家族葬で参列辞退を希望する人は多い【失礼のない伝え方と対応方法】

家族葬で参列辞退を希望する人は多い【失礼のない伝え方と対応方法】

こんにちは。
葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開く予定の人の中で
遺族以外の参列を辞退することを
検討している人はいませんか?

参列辞退を検討していると、
「参列希望の人に失礼になるのではないか?」
「どのように参列辞退を伝えればいいのか?」
などの疑問が湧いてきますよね。

そこで本記事では、家族葬で参列辞退をすることは
失礼に値するのか、失礼のない伝え方とは
何になるのかをご紹介していきます。

参列辞退をした際のトラブル例と対応方法も
紹介していきますので、参列辞退にすべきかを
迷われている方も参考になるはずですよ。

家族葬で参列辞退をする人は多い

家族葬で参列辞退をする人は多い

まず結論として、家族葬で参列辞退を希望する人は
近年多くなってきています。

人それぞれ希望する理由は様々ですが、
主には葬儀が小規模化したことと
ゆっくりお別れをしたい人が増えたことが
大きな原因ですね。

葬儀への考え方は変化してきている

昔では葬儀となると、故人の友人や知人、
遠方に住んでいる人までにも知らせて
みんなで最後を見送るのが一般的でした。

しかし近年は核家族化や経済の悪化の影響で、
葬儀の縮小化や費用をかけない葬儀が
目立ってきました。

その流れから参列者を呼ばない、
静かでお金をかけない家族葬をする
家庭が増えていったんですね。

家族葬における参列辞退の正しい考え方

家族葬における参列辞退の正しい考え方

参列辞退と聞くと「全員の参列を拒否する」
というイメージを持ちがちですが、
実際はそうではありません。

そもそも家族葬とは3つのパターンがあります。

  1. 故人の家族だけで行われる家族葬
  2. 故人の家族と親族全員で行われる家族葬
  3. 家族・親族だけでなく会社・知人関係も呼ぶ家族葬

上記の通り。

そしてここでいう参列辞退に当てはまる人が、
主に会社・知人関係の方です。

ごく稀に故人の家族以外の親族も参列辞退を
する方もいますが、滅多なことがない限り
親族を参列辞退扱いにはしません。

家族葬とはそもそも家族や親族だけでゆっくり
お別れをしたいという要望にお答えして
生まれた葬儀になります。

そしてそんなゆっくりの時間を
邪魔されないために、一般参列者の
参列を辞退するという昔にはなかった
新しい考え方が生まれてきたのです。

家族葬で参列辞退を希望する人の特徴

家族葬で参列辞退を希望する人の特徴

ただ家族葬をする人が全員参列辞退を
希望する必要はありません。

主には以下の特徴を持っている人が、
参列辞退を希望する傾向にあります。

  • 故人の遺言がある
  • 静かな葬儀をしたい
  • 周りに迷惑をかけたくない
  • どうしても呼びたくない人がいる

もし上記に当てはまっているという
ことでしたら、参列辞退を検討する余地が
あるでしょう。

逆に特徴に当てはまっていないという方は、
一般参列者を呼ぶ家族葬を開いても問題はない
はずなので、参列を辞退するのは避けた方が
得策ですよ。

家族葬で参列辞退を伝える際の伝え方・断り方

家族葬で参列辞退を伝える際の伝え方・断り方

ではもし家族葬で参列辞退を伝える場合、
どのように伝えるのが失礼にならない
伝え方なのでしょうか?

そこでここでは家族葬で参列辞退の旨を
伝える際の伝え方・断り方を紹介していきます。

電話や口頭で伝える

もし電話や口頭で伝える際には、
はっきりと参列辞退の旨を伝えましょう。

「家族葬のために参列を辞退する」という
旨を伝えれば、連絡を受けた側も理解して
式場にくるということはありません。

またもし連絡するなら、式場の場所や日時などを
詳しく説明しないことが大切です。

葬儀の詳細を伝えないことで、
参列者が来ることもなくなりますし、
相手に参列辞退の意思を伝えやすくなります。

伝え方例

伝え方の例を以下に示します。

「先ほど、〇〇(故人名)が亡くなりました。ただ故人の意思により、家族葬で執り行う予定でして、親族以外の参列は受けつけない形を取らさせていただこうと考えております。何卒ご理解のほどよろしくお願いします。」

