【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開こうと考えている人の中で、
香典をもらうのをなしにして、ひっそりと
葬儀を開こうと考えている人はいませんか?

香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの
小規模な葬儀で執り行われことが多いですが、
これから家族葬を開く予定の人は自分たちも
すべきなのか悩んでしまいますよね。

しかし近年では、香典をもらわない遺族も増え
香典なし・香典辞退をする人が当たり前のように
出てきているのです。

ではそんな香典なしの実態とはどう言ったものなのか、
本記事で紹介していきます。

本記事を読めば、家族葬での香典なしをする
メリット・デメリットややり方、注意点などが
全部分かるはずですよ。

家族葬での香典なしが当たり前に

家族葬での香典なしが当たり前に

一昔前の葬儀というのは、葬儀で香典を
もらうというのが当たり前の世の中でした。

しかし近年の葬儀は、核家族化や経済悪化の
影響によって家族だけで行う家族葬という形が
増えてきたのです。

そんな新しい葬儀が増え始めたおかげで、
葬儀に人を呼ばなくなったのもそうですが
香典なし・香典辞退をする人が増えてきたと
言っても過言ではありません。

香典なし・香典辞退をする人が増えている

もともと葬儀というのは
かなりの費用がかかってくるものですが、
費用面での負担を減らすという意味で
香典から工面をすることがほとんどでした。

しかし葬儀の形が時代の流れとともに変化し、
大々的にたくさんの人を呼ぶのではなく
家族だけで執り行われる葬儀が
増えてきたんですね。

家族葬の種類によりますが、一般葬より
費用面が安く済むというメリットがあるので、
香典をもらわなくても遺族だけでなんとか
工面をすることもできます。

今までだったら香典に入っているお金で
葬儀にかかってくる費用を補っていましたが、
費用の負担が減ったことで香典辞退を
する人が増えてきたのです。

家族葬=香典なしではない

よく家族葬をするのなら
香典なし・香典辞退をしなくてはいけないと
考える人もいますが、それは大きな間違いです。

あくまで家族葬というのは形だけの問題で、
香典をもらってはいけないというマナーは
ありません。

さらに家族葬と言っても形はさまざまでして、

  • 一般の参列者を呼ぶ家族葬
  • 親族や身内だけを呼ぶ家族葬
  • 故人の家族だけで行う家族葬

などがあります。

家族や親族などで行う家族葬なら、ちゃんと
香典なし・香典辞退をする理由を説明すれば
取り組みに対する理解はしてくれるでしょう。

しかしもし一般参列者の方を呼ぶ家族葬を
執り行う予定なのであれば、香典を渡そうと
考えている参列者にちゃんとした説明を
しなくてはトラブルになる可能性もあります。

なぜ香典なしをするのかなどを
伝える必要があるので、遺族は香典辞退をする
メリット・デメリットを理解する必要があるのです。

家族葬で香典なし・香典辞退をするメリット・デメリット

家族葬で香典なし・香典辞退をするメリット・デメリット

ではここで家族葬で香典なし・香典辞退を
するメリット・デメリットについて
解説していきます。

順番に見ていきましょう。

メリット

まず家族葬で香典なし・香典辞退をする際の
メリットは以下の通りです。

  • 香典に対する返礼品を用意しなくていい
  • 参列者に金銭的負担をかけさせない
  • ゆっくりと葬儀を終わらせることができる

香典なしにするということは、
もちろん香典に対する返礼品は必要なくなるので
葬儀費用が安くなります。

さらに参列者に金銭的負担を与えないだけでなく、
香典の管理なども必要なくなるので、
誰も負担のないゆっくりと後悔のない葬儀を
執り行えることができるんですね。

デメリット

次にデメリットは以下の通りです。

  • 葬儀費用を全額自費で行う必要がある
  • 周りに理解してもらうまでが大変
  • せっかくのご好意を無下にすることもある

香典なし・香典辞退は葬儀費用を
全額喪主が負担をすることになるので、
家族葬の種類によっては大きな経済的負担を
余儀なくされます。

さらに香典なしをすることに理解してくれない
親族もいたりするので、説明が大変なことも。。。

他にも香典辞退をしていたとしても
香典を持ってくる場合もあるので、そうなると
せっかくのご好意を無下にしてしまうことも
あるのです。

もし香典なしをするということでしたら、
メリット・デメリットを理解した上で
執り行うことをおすすめします。

家族葬で香典なし・香典辞退をするやり方

家族葬で香典なし・香典辞退をするやり方

ではもし家族葬で香典なし・香典辞退をすると
決めた際にはどのような流れで進めていけば
いいのでしょうか?

