家族葬では香典辞退をするべき?【伝え方や対応方法をプロが紹介】

家族葬では香典辞退をするべき?【伝え方や対応方法をプロが紹介】

こんにちは。

葬儀・終活アドバイザーであり、
「あなたの葬儀」代表の堺です。

家族葬を開こうと考えている人の中で、
香典辞退を検討している人はいませんか?

家族葬となると『家族だけの葬儀』という
イメージなので、参列者から香典をいただいて
いいものなのか迷ってしまいがちですよね。

ただできれば、香典をいただいて
少しでも葬儀費用の負担を減らしたいのが
遺族としては本音のところ。。。

そこで本記事では、
家族葬では香典辞退をすべきなのか、
正しい対応方法や伝え方について
解説していきます。

本記事を読めば、香典辞退をすべきかどうか
分かるだけでなく、参列者に失礼のない
対応の仕方が分かるはずですよ。

スポンサーリンク

家族葬では香典辞退をするべき?

家族葬では香典辞退をするべき?

まず結論として、
家族葬だからと言っても絶対に香典辞退を
しなくてはいけないわけではありません。

香典辞退をする家族葬もあれば、
香典を受け取る家族葬だってあります。

そもそも香典とは、
故人に対して弔意を示す役割を果たすもの。

家族葬でも葬儀に変わりはないので、
弔意を示したいという人の気配りを尊重しつつ、
香典辞退を選ぶか香典を受け取るかを
考えていくのが正しい考え方になります。

香典を渡すことの意味を理解しよう

葬儀となると、故人にお世話になった人たちから
「香典を渡したい!」と言われることは、
家族葬と言えどありそうなシーンですよね。

ただ香典を渡すことは、
何も悪いことではありません。

故人への弔意を示したいという気持ちだけでなく、
ご遺族の葬儀費用の負担を少しでも
減らしてあげたいという優しさが
含まれていることもあるのです。

そんな故人への感謝の気持ちと
遺族への気遣いが含まれているものが
『香典』になります。

なので「家族葬だから」という理由だけで
香典を辞退するというのは、参列をしたい人や
香典を渡したい人のご厚意を無下にしてしまう
結果になりかねません。

スポンサーリンク

香典辞退は葬儀の負担を減らすためのもの

そもそもなぜ家族葬において
香典辞退という言葉が増えたかというと、
少しでも葬儀における負担を減らすためです。

香典は参列者から弔意を示すものですが、
遺族は香典に対してのお返しを用意するのが
一般的なマナーとなります。

ただ香典を受け取るとなると、
受付を用意したり名前や住所の管理をしたりと
作業に追われてしまい、ゆっくりとした
お別れができなくなる可能性があるんですね。

そういった肉体的負担などを減らすために、
香典をもらわずに家族だけでゆっくりと
お別れをしたいと人が『香典辞退』を
選ぶ傾向にあります。

なのでもし故人の遺族が香典を辞退するなら、
「葬儀における経済的負担は自分たちで背負う」
という覚悟で選ばなくてはいけないので、
選ぶ際には注意をしましょう。

家族葬における香典辞退の伝え方

家族葬における香典辞退の伝え方

ではもし家族葬において香典辞退を
選択した場合、どのように伝えていけば
失礼にならないのでしょうか?