あくまで簡潔に参列辞退の理由を伝え、
葬儀は身内だけで執り行うことを
主張していきましょう。

書面やメールで伝える

次に書面やメールで伝える方法です。

主に会社関係や遠方に住んでいる人などに
行う伝え方になりますね。

ただしちゃんと辞退の旨を伝えなくては
「お葬式のお知らせ」だと感じてしまい
参列者が増える場合があるので、
しっかりと参列辞退の旨を書きましょう。

また会場の記載や詳細な日時なども明記せず、
誰が亡くなったのか、どのような葬儀を
行う予定なのかを書いて送ることが
大切になります。

伝え方例

伝え方の例を以下に示します。

 

「〇月〇日に〇〇(故人名)が亡くなりました。故人の意思により家族葬を執り行うことに決め、親族以外の参列を固く辞退させていただこうと考えております。誠に勝手ではございますが、ご理解いただきますよう、ここに謹んでご通知申し上げます。」

〇〇(喪主名)

 

特に葬儀の詳細はお伝えせず、
あくまで親族だけの家族葬を行うことを
主張していきましょう。

家族葬で参列辞退をした際に起こるトラブルと対応方法

家族葬で参列辞退をした際に起こるトラブルと対応方法

ここまで家族葬で参列辞退をすると決めた際の
伝え方・断り方について解説してきました。

ただ参列辞退というのはまだ浸透していない
地域も少なくなく、トラブルが起きることも
少なくありません。

そこでここでは、実際に参列辞退をした際に
起こるトラブル例を紹介しつつ、
正しい対応方法を紹介していきます。

供物や供花だけでも出したい人が現れた場合

参列辞退をしている旨を伝えると、
「せめて供物や供花などを出したい」
という方が出てくることがあります。

参列辞退にはするけど供物などはありがたく
受け取るという方もいるので、そのまま
受け取っても問題ありません。

しかし供物も辞退をしたいということなら、
故人の意向を伝え、しっかりと
断ることが大切です。

葬儀社にも協力を仰げば、
葬儀社に連絡があった際には代わりに
供物辞退の旨を伝えてくれるので、
早めに供物辞退の旨を伝えておきましょう。

参列をしたいという人が突然現れた場合

葬儀というのは風の噂で、
いつの間にか近所や知人に訃報の連絡が
出回ることがあります。

そうなるといくら参列辞退をしてても
突然式場に参列にやってくるという事例も
少なくありません。

その時は家族葬を執り行っている旨を
伝えつつ、親族以外の参列を辞退していることを
理解してもらいましょう。

ただ「どうしてもお顔だけ見たい」という
参列者がお見えになった場合には、
無下に返すのではなくお参りをしてもらうのも
1つの対応方法です。

後の関係性が悪くならないように対応するのも、
正しいトラブル対処法になりますね。

葬儀後に香典を渡したいという人が現れた場合

葬儀には参列しなかったけど、
後に弔問におうちに訪れてきて
香典を渡したいという方も
出てくることがあります。

香典を受け取ることに問題はありませんが、
もし参列辞退と一緒に香典辞退もしていたなら
もらう際には注意が必要です。

香典を一度受け取ってしまうと、
香典辞退をした意味がなくなってしまいます。

なので参列辞退と共に香典辞退をしていたのなら、
故人の意向で香典を受け取らなかった旨を
伝えましょう。

ちなみに香典辞退のやり方は以下の記事に
まとめているので、知らない方はぜひ
チェックしてみてください。

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

まとめ|家族葬での参列辞退は珍しくない

家族葬での参列辞退は珍しくない

ここまで家族葬での参列辞退に関する
内容をまとめていきました。

実際に一般参列者を呼ばない、
家族だけの家族葬というのは
年々増え続けています。

そんな中で本当に呼びたい人だけを呼び、
家族だけの葬儀をしたいという人は
珍しくなくなってきました。

参列を辞退することは悪いことではないので、
ぜひ本記事を参考にして理想的な
家族葬を執り行ってくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

家族葬で参列辞退を希望する人は多い【失礼のない伝え方と対応方法】
最新情報をチェックしよう!