家族葬の弔電(電報)は送ってもいい?【参列しない人のマナーを紹介】

家族葬の弔電(電報)は送ってもいい?【参列しない人のマナーを紹介】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年の経験がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を執り行うことを聞いて
弔電・電報を送ろうと考えた人の中で
「家族葬なのに弔電や電報は送ってもいいの?」
悩んでいる人はいませんか?

一般的な葬儀ならまだしも、
家族葬ともなると送っても迷惑にならないか
心配になってしまいますよね。

できれば基本的な弔電・電報マナーを知って、
失礼のないようにしていきたいところ。。。

そこで本記事では、
家族葬でも弔電・電報を送っていいかの
回答をしつつ、基本的な家族葬における
弔電・電報マナーをまとめていきました。

最後には弔電・電報を作ってくれる
サービスも紹介しているので、これから
弔電を送ろうと考えている人は
ぜひ本記事を活用してみてください。

家族葬でも弔電(電報)は送ってもいいか?

家族葬でも弔電(電報)は送ってもいいか?

まず結論として、家族葬でも
弔電(電報)は送っても問題ありません。

なぜなら香典や供物を送るのとは違い、
遺族側がお礼のお返しの品を用意する必要が
ないからです。

弔電は負担をかけさせない弔意の示し方なので問題なし

香典や供物、弔電というのは
遺族に対して弔意を示す方法として
有名ですね。

ただ香典や供物の場合には、
遺族側が金額に合わせたお返しをするというのが
葬儀のマナーとしてあります。

その一方で、お返しの品を用意しなくてもいいのが
弔電(電報)となるんですね。

もちろん弔電のお礼として手紙や電話での
お返しをするのが弔電のお返しとも言われていますが、
香典や供物とは違って金銭的負担を遺族に
かけさせません。

なので迷惑をかけることが少ない弔電は、
家族葬だとしても送って問題はないんですね。

弔電(電報)辞退をしている場合はNG

ただし家族葬を執り行う遺族によっては、
弔電(電報)を辞退している場合もあります。
そうなったときは、弔電を受け取らない
意思表示を示しているので送ってはいけません。

家族葬に限らず、葬儀というのは
遺族主体で葬儀全体の内容を
決めていくものです。

そして弔電を辞退しているということは、
何かしら弔電が必要でない理由が
あるということになります。

いくら弔電はお返しが必要ないからと言っても、
遺族の意向を無視するのは、
葬儀マナーとしてNGです。

弔電辞退と書いていることは少ないですが、
「香典やお供物を含めた一切をお断りします」
という明記があった場合には、弔電も含まれている
可能性があるので送らないようにしましょう。

香典辞退に関しての記事が以下にあるので、
近年の家族葬における香典事情を知りたい方は
以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開こうと考えている人の中で、香典辞退を検討している人はいませんか?家族葬となると『家族だけの葬儀』というイメージなので、参列[…]

家族葬では香典辞退をするべき?【伝え方や対応方法をプロが紹介】

家族葬に参列しない人の弔電(電報)マナー

家族葬に参列しない人の弔電(電報)マナー

ここまで「家族葬に弔電を送ってもいいか?」
疑問について回答していきました。

続いて弔電を送ると仮定した場合、
どのようなマナーに気をつけなくては
いけないかについてです。

基本的には以下の点に気をつければ、
マナーとして失礼にあたりません。

  • 葬儀に間に合うように届ける
  • 弔電ならではの敬称に気を付ける
  • 忌み言葉に気を付ける

順番に詳細を見ていきましょう。

葬儀に間に合うように届ける

葬儀は急な連絡が入るため、
早めに弔電の準備をしなくては
葬儀に間に合わない場合があります。

さらに都会なら連絡すればすぐに
対応してくれることがほとんどですが、
田舎の場合では配達が遅れるということも
少なくありません。

また電報サービスを行っているところによっては、
弔電が届くのが遅くなるなんてことも。。。

なので弔電を送ることを決めたら、
早めに電報サービスに連絡をして
弔電を手配してもらいましょう。

弔電ならではの敬称に気を付ける

弔電ならではの敬称に気を付ける

弔電を依頼する場合には、基本的に
電報サービスが作成してくれるので
お任せしていれば問題ありません。

ただし『敬称』だけは間違えないように
しっかりと喪主に確認をしてから
手配をする必要があります。

例えば以下の通りです。

  • 喪主の祖父が亡くなった場合
    →ご祖父さま、または御祖父さま
  • 喪主の祖母が亡くなった場合
    →ご祖母さま、または御祖母さま
  • 喪主の父が亡くなった場合
    →ご尊父さま、またはお父さま
  • 喪主の母が亡くなった場合
    →ご母堂さま、またはお母さま