簡単にまとめると以下の3つです。

  • 事前に電話・メール・案内状で連絡をしておく
  • 家族葬当日に香典辞退の旨を伝える
  • 葬儀社に香典辞退の旨を伝え、問合せ対応をしてもらう

順番に見ていきましょう。

事前に電話・メール・案内状で連絡をしておく

1つ目の方法が、事前に案内状や電話で
参列する人たちに連絡をしておくという方法です。

事前に香典を辞退することを伝えておくことで、
参列したいという人たちや香典を送りたい人に
理解してもらうことができます。

香典辞退の仕方は、
電話・メール・案内状でも同じでして、
「故人の意向で家族葬で香典辞退をする」
伝えれば問題ありません。

さらに訃報を知らせる時に、
家族葬を執り行う場所や日時などを伝えないように
していくことも、間接的ではありますが
香典辞退をするという意思表示ができます。

ただ香典辞退はするけど参列してほしいと
考えている人には、詳しい詳細を記しつつも
香典辞退を執り行っている旨を伝えましょう。

スポンサーリンク

香典辞退を電話で伝える場合の文例

香典辞退の旨を電話で伝える文例を以下に示します。

「突然のご連絡申し訳ありません。〇〇(故人名)の息子の〇〇と申します。実は先日に、父〇〇(故人名)が亡くなりました。つきましては葬儀を執り行うことになったのですが、故人の意向によって家族葬を執り行うこととなりました。さらに香典も辞退したいという意向でしたので、香典は受け取らないようにしていこうと考えています。誠に勝手ではありますが、なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。」
あくまで「故人の意向で香典辞退をした」
伝え、相手に失礼のないようにしましょう。

香典辞退をメールや案内状で伝える場合の文例

次に香典辞退の旨をメールや案内状で
伝える場合の文例です。

「突然のご連絡失礼いたします 〇〇年○月○日に 父〇〇(故人名)が亡くなりました 〇〇歳でした つきましては葬儀を執り行うことになったのですが 故人の意向によって家族葬を執り行うこととなりました またお香典に関しては 故人の意向を尊重してご辞退申し上げます 生前のご厚誼に深くお礼申し上げ 謹んでお知らせ申し上げます。

そして最後に喪主の名前を明記して
通達をしていきましょう。

また冠婚葬祭の通達には句読点は
必要ありません。
さらに会場名や葬儀の日時も記載しないように
注意しましょう。

スポンサーリンク

家族葬当日に香典辞退の旨を伝える

家族葬当日に香典辞退の旨を伝える

2つ目の方法が、
家族葬当日に香典辞退の旨を伝えるという方法です。

当日ともなってしまうとすでに香典を
用意している場合がありますが、その場で
香典を辞退している旨を伝えれば、香典を
受け取らないようにしていくこともできます。

例えば式場手前に
「故人の意向により香典を辞退します」などの
看板を立てておけば、香典辞退の意思を
伝えることが可能です。

ただもし看板を立てたくないなら、
喪主から直接香典を持ってきてくれた人に
香典辞退の旨を伝える方が
誠意が伝わりやすいという部分があります。

ただわざわざお金を包んでくれて
香典を持ってきてくれているわけなので、
誠意を無下にしないようにやんわりと
断るのが失礼のない断り方ですね。

葬儀社に香典辞退の旨を伝え、問合せ対応をしてもらう

3つ目の伝え方が、
葬儀社に香典辞退の旨を伝えて、
問合せ対応にしてもらう方法です。

もし家族葬をすることが分かると、
葬儀式場に連絡が入ることがあります。
その際に香典辞退のことを伝えてもらえば、
香典を渡されるという事態はなくなるはずです。

実際に葬儀社で勤めていたので分かるのですが、
家族葬を開く遺族が香典辞退を選択した瞬間、
葬儀式場内にいるスタッフ全員に
情報が行き渡ります。

そして電話だけでなく、突然訪れた参列者にも
香典辞退をしていることを伝えていくんですね。

そうすることで、いざ喪主と対面した参列者も
香典を渡すという行為をしなくなるので、
葬儀社にしっかりと伝えておくことも
香典辞退を伝える大事な方法になります。

家族葬では供物・参列辞退も検討しよう

家族葬では供物・参列辞退も検討しよう

ここまで家族葬における香典辞退の
伝え方について解説してきました。

ただここで知っておいてほしいのですが、
香典辞退を選ぶ遺族というのは
そのまま供物辞退・参列辞退を選ぶ場合が
ほとんどです。

というのも香典と同じで、
お供物を受け取った場合には金額に合わせて
お返しをするのが葬儀のマナーになります。

さらに参列辞退をしなくては、
家族葬に呼びたくない人たちがそのまま
参列してしまうこともあるんですね。

なのでもし香典辞退をするなら、
供物辞退と参列辞退も考慮しつつ
参列者や関係者に伝えていきましょう。

家族葬における参列辞退については
以下の記事に詳しくまとめているので、
気になる方はチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開く予定の人の中で遺族以外の参列を辞退することを検討している人はいませんか?参列辞退を検討していると、「参列希望の人に失礼に[…]

家族葬で参列辞退を希望する人は多い【失礼のない伝え方と対応方法】
スポンサーリンク

家族葬で『香典辞退』と聞いた参列者がすべき対応方法

家族葬で『香典辞退』と聞いた参列者がすべき対応方法

では逆に家族葬を執り行う前に香典辞退と聞いた場合、
参列者はどのように対応していくのが
正しい対応方法なのでしょうか?

