【家族葬のマナー】参列前の礼儀や連絡方法、参列マナーまで一挙解説

【家族葬のマナー】参列前の礼儀や連絡方法、参列マナーまで一挙解説

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開こうと考えている人の中で、
どのようなマナーがあるのか知りたい方は
いませんか?

近年家族葬は増えてきたものの、
基本的なマナーを守りつつも
参列者に失礼のない対応を心がけたいと
思う人も多いのではないでしょうか。

さらに家族葬を執り行うなら、
マナーを守って後悔のない葬儀にしていきたい
ところですよね。

そこで本記事では、家族葬の基本マナーに加えて
参列における礼儀や連絡マナーなど
全てのマナーを紹介していきます。

本記事を読むだけで家族葬における
基本的なマナーが全てわかるので、
家族葬を執り行いたいと考えている人は
ぜひ参考にしてみてください。

家族葬の基本マナー【喪主は知っておくべき】

家族葬の基本マナー【喪主は知っておくべき】

まず結論として、家族葬を執り行いたいと
考えている人が知っておくべき
基本的なマナーというものがあります。

それが以下の通りです。

  • 家族葬を選択する際には慎重に決める
  • 家族葬の範囲は喪主や故人の意向で決める

喪主になる予定の人は、知っておくべきマナーです。

家族葬を選択する際には慎重に決める

近年核家族化や経済悪化の影響で
家族葬が増えてきていますが、
選ぶ際には慎重に選ばなくてはいけません。

なぜなら故人と親交関係が深い人から
家族葬を開くこと自体に反対する人が
出てくる可能性があるからです。

家族葬とはその名の通り、
家族を中心に執り行われる葬儀のことで
家族や親族以外の人は極力呼ばない
ことがほとんどとなります。

ただ「家族葬だから参列できない」というのは、
今まで故人と親交関係が深かった人からすると
とても辛いことでもあるんですね。

家族だけでゆっくりと葬儀をしたいのは
近年らしい葬儀の形ではありますが、
必ずしも「最近流行りだから」という
理由だけで選んではいけません。

今までの故人の親交関係や地域の風習、
葬儀にかけれる費用面を考慮して
家族葬を選ぶかどうかを検討しましょう。

家族葬の範囲は喪主や故人の意向で決める

家族葬の範囲ですが、
基本的には喪主や故人の意向で
決めていくことが一般的です。

家族葬で呼ぶべき人というのは
特別な決まりがあるわけではなく、
呼びたい人を自由に選ぶことができますが
1番優先すべきは喪主と故人の意向になります。

例えば家族葬と言っても

  1. 故人の家族だけで行われる家族葬
  2. 故人の家族と親族全員で行われる家族葬
  3. 家族・親族だけでなく会社・知人関係も呼ぶ家族葬

などパターンはさまざま。

どのような形の家族葬を
執り行いたいかにもよりますが、
基本的には故人と喪主の意向で
参列してほしい人を選んでいきます。

なので故人の意向を最優先に考えて、
喪主が家族葬に呼ぶべき範囲を決めていきましょう。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を執り行いたい人の中で、どこまでの範囲の人を葬儀に呼ぶべきか迷っている人はいませんか?家族葬を開こうと思っても、「どこまでの範[…]

【家族葬の範囲に決まりはない】家族葬に呼ぶ人の決め方と注意点

家族葬を知らせる際の連絡マナー・礼儀

家族葬を知らせる際の連絡マナー・礼儀

ここまで喪主が覚えておくべき、
家族葬における基本的マナーを紹介しました。

続いて家族葬が執り行われる旨を知らせる
連絡マナー・礼儀についてです。

まとめると以下の通りとなります。

  • 家族葬のお知らせは電話を最優先して使う
  • 家族葬に呼ばない人には報告と断りの連絡をする

順番に見ていきましょう。

家族葬のお知らせは電話を最優先して使う

家族葬に限らずですが、葬儀のお知らせは
電話を最優先して使っていきましょう。

他にもメールやFAXなどで連絡する方法は
ありますが、1番早く確実性の高いものが
電話になります。

伝える内容としては

「急なご連絡失礼いたします。先ほど〇〇が病気で亡くなりまして、ぜひ葬儀に参列してほしいと思いご連絡をさせていただきました。今回は家族葬で執り行う予定でして、葬儀の日程が決まり次第、またすぐにご連絡させていただきます。また家族葬なので、周りには内密でお願いいたします。急なご連絡となりましたが、何卒よろしくお願いいたします。」

