【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開こうとしている人の中で、
どのようなトラブルが起きがちなのか
知りたいと思っている人はいませんか?

家族葬はまだまだ世間に認知されていない
部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが
起こってしまうこともしばしば。。。

できれば葬儀という故人を弔う場面では、
トラブルなどは避けたいところですよね。

そこで本記事では、家族葬におけるトラブル例を
実際の実例を踏まえながら紹介しつつ、
正しい対策法を解説していきます。

本記事を読めば、どんな家族葬を開いても
トラブルのない葬儀を開いていくことが
できるはずですよ。

スポンサーリンク

家族葬でよくあるトラブル例3選

家族葬でよくあるトラブル例3選

結論として、家族葬でよくあるトラブル例は
以下の3つです。

  • 金銭面によるトラブル
  • 親族間におけるトラブル
  • ご近所トラブル

家族葬でトラブルが起きるとなると、
主には上記の3つが中心と巻き起こることが
ほとんどとなります。

金銭面によるトラブル

家族葬における金銭面のトラブルというのは、
葬儀費用が思ったよりも高かったという事例が
ほとんどです。

家族葬と聞くと小規模な葬儀を行うので
一般的な葬儀費用よりかは安くなるだろうと
思っている人も少なくありません。

しかし実際に見積もりを取ってみると、
一般的な葬儀と同等かそれ以上の金額を
請求されることもしばしば。。。

家族葬の形にもよりけりですが、
「家族葬=安い」という勘違いから
トラブルが起きてしまうことがあります。

スポンサーリンク

親族間におけるトラブル

親族間におけるトラブル

親族間のトラブルとして有名なのが、
家族葬を開くことに反対をしている親族が
出てくるというトラブルですね。

家族葬というのは近年出てきた新しい
葬儀形態でもあるので、昔の葬儀を
知っている年齢層が高い人からしたら
まだまだ認知されていません。

昔の葬儀ではたくさんの人を呼んで
故人を弔うのが普通だったのに対して、
家族葬は家族だけで執り行うという点でも
大きな違いを感じますよね

特に田舎の方に行くと、昔ながらの葬儀の
風習を守っている地域も少なくありません。

そんな昔ながらの風習を知っている人からすると、
新しい葬儀の形には抵抗感を感じてしまうのです。

ご近所トラブル

家族葬において1番気を付けるべきトラブルは、
近所間のトラブルになります。

普段から故人と仲がよかった人が
近所にいた場合、家族葬をしたことに対し
「なぜ私を葬儀に呼ばなかったの!?」
などを言われてしまうこともしばしば。。。

故人がどんな人と仲良くしていたかを
知っていれば連絡をすることもできますが、
お互いが遠方で離れ離れで住んでいた場合、
ご近所と仲がよかったなど知る余地もありません。

そうなるとご近所の人から
「葬儀に呼んでほしかった」などのトラブル
起きてしまうことも十分にあるのです。

【実体験】家族葬のトラブル実例を紹介

【実体験】家族葬のトラブル実例を紹介

ここからは私が葬儀社に6年間勤めてきた
中で見てきた、家族葬におけるトラブルの
事例を紹介していきます。

家族葬を開こうと考えている人、または
すでに家族葬を執り行う予定の人は
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【体験談1】家族葬なのに一般葬に近い金額になった

【体験談1】家族葬なのに一般葬に近い金額になった

祖父が亡くなり、家族葬を開きたいと
相談をしてきた方がいらっしゃいました。

「そんなに葬儀に来る人もいないと思う」
と述べていたので、家族以外の人も受け入れる
一般葬に近い家族葬を開くことを決定。

しかし結果的にたくさんの人が参列にきてしまい、
式場に人が入りきらないということで
式場を増設したり返礼品を用意したりと、結果的に
一般葬という形で葬儀を執り行ったのです。

