【香典で3000円を包むべき人】書き方や注意点をプロが紹介

【香典で3000円を包むべき人】書き方や注意点をプロが紹介

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

葬儀が執り行われることを聞いて
香典を包もうと考えている人の中で、
『3,000円』という金額を包もうと考えている
人はいませんか?

香典を包もうと考えたときに
最低でも3,000円を包まなくてはいけないと
考えてしまいますよね。

ただ香典では3,000円を包むべき人が
いることをご存知でしょうか?

本記事ではそんな葬儀において
3,000円という金額で香典を包むべき人や、
正しい香典袋の書き方、注意点を
紹介しています。

【本記事を見て分かること】

  • 香典で3000円を包むべき人【金額相場から算出】
  • 香典で3000円を包む際の香典袋の書き方
  • 香典で3000円を包む際の注意点
  • 3000円の香典に対する香典返し

本記事を読むだけで香典を包む際の
正しいマナーが分かるので、
遺族に対して失礼のないように
香典の渡すことができるはずですよ。

香典で3000円を包むべき人【金額相場から算出】

香典で3000円を包むべき人【金額相場から算出】

先に結論を伝えると、
香典で3,000円を包むべき人というのは
故人との関係性によって決まってきて、
主には以下の人たちを示します。

  • 友人・知人関係
  • 会社関係の上司・同僚・部下
  • 近所の人・自治会関係者

一般的な葬儀のマナーとして、
香典にて包むべき金額相場というのは
決まっているんですね。

例えば、一般的な葬儀における
香典の金額相場が以下の通り。

故人との関係性香典金額相場
自分の親50,000円〜100,000円
※喪主や施主の場合は葬儀料金を支払う形なので、香典を包まないことが多い
自分の祖父・祖母10,000円〜50,000円
※ただし社会人になっていない場合は、両親が支払ってくれることが多いので、香典を包まなくてもよい。
自分の兄弟姉妹30,000円〜100,000円
※ただし他の兄弟姉妹がいる場合、香典の金額に差があるとトラブルの元なので要相談。
自分の近しい親戚10,000円〜30,000円
※「普段からお世話になっている」など親交関係が深いなら多めに包むことが多い。
自分の遠い親戚5,000円〜30,000円
※普段から親しい間柄だったかどうかで、金額を決めることが多い。
配偶者50,000円〜100,000円
※配偶者の親が喪主や施主を務める場合には香典を包む。自分が喪主や施主の場合は葬儀料金を支払う形なので、香典を包まないことが多い。
配偶者の親50,000円〜100,000円
※「自分の親」と同じ金額。
配偶者の祖父・祖母10,000円〜50,000円
※「自分の祖父・祖母」と同じ金額。
配偶者の兄弟姉妹30,000円〜100,000円
※「自分の兄弟姉妹」と同じ金額。
配偶者の近しい親戚10,000円〜30,000円
※「自分の近しい親戚」と同じ金額。
配偶者の遠い親戚5,000円〜30,000円
※「自分の遠い親戚」と同じ金額。
友人・知人関係3,000円〜10,000円
※親しい関係性だったなら、10,000円。それ以外は3,000円〜5,000円が多い。
会社関係の上司・同僚・部下3,000円〜10,000円
※普段からの関係性や他の会社側の人間がどれぐらい包むかで決める。ただし、上司より多く包まないことがポイント。
近所の人・自治会関係者3,000円〜5,000円
※自治会内での決まりや地域の風習に合わせた金額を包むことが多い。

上の図から見たら分かりますが、
3,000円という金額を包むべき人というのは
だいぶ限定されることが分かりますね。

ただし葬儀の規模はどれぐらいか、
香典を渡す人の年齢はいくつなのか、
故人とどのような付き合い方をしていたかで
相場が変化することも少なくありません。

なので香典で3,000円を包もうと考える人は、
まずは故人や遺族との関係性を考えてから
包んでいくのがおすすめですね。

以下の記事では故人との関係性や年齢によって
包むべき香典の金額相場について
詳しくまとめているので、気になる方は
ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。これから葬儀に参列する予定の方の中で、香典を包むのはいくらが正解なのかで悩んでいる方はいませんか?[…]