などの内容で連絡をしていきましょう。

そしてもし電話などがつながらなかった場合には、
FAXやメールなどを使って連絡をします。

また「家族葬」ということを主張して、
周りには知らせないようにお願いするのも
大事ですね。

家族葬に呼ばない人には報告と断りの連絡をする

家族葬に呼ばない人には
身内が亡くなったことへの報告と
参列お断りの連絡を入れましょう。

家族葬に呼ばない人には
後の報告でも問題はないのですが、
トラブルを避けるためには早めに家族葬の旨を
報告して断りの連絡をするのが無難です。

連絡をする相手というのは

  • 会社関係
  • 故人が住んでいた家の近所
  • 自治会関係

などがいい例でしょうか。

家族葬に呼ぶべき範囲によって
断りの連絡をする相手は変わってきますので、
喪主がどこまでを呼ばないかを決めてから
連絡をするようにしましょう。

また連絡をする際には
詳細な葬儀の日時や葬儀式場の場所など
詳しい内容を伝えないことで、近所の人などが
急に葬儀にやってくるという事態を防げますよ。

ちなみに参列を断る連絡の仕方が分からない方は、
以下の記事で失礼のない伝え方や連絡方法を
まとめているので、チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開く予定の人の中で遺族以外の参列を辞退することを検討している人はいませんか?参列辞退を検討していると、「参列希望の人に失礼に[…]