上記の通りです。

喪主が故人とどう言った関係かによって
敬称が変化してきます。

名前の間違いをしてしまうと
家族葬に参列している親族から指摘されてしまい、
喪主が恥をかくこともあるので注意しましょう。

忌み言葉や重ね言葉に気を付ける

弔電に限らずですが、葬儀マナーとして
忌み言葉や重ね言葉は使用しないように
注意しましょう。

  • 忌み言葉・・・不吉な意味合いがあるとされている
  • 重ね言葉・・・不幸が重なると言われている
またそれぞれの言葉の例をあげると
以下の通り。
(忌み言葉の例)
  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 無くす
  • 滅ぶ
  • 迷う
  • 倒れる

(重ね言葉の例)

  • わざわざ
  • たまたま
  • 重ね重ね
  • しばしば
  • いよいよ
  • くれぐれも

他にもたくさんありますが、
ついつい使いがちな言葉が
忌み言葉や重ね言葉となることがあります。

なので実際に弔電を送る際には、
できるだけ避けるようにしましょう。

弔電(電報)を送ることができるサービスを紹介

弔電(電報)を送ることができるサービスを紹介

ここまで弔電を送る際の対応マナーについて
まとめていきました。

ここで弔電を送ることができる
電報サービスを紹介していきます。

まとめると以下の通り。

上記は電報サービスをしている中でも
有名どころです。

どのサービスを利用しても
問題はありませんが、弔電の見た目や
配送までのスピードが違ったりと
それぞれで違いがあります。

なのでもし迷われた方は、
状況に合わせて遺族が喜ぶように
弔電を手配してみてください。

家族葬で弔電を受け取った場合の対応方法

家族葬で弔電を受け取った場合の対応方法

ここまでは弔電を送りたい人がすべき対応方法を
まとめていきました。

では逆に家族葬で弔電を受け取った際には、
どのような対応をしていけばいいのでしょうか?

基本的には受け取った側の遺族としては、
弔電を辞退していたとしてもありがたく
受け取るのがマナーとなります。

なので弔電が届いた瞬間に
お礼の連絡をするも良し。
他には、家族葬が終わった際に
改めて直接お礼を伝えるのもいいでしょう。

お礼の仕方としては電話やお礼状を出し、
家族葬を開いたことを詫びつつも
感謝の気持ちを示していきましょう。

まとめ|家族葬では弔電(電報)で弔意を示そう

家族葬では弔電(電報)で弔意を示そう

ここまで家族葬で弔電(電報)は
送ってもいいかについて解説しつつ、
基本的なマナーを紹介してきました。

家族葬となると、中には
香典辞退や供物辞退をしている遺族も
少なくありません。

そうなると参列できない人たちは
弔意を示すことができなくなりますが、
弔電であれば遺族に迷惑をかけずに
故人を弔うことができます。

なのでもし、故人に対して
弔意を示したいという意向があるのでしたら、
弔電を選ぶのがおすすめです。

弔電なら遺族に負担をかけずに
弔意を示すことができるので、
家族葬が執り行われることを知ったら
ぜひ弔電を送ることを検討してみてくださいね。

また近年家族葬における香典なしが
当たり前になってきました。
香典辞退をしている家族葬事情を知りたい方がいましたら
ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開こうと考えている人の中で、香典をもらうのをなしにして、ひっそりと葬儀を開こうと考えている人はいませんか?香典なし・香典辞退とい[…]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

それでは以上です。
ありがとうございました。

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

家族葬の弔電(電報)は送ってもいい?【参列しない人のマナーを紹介】
最新情報をチェックしよう!