家族葬のお悔やみはどう伝える?【参列以外の伝え方と基本マナー】

家族葬のお悔やみはどう伝える?【参列以外の伝え方と基本マナー】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開こうとしている人に
お悔やみを伝えたいという方は
いませんか?

ただ家族葬となると一般的な葬儀とは
違う部分もあるので、どのようにして
お悔やみを伝えればいいか分からない
ところがありますよね。

そこで本記事では、
家族葬におけるお悔やみの正しい伝え方を
紹介していきます。

本記事を読めば、お悔やみの伝え方だけでなく
正しい家族葬におけるマナーが学べるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

家族葬のお悔やみはどう伝える?

家族葬のお悔やみはどう伝える?

まず家族葬のお悔やみについてですが、
結論として以下の方法でお悔やみを
伝えていきます。

  • 家族葬に参列する
  • 香典を渡す
  • 焼香をする
  • 供物や供花を送る
  • 弔電や電報を送る
  • 遺族に電話をする
  • メールや手紙を送る
  • 葬儀後に自宅に弔問する

そもそもお悔やみとは、
「故人の死を弔うこと」を意味します。

弔意を示す言葉を伝えたり、
お供えや焼香をする行為自体全てが
お悔やみに当てはまるんですね。

そして上記で紹介したお悔やみの伝え方は、
全て故人の死に対して弔意を示す
行為でもあります。

家族葬に参列するかしないかでお悔やみの伝え方が異なる

ただし家族葬に参列するかしないかによって、
お悔やみの伝え方が異なってきます。

例えば家族葬に参列すれば、
遺族に直接お悔やみの言葉を伝えれますし、
焼香をしたり香典を渡したりと様々な形で
お悔やみを伝えることが可能ですよね。

しかし家族葬に参列できない人からしたら、
弔電を送るか電話をするかでしか
お悔やみを伝えられません。

なのでもしお悔やみを伝えたいなら、
家族葬に参列するのか参列しないかによって
伝え方を変えていく必要があるのです。

家族葬のお悔やみの伝え方【参列する人】

家族葬のお悔やみの伝え方【参列する人】

ではそんな家族葬の中で、
葬儀に参列できる人はどのような
お悔やみの伝え方があるのでしょうか?

先ほど紹介したお悔やみの伝え方から
抜粋すると、以下の通りです。

  • 家族葬に参列する
  • 香典を渡す
  • 焼香をする
  • 供物や供花を送る

順番に見ていきましょう。

家族葬に参列してお悔やみを直接伝える

家族葬に参列をするだけでも、
お悔やみを伝えることができます。

例えば喪主に直接お悔やみの言葉を伝えたり、
故人のお顔を見てあげるだけでも
弔いを示すことができるでしょう。

また一緒に葬儀に参列していくことになるので、
最後のお別れまでゆっくりと故人と
一緒に過ごすことができます。

なので参列をすること以上のお悔やみというのは、
他にはないと言っても過言ではありません。

香典を渡してお悔やみを伝える

香典を渡してお悔やみを伝える

香典を渡すことでも、
お悔やみを伝えることができます。

香典はお金を渡すだけと思いがちですが、
実はお供えとしての役割も果たしており
線香や花、抹香の代わりでもあるんですね。

他にも遺族の経済的負担を減らすことができ、
間接的にですがお悔やみを伝えることもできます。

ただし家族葬の種類によっては、
香典辞退をしているケースもあるので
香典を渡す際には注意て必要です。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開こうと考えている人の中で、香典をもらうのをなしにして、ひっそりと葬儀を開こうと考えている人はいませんか?香典なし・香典辞退とい[…]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

焼香をしてお悔やみを伝える

焼香をすることでも、
お悔やみを伝えることができます。

焼香は焼香をする人の心の穢れを落とすことが
できるとされており、抹香の香りを
ささげつつ故人を偲んでいくのです。

宗派によって焼香の作法が異なりますが、
主には家族葬を取り仕切る僧侶に合わせた
焼香をしていけば問題ありません。

自信がないという参列者の方は、
周りの遺族に合わせて焼香をすれば
大丈夫です。

供物や供花を送ってお悔やみを伝える

供物や供花を送ることでも、
お悔やみを伝えることができます。

もともと供物というのは、葬儀だけでなく
法要などでも故人に弔意を示すことができる
送り物として有名なんですね。

家族葬の場合には、故人のご家族や
親族が送るのが一般的ですが、
中には故人と仲が良かったという理由で
一般参列者からの受け入れる場合もあります。

ただし家族葬の場合には、
『供物辞退』を選んで供物や供花を
並べない葬儀もあるので、注文する際には
遺族に確認をしてから注文するようにしましょう。

家族葬のお悔やみの伝え方【参列できない人】

家族葬のお悔やみの伝え方【参列できない人】

では逆に参列できない人は、
どのようにしてお悔やみを伝えることが
できるのでしょうか?