家族葬で参列辞退を希望する人は多い【失礼のない伝え方と対応方法】

家族葬の連絡を受け取った側のマナー・礼儀

家族葬の連絡を受け取った側のマナー・礼儀

ここまで家族葬の連絡をする際の
マナー・礼儀について解説してきました。

次にそんな家族葬の連絡を受けた側の
マナー・礼儀についてです。

まとめると以下の通りとなります。

  • 参列しても問題ないかを聞く
  • 香典・供物などを送っていいかを確認する
  • 周りに知らせないようにする

順番に見ていきましょう。

参列しても問題ないかを聞く

「葬儀の連絡=参列してほしい」という風に
捉えてしまう人もいますが、実際には断りの
連絡を入れている場合もあるので、
必ず参列していいかの確認が必須です。

例えば家族葬の連絡があった際に、
葬儀の日時や葬儀式場の場所を
教えてくれない場合には、
参列しない方がよいでしょう。

他にも遺族としては参列の断りの連絡を
入れたつもりが、連絡をもらった側の勘違いで
参列してしまったという事例も少なくありません。

身内が亡くなったことに
動揺している場合もあるので、連絡を受けた側は
一言ひとことに耳を傾けつつ、参列をしても
大丈夫かを確認しましょう。

参列の辞退は早めに伝える

ちなみに葬儀の参列が難しいなら、
遺族に早めに伝えてあげましょう。

遺族も通夜や告別式に向けて準備を進めており、
連絡が遅くなると迷惑をかけてしまう結果に
なってしまいます。

予定が入っていれば失礼にはなりませんので、
できる限り早めに辞退の旨を
伝えてあげるのが丁寧な対応ですね。

香典・供物などを送っていいかを確認する

香典・供物などを送っていいかを確認する

葬儀と聞くと香典や供物を送ることを
検討しがちですが、もし送りたいなら
遺族側に確認していかなくてはいけません。

一見香典や供物などは、
家族葬を開く遺族に喜ばれそうですよね。

しかし香典や供物にはお礼のお返しを
用意しなくてはいけないので、
遺族の負担が増えてしまう結果になることも。。。

近年では香典辞退や供物辞退を選んでいる
家族葬も増えつつあるので、参列者は注意を
して確認をしていかなくてはいけません。

周りに知らせないようにする

家族葬の連絡がきた際には、
むやみに周りに知らせてはいけません。

遺族としては周りに知らせずに
葬儀を開きたいという想いがあるのに、
他の人が周りに知らせることで
参列者が勝手に増えることがあるからですね。

さらに周りに知らせてしまうことで、
せっかく仲がよかった関係性も
悪くなってしまうという事態も
少なくありません。

家族葬を執り行う喪主や遺族が
参列したい人には連絡をしているので、
参列者は周りを気にせず葬儀に参列する
準備を進めていきましょう。

家族葬に参列する前のマナー・礼儀

家族葬に参列する前のマナー・礼儀

ここまで家族葬の連絡を受け取った人が
気をつけるべきマナーや礼儀を
紹介してきました。

次は家族葬に参列する前に気をつけるべき
マナーや礼儀についてです。

  • 服装は葬儀にふさわしい服装で向かう
  • 持ち物を万全の状態にして向かう
  • 遅刻をしないように注意する

順番にみていきましょう。

服装は葬儀にふさわしい服装で向かう

家族葬と言っても葬儀には代わりないので、
服装は葬儀にふさわしい服装で向かいましょう。

男性の場合は、黒のモーニングコートや
ブラックスーツ。
女性の場合は、黒で無知のワンピースやスーツ、
アンサンブルなどを選ぶのが一般的です。

また家族葬の場合、「平服でお越しください」
などと言われることもありますが、
普段着を着てもいいというわけではありません。

「平服で」とは「かしこまらない格好で」
という意味になるので、先述した
葬儀にふさわしい格好で参列をしていきましょう。

持ち物を万全の状態にして向かう

持ち物を万全の状態にして向かう

家族葬に参列する際には、
持ち物を万全な状態にしておくことも
大切なマナー・礼儀になります。

持ち物の例としては

  • 数珠
  • 香典
  • 袱紗(ふくさ)
  • ハンカチ(シンプルなもの)
  • 財布

などは必須の持ち物ですね。

ただ中には香典辞退や供物辞退をしている
家族葬の場合もありますので、
事前に確認を取りつつも
香典や財布を持っておくと安心です。

遅刻をしないように注意する

葬儀に参列するとなった場合には、
極力遅刻をしないようにしましょう。

家族葬の場合には、
少人数で葬儀を執り行うことになるので
遅刻をしてしまうと目立ってしまうことも。。。

ただどうしても遅刻をしそうな場合は、
早めに遺族に連絡をしておくのが
マナーであり礼儀となります。

なので家族葬を開く喪主に失礼のないような
タイムスケジュールを組んで、
遅刻しないようにしていきましょう。

葬儀の遅刻に対する対応方法をまとめた
記事が以下の内容となるので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。通夜に遅れるのはマナー的に大丈夫なのか分からないという方はいませんか?もし通夜に参列しようと思っても間に合いそうにない時間帯なのであれば[…]

通夜に遅れるのはマナー違反ではない【遅刻した際の対処法を紹介】

家族葬に参列した際のマナー・礼儀

家族葬に参列した際のマナー・礼儀

 

