていましたが、
近年はなくなりつつあります。

そして葬儀費用というのは
喪主にとって金銭的負担がかなりかかってきて、
そこから香典をさらに包むとなると
更なる負担になることは間違いないでしょう。

香典とはそもそも
「葬儀費用の負担を減らしてほしい」という
参列者の思いを込めた状態で渡されることが
ほとんど。

なので葬儀費用を支払う喪主は、
香典を包む必要はないと言えるのです。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行うとなった場合、喪主と施主という言葉は聞くけど、それぞれの違いが分からないという方はいませんか?喪主と施主の違いが明確に言えなければ、葬儀の[…]

スポンサーリンク

喪主以外の人は香典を包むべき

ただし葬儀費用を支払わない兄弟姉妹が
いるということでしたら、
母親の葬儀であっても香典は包むべきです。

絶対に香典を渡すというマナーはないものの、
仮に香典を包まず葬儀費用も支払わないとなったら
遺産相続の話し合いの際に金銭トラブルが
起きやすくなります。

また喪主以外の故人のお子さんには、
母親に対して今まで育ててきてもらったという
感謝の気持ちがあるはずです。

香典はただお金を包むだけではなく
「今までありがとう」という気持ちを
込めることができます。

なので喪主以外の故人のお子さん(兄弟姉妹)は、
できる限り香典を包むようにしましょう。

※ただし兄弟姉妹が社会人になっていなかったり、
香典を渡せるほど経済的に余裕がないなどの
諸事情がある場合は無理に香典を
包む
必要はありません。

母親の葬儀で香典を包む際の金額相場

母親の葬儀で香典を包む際の金額相場

ここまで母親の葬儀で香典を包むべきかどうかの
疑問について回答していきました。

喪主以外の兄弟姉妹は香典を包んだ方が
いいことがわかったと思いますが、
ではそんな香典はどれぐらいの金額を包むのが
正しいマナーなのでしょうか?

詳しく解説していきます。

香典金額相場

分かりやすくまとめると、
以下の図の通りです。

兄弟姉妹の年齢層20代30代〜40代50代以上
母親の葬儀における香典の金額相場30,000円〜50,000円50,000円〜70,000円70,000円〜100,000円

上図の通り。

年齢によって社会的実績が異なるので、
包むべき金額というのも変わります。

スポンサーリンク

年齢によって香典に包む金額は異なる

香典の相場というのは、
自分の親が亡くなった時で
父親母親関係なく3万円〜10万円ぐらい
相場となっています。

20代の場合は、相場の下限。
そして30代や40代の場合は、
相場の平均金額を包むことがほとんどです。

50代以上というのは
社会経験がかなり豊富ということもあって、
相場の上限金額を包みます。

ただしあくまで相場というだけであって、
家庭状況によっては金額が大きく変化することも
少なくありません。

他の兄弟姉妹はどれぐらいの香典を包むのか、
どれだけ母親の葬儀に対して想いを込めたいかで
包むべき香典の金額を決めていきましょう。

香典の金額相場に関しては以下の記事でも
詳しくまとめているので、気になる方は
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