まとめると以下の通りです。

  • 無理に香典を渡さないようにする
  • 供物の注文をしてもいいかを確認する
  • 式に参列してもいいかを確認する

順番に見ていきましょう。

無理に香典を渡さないようにする

遺族が香典を辞退しているにもかかわらず、
無理やりに香典を渡すのはNGです。

もし1人でも香典を受け取ってしまうと、
遺族側が香典に合わせたお返しを準備したり
他の人までもが香典を渡そうとしてしまったりと、
迷惑をかけるきっかけにしかなりません。

人によっては「故人にお世話になったから」
という感謝の気持ちで渡す人もいるでしょうが、
お焼香をしたり葬儀後に自宅に弔問をするだけでも
十分に弔意を示すことができます。

香典を辞退していても、
弔電や参列はOKの家族葬だってあるのです。

なので無理に香典を渡すのではなく、
遺族の気持ちを考慮しながら
他の弔意の示し方を検討していきましょう。

スポンサーリンク

供物の注文をしてもいいかを確認する

供物の注文をしてもいいかを確認する

香典辞退はしているけど
もし故人に対してどうしても弔意を示したいなら、
香典の代わりに供物などを送ることも
検討していきましょう。

供物も香典と同じで、
故人や遺族に対して弔意を示すことができる
役割を持っています。

家族葬を開く人の中には香典を辞退していても、
供物の注文は受け付けているという場合も
あるんですね。

ただ香典辞退を選んでいるご家族は、
大抵の場合は供物の辞退をしていることが
ほとんど。。。

なのでそんな時は遺族がお返しを用意する
必要がない弔電を送るなどして
弔意を示していけば迷惑をかけずに
感謝の気持ちを伝えることができますよ。

式に参列してもいいかを確認する

香典辞退を選んでいる遺族というのは、
参列者を限定している場合があります。

なので家族葬に参列をしていいかの確認も、
参列希望者がすべき内容です。

というのも家族葬と言えど、
主には3種類のパターンがあり

  • 一般の参列者を呼ぶ家族葬
  • 親族や身内だけを呼ぶ家族葬
  • 故人の家族だけで行う家族葬

などがあるんですね。

もし香典辞退だったとしても、
参列するのは大丈夫な場合がありますが、
逆に参列してはいけない家族葬が
執り行われることだってあります。

なので葬儀が執り行われると聞いても
いきなり葬儀場に訪れるのではなく、
事前に遺族以外が参列をしてもいい葬儀なのか
確認をしてから参列するかを検討しましょう。

まとめ

ここまで家族葬における香典辞退に関する
内容をまとめていきました。

香典辞退をしてしまうと、どうしても
葬儀費用を全額喪主が負担をしなくては
いけないので、香典辞退を選ぶ際には
慎重にならなくてはいけません。

ただ香典辞退は絶対ではないので、
もし周りから香典を渡したいという気持ちが
伝わっているのでしたら、ありがたく
受け取るのも1つの家族葬の形になります。

どちらが自分たちにとって後悔のない、
または失礼のない家族葬を開くことができるか
ぜひ本記事を参考に考えてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました。

また似た内容の記事が以下にもあるので、
ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

こんにちは。葬儀・終活アドバイザーであり、「あなたの葬儀」代表の堺です。家族葬を開こうと考えている人の中で、香典をもらうのをなしにして、ひっそりと葬儀を開こうと考えている人はいませんか?香典なし・香典辞退とい[…]

【家族葬での香典なしが当たり前に】香典辞退のやり方や注意点を紹介
スポンサーリンク
家族葬では香典辞退をするべき?【伝え方や対応方法をプロが紹介】
最新情報をチェックしよう!