ここまで、家族葬に参列する前に気をつけるべき
マナーや礼儀を紹介してきました。

次に家族葬に参列した際に気をつけるべき
マナーや礼儀についてです。

まとめると以下の通りとなります。

  • 式場に到着したら最優先で喪主にお悔やみの挨拶をする
  • 通夜振る舞いや精進落としはありがたくいただく
  • 遺族や親族を最優先に考えたお別れを行う

順番に見ていきましょう。

式場に到着したら最優先で喪主にお悔やみの挨拶をする

式場に到着をしたら
最優先で喪主にお悔やみの挨拶を
していきましょう。

一般的な葬儀の場合には受付があり、
1番最初に受付の人にお悔やみの言葉を
伝えるのが基本的な流れです。

しかし家族葬の場合では香典辞退を
選んでいる遺族も多いので、
最初のお悔やみの挨拶は最優先で
喪主にしていくのが望ましい部分があります。

家族葬となると喪主はゆっくりと故人と
お別れをしている場合もあるので、
タイミングを見計らいつつも
お悔やみの挨拶をしていきましょう。

通夜振る舞いや精進落としはありがたくいただく

通夜振る舞いや精進落としはありがたくいただく

もし通夜式が終わった後の通夜振る舞いや
初七日法要が終わった後の精進落としなど、
料理が用意されている場合にはありがたく
いただくようにしましょう。

それぞれの料理の意味合いとしては、
参列してくれた方に対して
喪主が感謝の気持ちを表して用意したもの、
という意味合いが込められているんですね。

そんな喪主のご厚意を無下にしてしまうのは、
葬儀のマナーとしても失礼に値します。

なのでよっぽどの用事がない限りは、
通夜振る舞いや精進落としはありがたく
いただくようにしていきましょう。

遺族や親族を最優先に考えたお別れを行う

家族葬に参列するとなると、告別式終わりに
最後のお別れをしていくのですが、
遺族や親族を最優先で考えたお別れを
行うようにしましょう。

家族葬とはもともと、
家族を中心に考えた葬儀となっています。

そんな中で遺族や親族以外の人が
長いことお別れの時間をとってしまうのは、
迷惑に感じてしまうこともしばしば。。。

なのでもし遺族や親族以外の人が
家族葬に参列することになったのなら、
遺族や親族を優先に考えた
お別れを選んでいきましょう。

家族葬に参列できなかった人が気を付けるべきマナー・礼儀

家族葬に参列できなかった人が気を付けるべきマナー・礼儀

ここまで家族葬に参列した際に
気をつけるべきマナーや礼儀を紹介してきました。

最後に家族葬に参列できなかった人が
気をつけるべきマナー・礼儀について紹介します。

まとめると以下の通りです。

  • 家族葬を執り行うことに疑問や不満をもたない
  • 香典・供物・弔電などはむやみに送らない
  • 葬儀が終わった後日に自宅に弔問をする

順番に見ていきましょう。

家族葬を執り行うことに疑問や不満をもたない

家族葬は近年増えつつも、
地域によってはまだ浸透していない部分が
あることも事実です。

そんなまだ浸透していない地域では
家族葬を執り行うことに対して
疑問や不満を持つこともあるでしょう。

しかし葬儀を開くのは故人の家族であり、
どのような葬儀を執り行うかは
遺族に決定権があるのです。

故人と仲が良かった人からしたら
「参列したかった」という気持ちが
残ってしまいがちですが、喪主や故人の
意向を尊重してあげましょう。

香典・供物・弔電などはむやみに送らない

香典・供物・弔電などはむやみに送らない

家族葬に参列できない代わりに、
香典や供物、弔電で弔意を示そうと
考える方もいますが、むやみに送らないように
注意をしていきましょう。

家族葬を開くとなると、外部からの
香典や供物などを辞退していることもあり、
勝手に送ってこられることを
迷惑に感じてしまうこともあるんですね。

なのでまずは遺族、もしくは葬儀社に
確認をとってから香典や供物を
送るようにしましょう。

ただ弔電の場合なら遺族がお返しを
用意しなくていいというメリットがあるので、
どうしても弔意を示したいなら確認しつつも
弔電を選ぶのがおすすめですね。

葬儀が終わった後日に自宅に弔問をする

もし家族葬に参列できなかったとしても、
葬儀が終わった後日なら自宅に弔問をすることが
許されているケースが多いです。

なのでどうしても弔意を示したいなら、
後日に家を訪れてお参りをするのが
一般的なマナーでもあります。

ただ葬儀が終わった直後は、
まだ遺族が葬儀の疲れを癒せていない場合が
ほとんど。。。

なのでもし自宅に弔問するなら、
家族葬が終わって1週間以上立っており、
事前に遺族に連絡をしてから
弔問するようにしていきましょう。

まとめ|家族葬はマナーや礼儀をしっかりと守るのが大事

家族葬はマナーや礼儀をしっかりと守るのが大事

ここまで家族葬が執り行われるとなった場合の
全体的に守らなくてはいけないマナーや礼儀を
まとめてきました。

一般的な葬儀に比べると、
参列者を制限したりする分、マナーや礼儀が
厳しくなりがちです。

しかし何より大切なのは、
失礼のない対応をしつつも
後悔のない家族葬を開いていくこと。

マナーや礼儀も大切ですが、何より
故人をしっかりと弔いたいという気持ちを
持つことも重要となってきます。

なのでマナーや礼儀を守りつつ、
後悔のない家族葬を参列する人たち全員で
執り行うようにしてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

家族葬はどこまで参列者を呼ぶのが正解?【範囲の決め方やマナー】

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 大手葬儀社勤務歴6年の経歴がある 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どこまで葬儀を執り行うことを連絡すれば いいのか分からないという方はいませんか? 家族葬となると一般的な葬儀とは異なるので、 連絡す […]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうと考えている人の中で、 香典をもらうのをなしにして、ひっそりと 葬儀を開こうと考えている人はいませんか? 香典なし・香典辞退というのは、家族葬などの 小規模な葬儀で執り行われことが多いです […]

【実体験】家族葬のトラブル例3選と対策法を葬儀社歴6年の私が紹介

こんにちは。 葬儀・終活アドバイザーであり、 「あなたの葬儀」代表の堺です。 家族葬を開こうとしている人の中で、 どのようなトラブルが起きがちなのか 知りたいと思っている人はいませんか? 家族葬はまだまだ世間に認知されていない 部分もあり、親族間やご近所間でのトラブルが 起こって […]

【家族葬のマナー】参列前の礼儀や連絡方法、参列マナーまで一挙解説
最新情報をチェックしよう!