【香典を渡すときの挨拶方法】挨拶をする際の注意点やマナーを紹介

【香典を渡すときの挨拶方法】挨拶をする際の注意点やマナーを紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀場にて香典を渡そうと思っている人の中で、
どのような挨拶をすれば相手に失礼にならないのか
分からないという方はいませんか?

香典を渡すとなると葬儀場の受付に向かって
渡す必要が出てきますが、できれば失礼のない
マナーを守った挨拶をしたいところですよね。

そこで本記事では、香典を渡す時の
正しい挨拶方法や挨拶をする際の注意点を
紹介していきます。

  • 香典を渡すときの挨拶方法
  • 香典を渡す人が挨拶時に注意すべきポイント
  • 香典を受け取る「挨拶をされた」側の対応方法

本記事を読むだけで、香典の受け渡しにおける
正しい挨拶方法が分かるので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

香典を渡すときの挨拶方法

香典を渡すときの挨拶方法

結論として、香典を渡す時の挨拶は
通夜・告別式の時と四十九日法要後とで
挨拶の仕方が変わってきます。

なのでそれぞれの状況において
適切な挨拶方法を見ていきましょう。

通夜・告別式の時に香典を渡す時の挨拶方法

通夜・告別式の時に香典を渡していく際には、
お悔やみの言葉を挨拶として伝えていくのが
基本的なマナーです。

お悔やみの言葉を挨拶として伝えることで、
渡す相手に弔意を示していくことができます。

例えば、以下のように挨拶をすれば
問題ありません。

  • 「この度はご愁傷様でございます」
  • 「この度は心よりお悔やみ申し上げます」
  • 「心中お察しいたします」
  • 「誠にご愁傷様です。御霊前に(香典を)お供えください」

香典を渡す相手というのは、一般的には
葬儀場の受付にいる人に渡すことが多いですが、
状況によっては喪主の場合もあります。

ただどちらもお悔やみの気持ちを伝えることに
変わりはありませんので、上記の言葉を伝えて
弔意の気持ちを示していけば問題ありません。

お悔やみの言葉というのは
「亡くなったことを悔やむ」という意味もあるので、
香典を渡すと同時に、最初の挨拶として
お悔やみの言葉を伝えていきましょう。

また葬儀でかける言葉を
まとめた記事が以下にありますので、
気になる方はぜひ一緒にチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜や葬儀が執り行われると聞いていざ葬儀式場に向かった際に、どのような言葉を伝えるべきなのかで迷っ[…]

【葬儀でかける言葉まとめ】喪主・親族・受付・友人別でプロが解説
スポンサーリンク

四十九日法要後に香典を渡す時の挨拶方法

四十九日法要でも
葬儀の時と同じように香典を渡しますが、
挨拶の仕方が異なります。

四十九日以降となると、故人を亡くした
ご遺族の気持ちも落ち着いているということで
「ご愁傷様(傷づいた気持ちを気遣う言葉)」
などのお悔やみの言葉を使った挨拶は致しません。