すると香典に対する返礼品の準備費用や
会場を増設したことによる式場使用料などで、
最終的な葬儀費用が最初の見積もりよりも
1.5倍程度に膨れ上がりました。

最初から家族間だけの家族葬にしておけば、
こんなに金額が膨れ上がるというトラブルは
起きなかったことでしょう。。。

【体験談2】喪主の意向を無視して主張する親族

【体験談2】喪主の意向を無視して主張する親族

息子が病気で突然死して、できれば周りに知らせず
身内だけを呼ぶ家族葬を開きたいと相談してきた
夫婦がいらっしゃいました。

私が勤めていた葬儀社側も喪主の意向に答えるのが
お仕事なので、希望をそのまま受け入れました。
しかし、後に親族から猛反発があったのです。

「一般的な葬儀をしろ!」
「たくさんの人に葬儀に来てもらうべきだ!」
など
ひっそりと葬儀をしたいという喪主の意向を
無視して主張をしてきたのです。

結果的に喪主様の心が折れて一般的な
葬儀を執り行うようになったのですが、
たくさんの人が来てしまい、喪主様は
対応や準備に追われる始末に。。。

後に聞いたのですが、
「家族間だけでゆっくりお別れをしたかった」
悔やんでいました。

スポンサーリンク

【体験談3】ご近所の人が葬儀後に家を訪れて。。。

【体験談3】ご近所の人が葬儀後に家を訪れて。。。

家族葬を開き、無事になにごともなく
葬儀を終えることができた夫婦がいました。

金銭面でも親族間でも満足の行く
葬儀だったとお聞きしていたのですが、
葬儀から1週間後に事件が起きました。

それはご近所に葬儀を知らせなかった
ことへのクレーム
でした。

その地域は昔から葬儀が執り行わるとなると
ご近所さんが手伝うという風習がありました。

しかし葬儀をした夫婦はそんな風習を知らず、
ご近所の人を呼ばない家族葬を
開いてしまったのです。

結果的に周りの近隣住民にお詫びをお渡しして
ことなきを得たのですが、住んでいる地域が
どのような風習を持っているかの把握は
大事、という実例になりますね。

家族葬のトラブルを避けるための対策法【金銭面】

家族葬のトラブルを避けるための対策法【金銭面】

ではそんな家族葬のトラブルを避けるためには
どのような対策をしていけばいいのでしょうか?