香典はいくら包むのが正解か?身内・親戚・会社・友人別でプロが解説

香典で3000円を包む際の香典袋の書き方

香典で3000円を包む際の香典袋の書き方

ここまで香典で3,000円を包むべき人が
分かったかと思います。

あとは香典袋を用意するだけですが、
香典袋の準備を進めていく際には
「表書きの書き方」や「中袋の書き方」などに
注意しなくてはいけません。

そこでここでは、
3,000円を香典にて包む際の
香典袋の正しい書き方を解説していきます。

表書きの書き方

3,000円の香典を包む際の表書きの書き方

香典袋を用意する際に
必ず書かなくてはいけない表書きですが、
宗教や宗派によって変えなくてはいけません。

例えば宗教ごとに分けると、
表書きの例は以下の通り。

  • 仏式・・・
    表書きは「御霊前」「御仏前」「御香典」
    (水引が黒白で蓮の花が描かれている香典袋に書く。)
    ※浄土真宗のみ「御霊前」は使えない
  • 神道・神式・・・
    表書きは「御玉串料」「御榊料」
    (水引が白で蓮の花が描かれていない香典袋に書く。)
  • キリスト教・・・
    カトリックの場合の表書きは、「御花料」「御ミサ料」「献花料」「御霊前」
    (水引のない百合の花が描かれている香典袋に書く。)
    プロテスタントの場合の表書きは、「御花料」「忌慰料」「献花料」
    (無地もしくは十字架の描かれた香典袋に書く。)

上記の通り。

香典とはもともと亡くなった人の霊前に備える
お香や線香に変わる金品として
お供えされていました。

仏式は、焼香時にお香を使うので「お香代」。
神式は、焼香の代わりに玉串を使うので「玉串代」。
キリスト教は、お花を使うので「お花代」として
表書きを変える必要があるのです。

表書きの名前の書き方

表書きには名前も書きますが、
以下のように書き分けなくてはいけません。

  • 個人で香典を出す場合・・・
    フルネームで個人名を書く。
  • 2人以上を一緒にまとめて出す場合・・・
    連名にて名前をフルネームで書く。右から順番に立場が高い人から書いていく。
  • 団体でまとめて香典を出す場合・・・
    『〇〇(団体名)一同』『親戚一同』『子供一同』など、まとめて書く。