まとめると以下の通りです。

  • 弔電や電報を送る
  • 遺族に電話をする
  • メールや手紙を送る
  • 葬儀後に自宅に弔問する

順番に見ていきましょう。

※ちなみに上記のいくつかは、
家族葬に参列できる人でもできる
お悔やみの伝え方になります。

もし家族葬には参列するけど、
他のお悔やみの伝え方を知りたい方は
ぜひ参考にしてみてください。

弔電や電報を送ってお悔やみを伝える

弔電や電報も、お悔やみを伝えるのに
ぴったりの方法になります。

葬儀に参列できない人が弔意を示すのに
最適な方法でもあり、時間がない人でも
すぐに気持ちを込めたお悔やみの文を
届けることができるのです。

ちなみに弔電を作ってくれる
電報サービスを取り扱っている場所は、

などが有名です。

家族葬でも弔電ならお返しを用意する
必要もなく遺族の負担にもならないので、
早めに弔意を示したい人におすすめの
方法になりますね。

遺族に電話をしてお悔やみを伝える

遺族に電話をしてお悔やみを伝える

遺族に電話をするだけでも、
お悔やみを伝えることができます。

電話だけでお悔やみを伝えるのは
失礼に感じがちですが、家族葬の場合には
失礼に値しません。

逆に家族葬に参列できない状態なのに
わざわざ電話で弔意を示していくので、
遺族からは感謝の言葉が出る時もあります。

ただ電話をかける時間帯は、
だいたいの葬儀の準備が終わっている
お昼頃か葬儀が終わった後に電話をかけるのが
失礼がありません。

もし電話がつながったとしても、
長話はせずに端的にお悔やみの言葉を伝えて
会話を終わらせましょう。

メールや手紙でお悔やみを伝える

メールや手紙などで
お悔やみを伝えることもできます。

喪主や故人と友人関係の場合や
会社関係者がお悔やみの言葉を送りたい場合に
使用することが多い方法です。

メールや手紙となると葬儀後に残ってしまうので、
ていねいで失礼のない文章が求められます。

忌み言葉や重ね言葉は使わない

葬儀のマナーとして、
忌み言葉や重ね言葉はそれぞれ以下のような
意味合いがあるので使わないようにしましょう。

  • 忌み言葉・・・不吉な意味合いがあるとされている
  • 重ね言葉・・・不幸が重なると言われている
またそれぞれの言葉の例をあげると
以下の通り。
(忌み言葉の例)
  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 無くす
  • 滅ぶ
  • 迷う
  • 倒れる

(重ね言葉の例)

  • わざわざ
  • たまたま
  • 重ね重ね
  • しばしば
  • いよいよ
  • くれぐれも

上記の通り。

他にもたくさんありますが、
メールや手紙は自分の言葉で書いていく分、
自然に忌み言葉や重ね言葉を使うことがあるので
書く際には注意しましょう。

葬儀後に自宅に弔問してお悔やみを伝える

葬儀後に自宅に弔問してお悔やみを伝える

家族葬が終わった後に自宅に弔問をして、
そこでお悔やみを伝えるという方法もあります。

家族葬が終われば故人または喪主の自宅に
故人の遺骨を祀ることが多いのですが、
家族葬で参列辞退をしていた場合も
葬儀後の自宅への弔問は許すのがほとんどです。

基本的なマナーとして、
事前にお伺いする日時や時間などを
ちゃんと電話で連絡を入れてから
弔問をしていくのがマナー。

また葬儀が終わった直後では
精神的にも疲れていることもあるので、
できるだけ遺族に配慮した対応を
していくことも忘れてはいけませんね。

なのでできれば葬儀後の1〜2週間後を
目安にしながら、自宅にてお悔やみを
伝えていきましょう。

【補足】香典・供物辞退をしていないなら香典や供物を送れる

家族葬の場合には香典や供物を
辞退している場合が多いのですが、
中には香典を受け取ったり供物の注文を
受け付けている家族葬を執り行う場合もあります。

その際には家族葬に参列できなくても
香典を郵送したり、供物の発注を依頼したりして
弔意を示すことも可能です。

ただし香典や供物を受け取っているかどうかは
確認してみないことには分かりにくいところ。

なので事前に確認を遺族や葬儀社に
確認をしてから、香典や供物を送るかどうかを
検討していきましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。葬儀に出席しようと思ったけど、出席できなくなってしまった人はいませんか?葬儀に出席はできないけど、どうにか香典を渡したり弔意を示したりと[…]

葬儀に出席できない場合はどうする?【香典の渡し方や対策法を紹介】

家族葬で新聞のお悔やみ欄は使用すべきか?

家族葬で新聞のお悔やみ欄は使用すべきか?

ここで少し番外編ですが、
家族葬の場合には新聞のお悔やみ欄について
お話をしていきます。

新聞のお悔やみ欄とは、
故人の死を新聞に載せて訃報を知らせる
記事の一種です。

ちなみに掲載料金は無料でして、

  • 故人名
  • 喪主の氏名・住所
  • 死亡年月日
  • 享年
  • 通夜、葬儀・告別式の場所・日程

などを掲載することができます。

ただし家族葬で開くとなった場合には、
ほとんどの場合は使用することはありません。

なぜなら載せた場合にはたくさんの人に
故人の死を広めてしまうことになり、
人によっては対応に追われる結果となり
ゆっくりとした葬儀を開くことができなくなります。

なので一般参列者を呼ぶ家族葬以外では、
新聞のお悔やみ欄は使用しないのが
おすすめですね。

まとめ

ここまで家族葬のお悔やみの
伝え方についてまとめていきました。

お悔やみの伝え方はさまざまですが、
家族葬に参列するかしないかで伝え方が
異なってきます。

ただ伝え方ももちろん大切ですが、
何よりどれだけ気持ちを込めて弔意を
示していくかが大切です。

なので自分に合ったお悔やみの伝え方を選んで、
故人や遺族に感謝と弔いの気持ちを
伝えてあげてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

家族葬のお悔やみはどう伝える?【参列以外の伝え方と基本マナー】
最新情報をチェックしよう!