もし挨拶の言葉を使用するとなると、
四十九日後は以下のように伝える必要があります。

  • 「本日はお招きいただき、ありがとうございます」
  • 「本日はお招きいただき、大変恐縮に思います。心ばかりですが、よければ仏前にお供えください」

上記の通り。

四十九日法要後となると
葬儀からかなりの時間が立っているので、
状況が異なり、挨拶の仕方も変化します。

故人を弔う気持ちを忘れてはいけませんが、
挨拶1つで遺族に対して失礼に値する場合が
あるので注意しましょう。

香典を渡す人が挨拶時に注意すべきポイント

香典を渡す人が挨拶時に注意すべきポイント

ここまで香典を渡す際の挨拶方法を
詳しくまとめていきました。

葬儀の場では多くを語る必要がないことが
わかったと思いますが、香典を渡す人は
挨拶をする際にはいくつか注意点があります。

まとめると以下の通り。

  • 書き言葉によるお悔やみの言葉を使わない
  • 忌み言葉や重ね言葉を使わない
  • 励ましの挨拶をしない

上記の通り。

せっかくお悔やみの気持ちを
香典を渡す際に伝えたとしても、
たった一言のキーワードを伝えることで
失礼になるケースも少なくありません。

どう言った意味か、順番に解説していきます。

書き言葉によるお悔やみの言葉を使わない

よく葬儀の場では間違いがちなのですが、
お悔やみの言葉には
『書き言葉』と『読み言葉』などがあります。

書き言葉でのお悔やみの言葉は、
主に手紙などで使用していくのが特徴でして、
口頭で伝えてしまうと失礼に値する
場合があるのです。

例えばお悔やみの言葉で
『書き言葉』の例を示すと以下の通りです。

  • 「哀悼の意を表します」
  • 「ご冥福をお祈りいたします」

「哀悼の意を表します」は
『人の死を悲しみ、心が痛む』
という
意味合いがありますが、
書き言葉として使用されます。

また「ご冥福をお祈りいたします」は
『故人の死後の幸福を祈る』
という意味が
あり、同じく書き言葉として使われるのです。

基本的には「ご愁傷様」などの読み言葉で
挨拶をしていくのが正しい使い方になるので、
喪主や受付にて香典を渡す際には注意しましょう。

スポンサーリンク

忌み言葉や重ね言葉を使わない

忌み言葉や重ね言葉を使わない

葬儀に参列する人が注意すべきポイントとして、
『忌み言葉』や『重ね言葉』はできる限り
使用しないようにしましょう。

それぞれには以下のような意味合いが
込められています。

  • 忌み言葉・・・不吉な意味合いがあるとされている
  • 重ね言葉・・・不幸が重なると言われている
またそれぞれの言葉の例をあげると
以下の通りです。
(忌み言葉の例)
  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 無くす
  • 滅ぶ
  • 迷う
  • 倒れる

(重ね言葉の例)

  • わざわざ
  • たまたま
  • 重ね重ね
  • しばしば
  • いよいよ
  • くれぐれも

上記の通り。

葬儀の場では『忌み言葉』や『重ね言葉』は
イメージの悪い言葉とされています。

遺族にとってはマイナスの印象を
与えかねないので、挨拶をする際には
注意をしましょう。

励ましの挨拶をしない

遺族の悲しみを少しでも和らげようと
励ましの挨拶をしようとする人もいますが、
決して言ってはいけません。

なぜなら悲しんでいる時に
励ましの挨拶を伝えられたとしても、
遺族の心が休まることはなく
逆に負担を感じるケースが多いからなんですね。

例えば励ましの挨拶の例を示すと、以下の通り。

  • 「頑張ってくださいね」
  • 「故人もきっと幸せですよ」
  • 「元気を出してください」

葬儀業界に勤めて見てきましたが、
上記の言葉を伝えたことによって
実際にトラブルが起こってしまったという
事例もありました。

遺族の気持ちを和らげようとすることは
とても大切ではありますが、
故人が亡くなったという悲しみの深さは
遺族にしか分かりません。

なので参列者は余計なことは言わず、
一言二言お悔やみの言葉を伝えて
簡単な挨拶を済ませるようにしましょう。

スポンサーリンク

香典を受け取る「挨拶をされた側」の対応方法

香典を受け取る「挨拶をされた側」の対応方法

ここまで香典を渡す参列者が
挨拶をする際の注意点について
まとめていきました。

では逆に香典を受け取る挨拶をされた側は
どのような対応で挨拶を返すのが
正解なのでしょうか?

結論をいうと、

  • 「痛み入ります。」
  • 「お心遣いありがとうございます。」
  • 「大変恐縮でございます。」

などと簡単な一言を
お伝えするだけで問題ありません。

弔意の気持ちを示すために
香典を渡してくれているので、
お悔やみの気持ちに対して失礼のない
言葉でお返しするのがマナーです。

またあまり長い言葉で話しては、香典を渡したいと
考えている他の参列者に迷惑がかかる場合もあります。

なのでできるだけ簡潔に挨拶を済ませるのが、
香典を受けた側の正しい対応方法になりますね。

まとめ|香典を渡すときは挨拶をしよう

香典を渡すときは挨拶をしよう

ここまで香典を渡す際の
正しい挨拶方法や挨拶時の注意点、
香典を渡された側の対応方法を
紹介してきました。

香典を渡す際には何か伝えなくては
いけないと考えがちですが、
多くは語らずに気持ちを込めて
失礼のない言葉を伝えるだけで問題ありません。

逆に何も挨拶の言葉を伝えずに
そのまま香典を渡しても、
渡した相手に弔意を示すことは
できないでしょう。

挨拶をすることで故人に対する
悲しい気持ちを伝えることにも繋がるので、
ぜひマナーを守った挨拶をして
香典を渡す人に弔意を示してみてください。

香典のマナーもしっかりと守ろう

また香典を渡す以前に、
香典はマナーを守って包む必要があります。

香典の書き方や包むべき金額など、
挨拶以前に守るべき項目がたくさんあるのです。

なので以下では、香典のマナーで
覚えておくべきポイントを
詳しくまとめておきました。

香典をまだ渡していないという方は、
まずは上記のサイトでマナーを
しっかりと守っているかを確認してから
準備を進めてみてください。

失礼のない対応をすることが、
遺族にとっての正しい気遣いになりますよ。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【香典を渡すときの挨拶方法】挨拶をする際の注意点やマナーを紹介
最新情報をチェックしよう!