名前を間違えてしまうと
香典返しを準備しようとしてくれる
遺族に迷惑をかけてしまうことになるので、
分かりやすいように名前を書くようにしましょう。

中袋の書き方

3,000円の香典を包む際の中袋の書き方

中袋には表面に金額を書き、
裏面には住所と名前を書いていくのが
一般的です。

表書きの金額の書き方

葬儀のマナーとして、
香典の金額は旧漢字で書く必要があります。

3,000円を包む際には、
「金 参仟圓也」「金 参阡圓也」
書いていきましょう。

ただし近年は「金 三千円也」と書いている人も
増えてきていて厳格なマナーはありませんので、
難しい場合は「金 三千円也」でも問題ありません。

裏面の書き方

一般の封筒を郵便で出すときと同じように、
左下に郵便番号や住所、名前を書いていきます。

ただし個人で香典を包む場合は自宅の住所を書き、
会社関係で香典を包む場合は会社の住所と
代表者の名前を書くようにしましょう。

中袋がない場合

中袋がない場合

香典袋の種類によっては、中袋がない場合があります。
その場合は香典袋の外側に
住所と名前を書いていきましょう。

書き方は中袋の表面と裏面に書く方法と
同じやり方で問題ありません。

※裏面には金額を書く場合もありますが、
そのまま包んだ金額が見えてしまうということで
書かない人がほとんどです。

香典で3000円を包む際の注意点

香典で3000円を包む際の注意点

ここまで3,000円の香典を包んだ際の
香典袋の書き方についてまとめていきました。

あとはお金を包んでいくだけですが、
以下の点に注意しなくてはいけません。

  • 新札やボロボロのお札は避ける
  • お札の肖像画が見えないようにする

順番に解説していきます。

新札やボロボロのお札は避ける

香典にてお札を包んでいく際には、
新札やボロボロのお札はできるだけ
包むのは避けましょう。

なぜなら新札で包むと事前に準備していたと
捉えられてしまい、
訃報が流れることを
事前に予感していたと思われてしまうからです。

さらにボロボロのお札では、
見た目が悪いという理由で失礼に当たることも
少なくありません。

なので新札は少し折り目を付けたり、
ボロボロのお札は綺麗なお札に交換するなどして
対応をしていけば良いでしょう。

実際にお札の見た目を気にする遺族は多いので、
失礼のない対応をしていくことが
参列者には求められますよ。

お札の肖像画が見えないようにする

お札の肖像画が見えないようにする

香典を包む際のマナーとして、
お札に描かれている肖像画は香典袋を開いたときに
見えないようにしていきます。

肖像画を伏せることの意味合いは
「故人の別れを悔やむ」という意味を示しており、
遺族に対して弔意を示すことができるんですね。

なので肖像画は香典袋を開けたときに
見えないように包むためにも、
裏向きにお札を入れるようにしていきましょう。

ただし地域の風習によっては
肖像画を上にするという地域もあるので、
事前に葬儀社に確認するなどして包むのが
正しい対応方法ですよ。

3000円の香典に対する香典返し

3000円の香典に対する香典返し

香典を受け取った遺族は、
「香典返しを準備しなくては!」と
考えるのが一般的です。

では3,000円の香典に対する香典返しは、
どのように対応をしていくべきなのでしょうか?
順番に解説していきます。

香典返しは渡しても渡さなくてもいい

結論として3,000円の香典なら
香典返しは渡しても渡さなくても
どちらでも問題はありません。

3,000円という金額は香典の中でも少額でして、
香典を渡した人も「お返しはいりません」という
意味を持たせている場合があります。

ただ近年の香典返しは種類が豊富で、
少額の香典に対する香典返しが渡せるように
なってきました。

なので香典返しは渡すか渡さないかは、
喪主が参列者に対してお礼の品物を渡したいか
どうかで決まってくるということになります。

香典返しの代わりに会葬御礼品を渡すことが多い

ただ近年の葬儀では、
会葬御礼品を渡すことによって
香典返しの代わりとする場合が増えてきました。

会葬御礼品とは、葬儀に参列してくれた人全員に
渡すお礼の品物
でして、少額で用意できるものが
取り揃えられています。

3,000円の香典でお返しをするとなると、
相場として500円〜1,500円ぐらいが
理想的ですが、会葬御礼品なら相場内で
選ぶことができるのです。

なのでもし3,000円の香典に対して
何かお礼のお返しをしたいと考えるなら、
会葬御礼品を渡してお返しを終わらせることも
検討してみると良いでしょう。

以下の記事では会葬御礼品と
香典返しの違いについて詳しくまとめているので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、大手葬儀社に6年間勤めた経歴がある「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀を執り行う際に会葬御礼品や香典返しなどを用意することがありますが、ちゃんとした違いについてはっきり[…]

【会葬御礼品と香典返しの違い】意味・相場・品物の違いをプロが解説

3,000円の香典におけるまとめ

3,000円の香典におけるまとめ

ここまで香典で3,000円を包むべき人や
香典袋の書き方、包む際の注意点などを
詳しくまとめていきました。

香典は故人との関係性によって
金額相場が変わってくることが分かりましたが、
何より大切なのは金額ではなく、
故人に対して弔意の気持ちを示すことが大切です。

中には「3,000円では少ないのではないか?」と
感じる人もいるかもしれませんが、
自分の立場を理解しつつちゃんと弔う気持ちを
持って香典を渡せば失礼ではありません。

遺族としても香典を渡してくれたことには
感謝の気持ちを示してくれるはずなので、
ぜひ本記事を参考にして失礼のない
対応をしてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

【香典で3000円を包むべき人】書き方や注意点をプロが紹介
最新情報をチェックしよう!