以下にて流れを解説します。

  • 遺族全員で香典をもらわない意向を固める
  • 葬儀社に「香典なし」にする旨を伝える
  • 香典を辞退することを参列者に伝える

順番に解説していきます。

遺族全員で香典をもらわない意向を固める

まずは遺族全員で香典をもらわない意向を
固めていきましょう。

遺族全員が納得しないことには、
後に説明不足によるトラブルが発生する
可能性があるので、みんなの意見を
参考にしながら決めていきます。

特に昔ながらの葬儀を知っている人からしたら
香典なしにする理由が分からない方もいるので、
先述したメリット・デメリットを理解した上で
説明していきましょう。

葬儀社に「香典なし」にする旨を伝える

葬儀社に「香典なし」にする旨を伝える

もし香典なし・香典辞退をする決意が固まったら、
葬儀社に香典なしの意向を示しましょう。

香典をもらわない意向を伝えることで、
葬儀社に認識してもらうだけでなく、
遺族の代わりに参列者に説明してくれることも
あります。

葬儀社によっては『香典辞退』という
看板を式場前に出してくれることもあるので、
決まり次第すぐに伝えるようにしましょう。

香典を辞退することを参列者に伝える

もし一般参列者を呼ばない、身内だけの
家族葬をするなら香典を辞退することを
伝えましょう。

早めに連絡をすることで、
家族葬にかける想いを伝えれるだけでなく
香典を準備をする手間を減らすことが
できます。

ちなみに香典辞退の連絡するのが
気が引けるということでしたら、
式場に来た時に意向を伝えていくという方法でも
問題はありません。

家族葬で香典なし・香典辞退をする際の注意点

家族葬で香典なし・香典辞退をする際の注意点

ここまで家族葬で香典なし・香典辞退をする際の
流れについて解説してきました。

ただ香典をもらわない家族葬をする場合には
以下の注意点に気をつけながら
執り行わなくてはいけません。

  • 供物・供花辞退も検討する
  • 参列者の中には香典を持ってくる人もいる
  • 葬儀費用を決める際には細心の注意を払う

順番に解説していきます。

供物・供花辞退も検討する

もし香典辞退をするということなら、
供物・供花辞退も検討しておきましょう。

というのも香典を渡せないかわりに、
供物や供花はしっかりとしたものを送ろうと
考える人も少なくないからです。

もちろん受け取るかは自由なのですが、
供物をもらった人にはちゃんとした
お礼をするのが葬儀の基本的マナーとなります。

少しでも葬儀による負担を減らしたいと
考えるなら、供物や供花をもらうのは避ける
方向性も検討しなくてはいけませんね。

参列者の中には香典を持ってくる人もいる

参列者の中には香典を持ってくる人もいる

いくら香典辞退を伝えて、葬儀社に協力を喘いでも
香典を渡そうとしてくる人もいます。

悪気があるわけではないのですが、
故人と深いつながりがある人や
喪主と関係性が深い人が渡してくる傾向に
あるんですね。

もちろんその場で断ることもできますが、
今後の関係性に支障をきたすと感じたら
無下に断らず、ありがたく香典をいただく
ようにしても良いでしょう。

ただその時は香典に対するお返しを
用意するのがマナーなので、ちゃんとお礼を
用意して、葬儀後に渡すような段取りを
考える必要がありますね。

葬儀費用を決める際には細心の注意を払う

香典なし・香典辞退をすると
葬儀費用を全額喪主が負担するということなので、
葬儀費用を決める際には細心の注意を
払いましょう。

葬儀費用は家族葬を選んだからといって
安くなるわけではなく、葬儀社が用意している
プランや品目の内容次第で決まってきます。

さらにオプションなどをつけていくと、
一般葬をした方が安かったという事例もあり、
「やっぱり香典をもらっておけばよかった」
という声は、私は何度も聞いてきました。

なので必ず葬儀費用を決める際には、
香典をもらわず自分たちで費用を工面する、
ということを頭で考えながら
決めていくことをおすすめしますよ。

まとめ|家族葬で香典なし・香典辞退を選ぶ際は話し合いを

家族葬で香典なし・香典辞退を選ぶ際は話し合いを

ここまで家族葬における、香典なしを選ぶことの
メリットやデメリット、やり方や注意点を
まとめていきました。

実際に家族葬で香典をもらわない人は
増えてはきているものの、昔の葬儀を見ている
人からすると、まだまだ理解をされない
部分であるのは間違いありません。

しかしそんな時に大切なのは、
親族同士による話し合いです。

どうして香典なしを選ぶのか。
どうして家族葬で行うのか。
話し合うことはたくさんあるはずです。

ちゃんと話し合いをして、遺族全員が納得のいく
家族葬を執り行うのが後悔のない葬儀と
言えるのではないでしょうか。

それでは以上です。
ありがとうございました。

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介
最新情報をチェックしよう!