まずは金銭面に関するトラブルを避けるための
対策法をまとめていきます。

家族葬でも費用が安くならないことを把握しておく

残念ながら、家族葬だからといっても
葬儀費用が安くなるというわけでは
ありません。

家族葬と言っても種類があり、
身内だけの家族葬を執り行うのか
身内以外にも何人か呼んでもいい家族葬を
執り行うかで金額も大きく変化します。

さらに香典をもらうなら葬儀費用を
まかなえますが、香典辞退の家族葬を
開くなら葬儀費用は喪主が全額負担と
なってしまうこともあるんですね。

なのでまずは『家族葬=安くなる』という認識は
なくしておきましょう。

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

スポンサーリンク

どれぐらいの葬儀費用なら払えるかを把握しておく

どれぐらいの葬儀費用なら払えるかを把握しておく

どれぐらいの葬儀費用なら払えるかなどを
把握しておくことも大切です。

事前に支払える金額を把握しておけば、
葬儀費用を取り決めるスタッフと詳細な
相談をすることができます。

さらに近年ではセットプランで
金額を提示してくれている葬儀社も増えており、
自分が払える金額を把握しておけば
選ぶべき家族葬の形態を決めることが可能です。

葬儀会社も今までさまざまな形の家族葬を
見てきているので、希望する金額を提示すれば
ぴったりの家族葬プランを提案してくれますよ。

葬儀費用の補助金・給付金制度を活用する

葬儀費用が思ったより高くなったと感じたら、
葬儀費用の補填となる補助金・給付金制度を
活用していくのがおすすめです。

市区町村にて葬祭費用の申請をすれば、
条件をクリアしている人に限り
給付金をもらうことができます。

ちなみに補助金・給付金をもらうための条件は、
故人が以下の項目に加入しているのが必須です。

  • 国民健康保険
  • 後期高齢者医療制度
  • 社会保険
  • 各共済組合

ただし自分から申請しない限り、
市区町村から案内が来ることはないので
注意しましょう。

詳しい補助金制度に関する内容は
以下の記事にまとめているので、
気になる方はチェックしてみてください。

葬儀費用を抑えられる補助金・給付金とは?申請方法や注意点を紹介

スポンサーリンク

家族葬のトラブルを避けるための対策法【親族編】

家族葬のトラブルを避けるための対策法【親族編】

次に親族間における家族葬のトラブルを
避けるための対策法についてです。

順番に見ていきましょう。

家族葬にしていいか事前に親族と相談をする

まずは親族間で話し合いが必要な場合には、
葬儀の内容を決めるより先に、
家族葬にしていいか相談をしましょう。

特に昔ながらの風習を大事にする親族がいる
場合には、しっかりと相談をすることが
大切になります。

ただ相談する際には、
「なぜ家族葬がいいのか」など
家族葬をしたい理由とメリットを
伝えてあげるとより丁寧です。

あくまで相談する際には家族葬をしたいことを
伝えつつ、理解をしてもらってから
葬儀内容の詳細を決めていきましょう。

故人の意向であることを伝える

故人の意向であることを伝える

故人が家族葬でしたいという遺言があれば、
そのまま親族に伝えていきましょう。
家族葬は故人の意向であることを伝えれば、
親族はそれ以上追求することはありません。

また近年は自分の葬儀の形を書き記すことができる
エンディングノートを書いている人も
増えつつあります。

もし故人が書いていたということでしたら、
そのままの内容で家族葬を執り行うのが
故人にとっても親族にとっても
1番理想的な葬儀なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

相続などの話し合いは葬儀後に行う

家族葬を執り行うとなると、
時間に余裕ができるので親族間で
相続の話し合いをすることも
しばしば。。。

相続の話は金銭面の話し合いになることも
あるので、トラブルが起きやすい場合が
あるんですね。

もちろん状況によっては急ぎの場合も
あるでしょうが、葬儀が終わったあとでも
相続の話し合いは十分にできます。

そんなトラブルを避けるためにも、
できる限り『相続』などのワードは
出さずに、ゆっくりとしたお別れをすることに
専念しましょう。

家族葬のトラブルを避けるための対策法【ご近所編】

家族葬のトラブルを避けるための対策法【ご近所編】

次にご近所間でのトラブルを避けるための
対策法についてです。

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

事前にご近所に家族葬の旨を伝えておく

もしご近所の方と故人が仲がよかったなら、
事前に家族葬を行うことを伝えておきましょう。

故人と仲がよかった人ほど葬儀には参列したい
という気持ちを持っているもので、
報告が遅れるだけでもトラブルに発展することも
少なくありません。

なのであくまで家族葬は故人の意向であることを
伝えつつ、参列辞退の旨を伝えておきましょう。

ちなみに具体的な葬儀場や日時を言わなければ
参列に来ることもないので、亡くなったことだけを
伝えるようにしておけば問題ありませんよ。

一部のご近所の方だけを葬儀に呼ぶ

もしどうしても参列したいという
ご近所の方がいるということなら、
一部の人に限り葬儀式場に呼ぶのも
トラブルを避けるための対策法になります。

ただし通夜式や告別式の時に
来てもらうのではなく、式が始まる前に
来てもらうのがポイントですね。

式が始まる前なら親族に迷惑をかけることも
なくなりますし、故人と最後のお別れを
したいと考えているご近所の方の
希望を叶えることもできます。

何も家族葬だから絶対に身内以外を
呼んではいけないということは
ありません。

どうしても弔いをしたい人がいるなら、
時間を調整するなどして来てもらう方が
故人としても遺族としても
ありがたいことなのです。

まとめ|家族葬のトラブルを避けるために事前対策をしよう

家族葬のトラブルを避けるために事前対策をしよう

ここまで家族葬におけるトラブルの実例や、
それぞれの実例に対する対策法を
紹介してきました。

家族葬に限らず葬儀というのは、
トラブルがつきものです。
しかし事前の対策さえしておけば、
トラブルを避けることは十分にできます。

もしトラブルが起きるかもしれないと
心配している方は、今のうちに理想的な家族葬を
開くための準備を進めてみてはいかがでしょうか。

それでは以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介
最新情報をチェックしよう!