母親の葬儀で香典を包む際のマナー

母親の葬儀で香典を包む際のマナー

ここまで母親の葬儀における
香典の金額相場をまとめていきました。

あとは香典を包んでいくだけですが、
包む際には最低限守るべきマナーがあります。

それが以下の通り。

  • 金額を他の兄弟姉妹より多めに包みすぎない
  • 「4」「9」という数字や偶数は避ける
  • 宗教に合わせた香典袋を用意する

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

金額を他の兄弟姉妹より多めに包みすぎない

もし香典を包もうと思った際には、
他の兄弟姉妹より多めに包みすぎないように
注意して包んでいきましょう。

なぜなら他の兄弟姉妹と異なる金額を包むと、
後にトラブルが起きてしまう可能性が出てくるからです。

例えば実際の事例としてですが、
母親の遺産を兄弟姉妹でどうするかを
話し合いをした場合、包んだ香典の割合で
遺産の割合を決めようとする方もいます。

母親と仲良くしてい場合などは
多めに金額を香典に包みたいと考えがちですが、
他の兄弟姉妹からしたらいい気分ではありません。

なので他の兄弟姉妹がどれぐらいの金額を
香典で包んでいるかを確認してから、
相場に合わせた金額を包むようにしましょう。

「4」「9」という数字や偶数は避ける

「4」「9」という数字や偶数は避ける

葬儀の場だけでなく結婚式も含めた
冠婚葬祭の場では、「4」「9」という数字や
偶数は避けなくてはいけないという
ちゃんとしたマナーがあります。

「4」は『死』、「9」は『苦』という意味を。
そして偶数は2で割り切れることから
『故人との繋がりを切ってしまう』という意味を
連想させてしまうんですね。

なので母親に包む香典の金額を選ぶなら

  • 30,000円
  • 50,000円
  • 70,000円
  • 100,000円

といった形で用意するのが理想的です。

またお札の枚数は「1枚」「3枚」「5枚」などの
奇数で形で揃えていくのが理想的な形になります。

ただ香典の金額をどうしても
20,000円などにしたい場合などは、
10,000円札を1枚、5,000円札を2枚にして
包んでいけば問題ありません。

金額を他の兄弟姉妹より多めに包みすぎない

香典を包む際には、葬儀を執り行う
宗教に合わせて香典袋を用意する必要があります。

宗教によって香典袋の表書きの書き方や
選ぶべき絵柄が異なるので、準備する際には
注意が必要です。

例えば宗教別の表書きと香典袋の種類が
以下の通り。

  • 仏式・・・
    表書きは「御霊前」「御仏前」「御香典」
    (水引が黒白で蓮の花が描かれている香典袋に書く。)
    ※浄土真宗のみ「御霊前」は使えない
  • 神道・神式・・・
    表書きは「御玉串料」「御榊料」
    (水引が白で蓮の花が描かれていない香典袋に書く。)
  • キリスト教・・・
    カトリックの場合の表書きは、「御花料」「御ミサ料」「献花料」「御霊前」
    (水引のない百合の花が描かれている香典袋に書く。)
    プロテスタントの場合の表書きは、「御花料」「忌慰料」「献花料」
    (無地もしくは十字架の描かれた香典袋に書く。)

仏式の場合は、
焼香を行いお香を使うので「お香代」。
神式は、玉串を使うので「玉串代」。

キリスト教は、お花を使うので「お花代」として
表書きを変えなくてはいけないので、
マナーとして失礼のないように包みましょう。

スポンサーリンク

「4」「9」という数字や偶数は避ける

母親の葬儀における香典Q&A

ここまで母親の葬儀における香典を包む際の
守るべきマナーについてまとめていきました。

最後に母親の葬儀における香典において、
よく出る悩みに対する回答をしていきます。

今後に必ず役に立つ項目ばかりなので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

宗教に合わせて香典袋を用意する

配偶者の母親の場合の香典金額相場は、
自分の親と同じ金額相場で香典を包んで
いきましょう。

なぜなら義理の親とは言え、
結婚をした時点で家族同然という扱いになり、
自分の親と同じ立場になるからです。

個別で渡してもいいですし、
結婚相手と一緒に連名で包むのも
どちらでも問題はありませんので、
話し合ってどうするかを決めていきましょう。

スポンサーリンク

母親の葬儀における香典Q&A

友人の母親が亡くなったときは、
普段からの付き合いや仲の良さで
相場が変わってきます。

もし親交が深く仲のいい友人の場合は、
金額相場は5,000円〜10,000円
逆に親交が浅く仲がいいとは言えない友人は、
金額相場が3,000円〜5,000円です

普段からどのような付き合いをしているか、
今後の関係性を考えた上で渡す香典の金額を
決めていきましょう。

配偶者の母親の場合の香典金額相場は?

会社関係者の母親が亡くなったときは、
普段の付き合いから個人で渡すこともありますが
会社が部署ごとに集めて渡す場合もあります。

例えば会社の上司の母親が亡くなった際には、
3,000円〜10,000円ぐらいを包むのが
一般的です。

ただ会社の同僚や部下の母親の場合は、
3,000円〜5,000円を包むのが一般的となります。

ただし会社関係者の香典を包む際には、
上司より金額が高くならないようにする
必要性が出てくるので、上司がどれぐらい
包んでいるかを確認してから準備しましょう。

ここまでの詳しい説明は以下の記事でも
詳しくまとめているので、
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

友人の母親が亡くなったときの香典金額相場は?

母親の葬儀では喪主以外の香典が必要

ここまで母親の葬儀における
香典の考え方や金額相場、
香典のマナーについてまとめていきました。

まとめると喪主以外は母親の葬儀において
香典を包むということがわかりましたが、
母親に対してどれだけ感謝の気持ちを示せるかで
香典の意味合いも変わります。

香典とは遺族に対して弔意を示すものですが、
故人に対してのお悔やみの気持ちを
示すためのものでもあるのです。

どれだけ亡くなった母親に感謝をしているかで
包む香典の金額も変わる場合があるので、
兄弟姉妹としっかりと話し合って
後悔のない金額で香典を包んでくださいね。

ちなみに以下には、『父親』の葬儀における
香典マナーをまとめた記事があるので、
ぜひ一緒に参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、葬儀業界歴10年の「あなたの葬儀」代表の堺です。自分の父親が亡くなって葬儀を執り行うことになった人の中で、「父親でも香典を包む必要はあるの?」と疑問に思っている人はい[…]

香典は父親の葬儀でも包むべき?【金額相場や香典のマナーを紹介】

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
香典は母親の葬儀で包むべきか?【金額相場やマナーをプロが紹介】
最新情報をチェックしよう!